ビアコアによる受託試験

概要

Biacoreによる表面プラズモン共鳴 (SPR) 技術を用いた分子間相互作用解析サービスです。

評価可能な相互作用

  • 抗原/抗体
  • タンパク質/タンパク質
  • ペプチド/タンパク質
  • 低分子化合物/タンパク質
  • ビオチン化オリゴDNA/タンパク質

対応可能な解析

リガンド アナライト センサーチップ キャプチャーキット リガンドのキャプチャー方法
ヒト抗体 タンパク質/ペプチド CM5 Amine Coupling Kit
Human Antibody Capture Kit
アミンカップリングで抗ヒトIgG抗体をセンサーチップに結合させ,リガンドをキャプチャー
ヒトFabキメラ抗体 タンパク質/ペプチド CM5 Amine Coupling Kit
Human Fab Capture Kit
アミンカップリングで抗ヒト抗体をセンサーチップに結合させ,リガンドをキャプチャー
マウス抗体 タンパク質/ペプチド CM5 Amine Coupling Kit
Mouse Antibody Capture Kit
アミンカップリングで抗マウスIgG抗体をセンサーチップに結合させ,リガンドをキャプチャー
ヒトとマウス以外の哺乳動物由来IgG抗体 タンパク質/ペプチド Protein G*1 Protein Gでリガンドをセンサーチップに結合させる
タンパク質
(Hisタグ)
タンパク質/ペプチド/低分子化合物 CM5 Amine Coupling Kit
His Capture Kit
アミンカップリングで抗His抗体をセンサーチップに結合させ,リガンドをキャプチャー
タンパク質
(GSTタグ)
タンパク質/ペプチド/低分子化合物 CM5 Amine Coupling Kit
GST Capture Kit
アミンカップリングで抗GST抗体をセンサーチップに結合させ,リガンドをキャプチャー
一級アミンをもつ分子 タンパク質/ペプチド/低分子化合物 CM5 Amine Coupling Kit アミンカップリングでリガンドをセンサーチップに結合させる
ビオチン化分子*2 タンパク質/ペプチド/低分子化合物 CAP*3 Biotin CAPture Kit ストレプトアビジンでリガンドをセンサーチップに結合させる
ビオチン化オリゴDNA タンパク質/ペプチド SA*4 ストレプトアビジンでリガンドをセンサーチップに結合させる

※1 CM デキストランにProtein G を固定化したセンサーチップ

※2 核酸の場合はセンサーチップSA を使用

※3 一本鎖オリゴDNA が固定化されたセンサーチップ

※4 CM デキストランにストレプトアビジンを固定化したセンサーチップ

測定機器、ソフトウェア、センサーチップ

測定機器、ソフトウェア
  • 測定機器 :Biacore T200 (Cytiva)
  •  測定感度:解離定数(KD値)が数十pM~数mM

  • ソフトウェア :Biacore T200 Software v3.0
センサーチップ
  • Sensor Chip CMシリーズ
  •  CM基を導入したデキストランを固定化したタイプ

     様々な架橋剤に対応し、汎用性の高いチップ

測定方法

抗HER2抗体であるトラスツマブの測定例 - シングルサイクルカイネティクス解析法 –

測定方法
  1. センサーチップに抗ヒトIgG抗体を固定化(アミンカップリング法)
  2. 抗ヒトIgG抗体でトラスツマブ(リガンド)を捕捉
  3. HER2タンパク質(アナライト)を段階的に添加し、各濃度における相互作用を連続検出

※ シングルサイクルカイネティクス解析法とマルチサイクルカイネティクス解析法での測定解析に対応

トラスツズマブとバイオシミラーに含まれている Host Cell Proteinの測定例

測定方法
  1. センサーチップに抗CHO HCP抗体を固定化(アミンカップリング法)
  2. Host Cell Protein 8濃度を添加し、検量線を作成
  3. トラスツズマブとバイオシミラーを添加し、抗体に含まれているHost Cell Proteinの濃度を測定
測定サンプル HCP含有濃度(μg/ml)
A < 0.25
B < 0.25
C < 0.25
D 29.45
トラスツズマブ < 0.25

提供データ

  • カイネティクス解析データ
  • アフィニティ解析データ:結合速度・解離速度・解離定数

必要サンプルについて

リガンドの必要量
  • アナライトが1サンプルの場合、測定濃度の10倍以上の濃度の溶液が150 µL必要となる。
  • 基本的には、リガンドの濃度は4 µg/mLで測定を行うため、50 µg/mLの溶液が150 µL必要となる。
  • アナライトが低分子化合物の場合、リガンド濃度はセンサーチップへの結合方法によって必要濃度が異なる。
    ① リガンドをセンサーチップに直接固定もしくは、抗GST抗体でリガンドをキャプチャーする場合:リガンド濃度 20~50 µg/mL
    ② 抗His抗体でリガンドをキャプチャーする場合:リガンド濃度 5~20 µg/mL
アナライトの必要量
  • アナライトは、測定する最高濃度の100倍以上の濃度の溶液が150 µL必要となる。
  • 既知の解離定数(KD値)が10 (nM)の場合、81, 27, 9, 3, 1 (nM)の5点で測定を行うため、10 µMの溶液が150 µL必要となる。

※ 100倍以上の濃度の溶液が準備できない場合は、別途ご相談ください。

アナライトサンプル数 測定濃度の10倍濃度の
リガンド必要液量(µL)
1 150
2 200
3 250
10 600

※ 条件検討が必要な場合、追加で溶液が必要な場合があります。

溶媒等
  • 試験に使用するサンプルは、送付いただく前に脱塩や、D-PBS(-)溶液にバッファー交換をお願いしております。
  • ランニングバッファーとサンプルの溶媒が異なる場合は、正確に測定できないこともあります。特に、サンプル溶媒にUreaが含まれている場合は、必ず脱塩等が必要となります。

※ 脱塩や脱塩後の濃度測定が行えない場合は、別途ご相談ください。

費用・納期

費用例
  • リガンド1サンプル、アナライト2サンプルで測定する場合(使用チップはCM5を使用)
  •  基本料金:120,000円 + 測定費用:28,000円 × 2測定 + チップ費用:71,000円 = 247,000円

納期
  • 通常1か月程度
  •  試験内容、サンプル数などで変動します。

お問い合わせ

受託試験のご依頼は、一般財団法人 福島医大トランスレーショナルリサーチ機構にお願い致します。
本試験の実施機関は、福島セルファクトリー株式会社となります。