HOME > 理事長室からの花だより

理事長室からの花だより

新着 30 件

一覧はこちらから

理事長室からの花だより

2009.08.28

vol.44  − 故里(ふるさと) −

この時期、エンジュの落花が道を白い絨毯のようにしてくれています。
旧暦のお盆は、さながら民族大移動の観を呈します。
高度成長期に集団就職列車で多くの中学卒業生が上京しました。駅のホームでの、親子や友の別れが眼に焼き付いています。上京した人々が年に一度故里へ戻って来るようになり、お盆の風習と重なり我が国の風物詩になっていったように思います。
只、親が世を去り、この世代の子供の時代になると、故里との縁は必然的に薄くなります。今はお盆の意味も忘れ去られつつあるように思います。

先日、敬愛する先輩の招きで、前夜祭ですが、越中八尾おわら風の盆を観賞することができました。
昔、高橋治の「風の盆恋歌」を読んで想像していた、下駄が坂道を転がっていく坂や崖を体験できました。
我が国で名高い伝統の盆踊りと言えば、秋田県羽後町の「西馬音内盆踊り」と岐阜県郡上八幡の「郡上踊り」が浮かびます。何れも、編み笠や被り物、そして手拭いなどで顔を隠しているのが共通しています。仮装性(匿名性)で、先祖の霊は入りやすく、今を生きる人には解放感を与えてくれる仕掛けかと思いました。
しかも、それぞれの土地が、昔から富や文化の蓄積という裏付けがあったのではという思いも同時に持ちました。街を歩いていて、各家屋に設えられたさり気ない飾り(媒竹か籐細工の盆状の笊?(ざる)に掛けられた花入れなど)にそれを見て取れました。

学生時代、三陸海岸沿いを走っている曲がりくねった国道45号線(当時は未舗装)を、車で宮古に向かっていた夜半に、遙か崖下の漁港から、盆踊りの太鼓の音が打ち寄せる波と共に沸き上がってきて耳に届き、安らぎと郷愁を感じたことを昨日のことのように覚えています。
その頃は、盆踊りは祖先と確かに繋がっていたように思います。

立山では、ミヤマキンバイの黄、エゾムカシヨモギやオオハナウドの白、イワギキョウの紫などの高山植物を初めて目にしました。高山植物が小振りなのは、高山の厳しい環境が原因で大きくなれないのではなく、高山で生き抜くための知恵と得心しました。
つい、大きくて強いもの(この場合は高い山、強い風、厳しい気候など)の視点から考えてしまう人間の不遜に、気を付けなければと思うことしきりです。

今週の理事長室の花の姿形を見て下さい。ノバラの枝が斎藤清の版画を下から支えるように配置され、さながら歌舞伎役者が見得を切ったような姿です。
あるいは、ノバラの枝が鬼の肩に、燈籠が絵に対応しているようにも見え、私に木造天燈鬼像(興福寺・http://www.kohfukuji.com/property/cultural/104.html#)を思い起こさせてくれました。どうぞご鑑賞下さい。


(福島県立医科大学理事長 菊地臣一)

今週の花


【理事長室】
■ノバラ
バラ科 落葉低木/原産:日本・朝鮮半島/
別名「野茨」。花期は5〜7月頃で、2冂の
小さな白い花が咲く。今回使用しているのは、
花後の実の状態。実は秋になるにつれ、どん
どん赤くなる。
■アマリリス(レッドライオン)
ヒガンバナ科 球根植物/原産:熱帯アメリカ
/中南米を中心に70種ほどが分布。ユリに似
た花姿で、華やかで存在感がある。「レッドラ
イオン」は大輪系で目の覚めるような濃紅色。
■ワレモコウ
バラ科 多年草/茶色の実のように見える部
分が小さな花の集まり。日本全土の山野に自
生し、7〜10月頃に咲く。根はタンニンを多く
含み、漢方では止血薬などに用いられる。
■赤ドラセナ
リュウゼツラン科/原産:熱帯アジア・熱帯ア
フリカ/日本でよく出回っている観葉植物で、
50種類ほどあり。代表的なものはドラセナマ
ッサンゲアナ(幸福の木)やドラセナユッカ(青
年の木)。
※拡大写真
http://www.fmu.ac.jp/univ/hana/441.jpg
(無断転載等はご遠慮ください)

.

【秘書室】
■パンパスグラス
イネ科 多年草/原産:ブラジル・アルゼンチン/ススキを
巨大化したような花姿。白銀色のフワフワした巨大な花穂
が特徴。草丈は3mほどになり群生する。
■ピンクリンドウ(妖精の夢)
リンドウ科 多年草/原産:南アフリカ/秋の代表花。「長
寿の花」とも言われ、敬老の日のギフトに利用される。「妖
精の夢」は紫がかったピンク色。
■トルコギキョウ(イキナレッド)
リンドウ科 多年草/日本へは大正から昭和にかけて渡
来。日本での品種改良が盛んで、全品種のほとんどが日
本産。ボリュームがあり豪華な八重咲き、可憐な一重咲き
や可愛らしい小輪タイプなど様々。和洋、祝事仏事など問わ
ず利用される。
※拡大写真
http://www.fmu.ac.jp/univ/hana/442.jpg
(無断転載等はご遠慮ください)

▲TOPへ