患者腫瘍移植マウスモデル(F-PDX®)を用いた抗がん剤のin vitro(ex vivo)評価

受託内容

  • 患者腫瘍移植マウスモデル(F-PDX®)を用いて、化合物の in vitro ex vivo)アッセイを行います。
  • 化合物の細胞増殖阻害活性や細胞傷害性活性を測定いたします。
  • 固形腫瘍・造血器腫瘍に対応いたします。(F-PDXのリストはこちらから
  • F-PDXの選択、実験条件(化合物の濃度、化合物の作用時間、アッセイまでの時間等)は企業等のご要望にできる限り応じます。
  • 企業等が興味のあるマーカー(遺伝子発現又は変異)を確認した上で、試験に用いるF-PDXを選択することが可能です。
  • FFPE切片を用いて、免疫染色による標的タンパク質の発現を確認後に、試験に⽤いる細胞株を選択できます。
  • 企業等から調べて欲しい候補化合物を提供していただき、それらを作用させて感受性試験を行います。
  • 化合物以外の中分子、抗体、ウイルス液、細胞等のあらゆるモダリティーに対応します。

PDX由来固形腫瘍の in vitro 評価系

  • 動物モデルで評価する前に、免疫不全マウスで増殖した固形腫瘍細胞(PDX由来細胞)を用いて in vitro でアッセイを行います。
  • 患者由来固形腫瘍細胞を用いて、短時間・低コストで、抗がん剤の薬効評価ができます。
  • 様々な患者由来固形腫瘍細胞を用いてアッセイを行います。(F-PDXのリストはこちらから
  • 細胞増殖阻害試験や細胞傷害性試験を行うことが可能です。
細 胞 F-PDXマウスから作製した凍結腫瘍組織
被験物質 抗がん剤8種(公比3, 20 μMから10濃度, n=3)


F-PDX(卵巣がん)を用いた抗がん剤評価

DOVA017: 卵巣がん由来F-PDX
Mitomycin C Paclitaxel Afatinib Carboplatin

PDX由来造血器腫瘍の in vitro 評価系

  • 動物モデルで評価する前に、免疫不全マウスで増殖した造血器腫瘍細胞(PDX由来細胞)を用いて in vitro でアッセイが可能です。
  • 患者由来造血器腫瘍細胞を用いて、短時間・低コストで、抗がん剤の薬効評価ができます。
  • 急性リンパ性白血病由来細胞(ALL)、急性骨髄性白血病由来細胞(AML) 、多発性骨髄腫を用いてアッセイを行います。(F-PDXのリストはこちらから
  • 細胞増殖阻害試験や細胞傷害性試験を行うことが可能です。
PDXで増殖した患者由来造血器腫瘍細胞をin vitroで評価

F-PDXで作製したALL患者由来細胞の in vitro 評価

  • 高い精度と再現性で、抗がん剤の細胞増殖阻害活性が測定できます。
DLEU012: B細胞由来ALL
Cytarabine Vincristine
Experiment 1
細胞増殖: 1.0倍
Experiment 2
細胞増殖: 0.8倍
Experiment 1
細胞増殖: 1.0倍
Experiment 2
細胞増殖: 0.8倍
F-PDXで作製したALL患者由来細胞のin vitro評価_Cytarabine1.0倍 F-PDXで作製したALL患者由来細胞のin vitro評価_Cytarabine0.8倍 F-PDXで作製したALL患者由来細胞のin vitro評価_Vincristine1.0倍 F-PDXで作製したALL患者由来細胞のin vitro評価_Vincristine0.8倍
DLEU016: B前駆細胞型ALL
Clofarabine Imatinib
Experiment 1
細胞増殖: 1.5倍
Experiment 2
細胞増殖: 1.4倍
Experiment 1
細胞増殖: 1.5倍
Experiment 2
細胞増殖: 1.4倍
F-PDXで作製したALL患者由来細胞のin vitro評価_Clofarabine1.5倍 F-PDXで作製したALL患者由来細胞のin vitro評価_Clofarabine1.4倍 F-PDXで作製したALL患者由来細胞のin vitro評価_Imatinib1.5倍 F-PDXで作製したALL患者由来細胞のin vitro評価_Imatinib1.4倍

F-PDXで作製したAML患者由来細胞の in vitro 評価

  • 高い精度と再現性で、抗がん剤の細胞増殖阻害活性が測定できます。
DLEU020: AML M5a
Dasatinib Imatinib
Experiment 1
細胞増殖: 1.1倍
Experiment 2
細胞増殖: 1.1倍
Experiment 1
細胞増殖: 1.1倍
Experiment 2
細胞増殖: 1.1倍
DLEU027: AML M4
Vincristine Dasatinib
Experiment 1
細胞増殖: 0.8倍
Experiment 2
細胞増殖: 1.4倍
Experiment 1
細胞増殖: 0.8倍
Experiment 2
細胞増殖: 1.4倍

F-PDXで作製した造血器腫瘍由来細胞の in vitro  評価

急性リンパ性白血病(ALL)由来細胞
null
急性骨髄性白血病(AML)由来細胞 その他

F-PDXで作製した患者由来細胞とがん細胞株の比較

  • F-PDXモデルとがん細胞株の in vitro 評価結果をクラスタ解析できます。
  • 患者由来細胞とがん細胞株では、薬剤感受性のパターンが異なります。

二重特異性抗体とT-LAK細胞を用いたF-PDX造血器腫瘍の評価

  • 細胞: F-PDX造血器腫瘍 4種
  • 抗体: Blinatumomab(BLINCYTO)
  • 公比10, 最高濃度 10 nM, n=3, 処理2時間
  • T-LAK細胞: 抗CD3抗体で固相化したフラスコとIL-2を含む培地を用いてPBMCを16日間培養後、フリーズストックを作成, アッセイ2日前に解凍
  • 染色試薬: Calcein-AM: Promo Cell (DMSO 0.25%)

評価方法

  1. Calcein-AMによる生細胞蛍光染色
  2. エフェクター細胞・抗体添加 (2 h)
  3. 蛍光強度の測定,死細胞算出

BlinatumomabとT-LAK細胞を用いたF-PDX造血器腫瘍の評価

DLEU001: BCP-ALL DLEU004: BCP-ALL
DLEU005: ALL DLEU016: BCP-ALL
■ 利用可能なF-PDXのリスト
タイトル 形式
F-PDX list Excel

お問い合わせ

受託試験のご依頼は、一般財団法人 福島医大トランスレーショナルリサーチ機構にお願い致します。
本試験の実施機関は、富士フイルム和光バイオソリューションズ株式会社となります。