抗体の細胞を用いた生物活性評価

抗体による細胞増殖阻害活性や細胞傷害性の測定を行います。

抗体医薬品の中和活性の評価

ハーセプチンの中和作用による乳がん細胞株の増殖阻害評価

抗体 ハーセプチン: 陽性コントロール、抗HER2抗体
アービタックス: 陰性コントロール、抗EGFR抗体
細胞 HER2 陰性 MCF7細胞(乳がん細胞)
HER2 陽性 ZR-75-30細胞(乳がん細胞)

▲ 細胞増殖阻害を電気抵抗値(xCELLigence)を用いて評価

xCELLigennceを用いた電気抵抗値による細胞増殖阻害活性の測定

  • 標識やレポーターが必要ない
  • 細胞の生存をリアルタイムモニタリング
  • インキュベーター内で長時間測定が可能
  • 金電極がウェル底面をカバー

ZR-75-30 (HER2陽性)を用いた評価

ハーセプチン
抗体濃度依存的Cell indexが減少
アービタックス
抗体無処理と同様にCell indexが上昇

MCF7 (HER2陰性)を用いた評価

ハーセプチン
抗体無処理と同様にCell indexが上昇
アービタックス
抗体無処理と同様にCell indexが上昇

ハーセプチンはHER2陽性細胞では細胞増殖阻害活性を示した

ハーセプチンはHER2陰性細胞では細胞増殖阻害活性を示さなかった

陰性コントロールのアービタックスは増殖抑制を示さなかった

抗体医薬品の抗体依存性細胞障害活性(ADCC)の評価

ADCC活性評価 試験方法

細胞名 播種細胞数
SK-BR-3 (ヒト乳がん細胞株)
(ATCC)
5×10³ cells
ADCC Bioassay Effector Cell
(BPS Bioscience)
5×10⁴ cells
抗体名 ADCC活性 処理濃度
Trastuzumab あり 100, 10, 1, 0 ng/mL
Bevasizumab なし 100, 10, 1, 0 ng/mL

ADCC活性評価 試験結果

Trastuzumabでは抗体濃度依存的なADCC活性が確認できた

BevacizumabではADCC活性は見られなかった

F-PDOを用いたADCの評価

肺がん由来のF-PDO RLUN16
ERBB2高発現

F-PDO: 福島医薬品関連産業支援拠点化事業で樹立した Patient-Derived tumor Organoid
> F-PDOページはこちらから

抗HER2抗体

肺がん由来F-PDOを用いたADCの評価 試験結果

カドサイラ (ADC) ハーセプチン パージェタ

カドサイラ(ADC)は、肺がん由来F-PDOの細胞増殖を顕著に阻害した

ERBB2高発現 RLUN16-2
エンドポイントでATP量を測定し生細胞数を測定
カドサイラ ハーセプチン パージェタ

カドサイラのみが細胞死を顕著に誘導している

二重特異性抗体の評価

Blinatumomab

  • Amgenが販売
  • フィラデルフィア陰性の再発もしくは難治性のB細胞前駆型急性リンパ性白血病薬
  • アメリカで2014年に承認
  • 日本では2018年9月に承認

二重特異性抗体の評価 評価方法

ターゲット: B細胞由来血液がん細胞
細胞 由来
RAJI Bリンパ球様バーキットリンパ腫
細胞障害性T細胞: T-LAK細胞
誘導方法
抗CD3抗体 + IL-2
  1. Calcein-AMによる生細胞蛍光染色
  2. 細胞障害性T細胞・抗体添加 (2 h)
  3. 蛍光強度の測定、死細胞算出

二重特異性抗体の評価 結果

細胞傷害活性を確認