橋渡し拠点においてのディスカッションによる研究の⽅向性の検討

  • 福島事業の橋渡し拠点(福島県⽴医科⼤学TRセンター東京分室、東京サテライト)にて、あらゆるご要望を伺い、ディスカッションすることが可能です。
  • ディスカッションの結果、研究の⽅向性を修正する必要が出てくることがあり、それを持ち帰って検討して頂くことが可能です。
  • さらに、再度、橋渡し拠点にてディスカッションすることが可能です。
  • 企業等のご要望と福島事業でできることとのすり合わせを⾏います。
  • 既に取得しているデータを利⽤できる場合には、有償提供することが可能であり、それを⾃社の研究開発に活⽤してもらうことが可能です。
  • また、さらなる研究の⽅向性を修正していくことも可能です。すなわち、何度もディスカッションしながら、研究の⽅向性について、アドバイスしていくことが可能です。