新型コロナウイルス感染症抗体医薬品開発の進捗報告

研究の目的と意義

  • 研究課題名:タンパク質マイクロアレイを用いた抗体プロファイリング技術を活用した診断薬・治療薬の開発
  • 研究責任者:渡辺 慎哉(福島県立医科大学 医療-産業トランスレーショナルリサーチセンター)

 私たちは、血液に含まれる体内への侵入物(細菌、ウイルス、カビ、酵母など)に対する多くの抗体*を1回の検査で調べる技術(タンパク質マイクロアレイ)を開発しています。この検査により、体内に存在する抗体がタンパク質マイクロアレイ上にある侵入物に反応を示すかを容易に調べることができます。今回の場合は、新型コロナウイルスへの反応を調べます。また、血液中の新型コロナウイルスに対する抗体を取り出し、その抗体を新型コロナウイルスの診断薬・医薬品として開発します。
*抗体は体内から侵入物を排除する重要な役割をになっています。

新型コロナウイルスに対する抗体の取得

研究の進捗状況

新型コロナウイルス感染症抗体医薬品の研究開発のために、新型コロナウイルスに感染して回復した方から採血を行い、新型コロナウイルスに対する抗体(抗体遺伝子)を取得しました。今後、実用化に向けて、さらに開発を進めてまいります。
新型コロナウイルス採血ボランティアにご協力いただきまして、誠にありがとうございます。
この成果をいち早く新型コロナウイルス感染症の収束に役立てられるように努力してまいります。

詳細資料はこちらからご覧いただけます。

IgA抗体を利用したウイルス吸着マスク(IgA抗体マスク※1)開発

新型コロナウイルス感染症回復者から取得した新型コロナウイルスに対するIgA抗体を利用し、ウイルスを吸着するマスク(IgA抗体マスク)を開発※2しました。その特長は、通常フィルターとIgA抗体を含む「IgAフィルター」で構成される4層構造からなり、IgA抗体がウイルスを強く吸着し、体内への侵入を防ぎます。※3

※1.特許出願番号:特願2021-118822
※2.試作品につき販売については未定
※3.マスクはウイルスの侵入を完全に防ぐものではありません。

本大学からマスクの販売は行いません。
製造販売企業と販売に向けて調整中です。
発売日、販売方法、価格等は、決定次第、お知らせいたします。

7月21日に新聞等で報道されました。» 民報新聞オンライン
9月11日に新聞等で報道されました。» 記事掲載:読売福島版 26面
9月22日に新聞等で報道されました。» 記事掲載:民報 33面

試作品概要

品 名:マスク(商品名:4層構造ウイルス吸着マスク)
対 象:花粉・ほこり等
素 材:本体:ポリプロピレン
耳ひも:ポリエステル・スパンデックス
ノーズフィットワイヤー:ポリエチレン
枚 数:5枚
サイズ:ふつうサイズ(約175mm×95mm)
包装材:外箱(紙)
提供元:公立大学法人福島県立医科大学
製造元:株式会社ゼファー
※パッケージデザインは、予告なく変更する場合があります。

感染予防薬の開発

新型コロナウイルス感染症回復者から取得したIgA抗体を利用した点鼻型の感染予防薬を、実用化に向けて開発中です。
新たな進展がありましたら改めてお知らせさせていただきます。

9月9日に読売新聞で報道されました。(記事掲載:読売28面)» 読売新聞オンライン

お問い合わせ

公立大学法人福島県立医科大学 医療-産業トランスレーショナルリサーチセンター
〒960-1295 福島県福島市光が丘1番地
E-mail: m-takagi@fmu.ac.jp