HOME > 医学部 > カリキュラムの特徴

カリキュラムの特徴 (医学部 「教育要項」 より)

教育目標の達成のために

 本学医学部では、6年一貫らせん型カリキュラムによる教育を行ないます。このカリキュラムでは、本学独自の発展的科目群が、基本的な内容のコア・カリキュラムの周辺にらせん型に配置されており,学習者は、総合科学系科目,生命科学・社会医学系科目,臨床医学系科目を緊密に行き来しながら,あるいはそれらを融合した総合教育科目を、各自の成長・習熟度に合わせて6年間を通して繰り返し発展的に学びます。また、県立の医科大学として、常に地域社会を意識し、学習者が大学から地域に出かけ、そこに暮らす人々から謙虚に学ぶという機会を数多く設けています。

最初の1年から2年前半(一部)にかけて

 語学・自然科学・人文社会科学系科目群と総合教育科目群が配置されています。これらの科目群の履修を通して、医学を学ぶ上で基本となる学力の向上を図ることと共に、医学を取り巻くさまざまな課題を多面的にとらえる考え方を学び、自分がどのような医師になろうとするのか考え始める動機付けを目指しています。また、医療現場や地域社会の見学・調査を通して、チームワーク、相手の立場を思いやる想像力、自分の考えを伝えるコミュニケーション能力などの重要性についての理解を深めることも期待しています。
 1年から2年前半は、医学生といっても臨床医学的知識は皆無に等しいので、その立場を活かし、いわゆる“患者/市民の立場”をしっかり体験し、患者の気持ちを同じ立場で理解し、生活感を身につける段階であると考えています。

次の2年(前半の一部と後半全部)−4年次

 生命科学・社会医学系および臨床医学系科目が主体となります。この時期はまさに医学を学ぶ時期であり、“医学生の立場”を強く意識する段階です。
 この時期の前半には、「人体の正常構造と機能」と「疾病の病因や病態の基本」を学ぶ生命科学系科目群が、後半には、社会医学と各器官系の疾病、診断と治療(各器官系別コース)を学ぶ臨床医学系科目群が配置されています。さらに、4年次の後半には、臨床実習開始に先立ち基本的かつ実践的な診療技術や生命倫理を学ぶ医療入門が配置されています。学ぶべき内容は膨大ですが、それらを機械的に暗記するのではなく、自学自習をベースに、自ら課題を発見し解決する能力を身につけて行かければなりません。そのためのトレーニングとして、チュートリアルが配置されています。
 生命科学系および社会医学系の各分野(各コース)は、それぞれ学問としての体系を持っていますが、それだけで完結したものではなく、臨床医学と密接に関連しています。そのような関連については、臨床医学入門において多くの実例に基づいて紹介され、学習者の理解を深め学習意欲の高揚を図る配慮をしています。
 生命科学系および社会医学系の各コースでは、実習が大きなウエイトを占めていますが、実習の多くはグループ単位で行われ、その過程で、チームの一員として自分の責任を果たし、他のメンバーの立場を思いやることも学びます。さらに、社会医学系の実習では、学習計画を自主的に立てて、地域の保健、医療、福祉の現場、さらには一般家庭に赴き、地域の環境や公衆衛生活動を理解したうえでそれらの問題点を把握し、その解決策を考察することが行われており、地域に暮らす人々から、直接、謙虚に学ぶことを実践します。
  4年次の最後に、これまでの学習の総まとめとして共用試験が行われます。

最後の5−6年次

 基礎上級を行った後、ベッドサイドに出ての実習となります。
 5年最初に行われる基礎上級は、医学全般を一通り学習した後に、生命科学・社会医学系講座において、それまでの学習過程で湧いた疑問や問題意識をもとに課題を設定し研究を行うもので、課題を発見し探究する心、科学的な思考能力の涵養を目指しています。 
基礎上級が終わると、およそ13か月間にわたるプライマリーおよびアドバンストのベッドサイドラーニング(BSL)が始まります。いよいよ“医師としての立場”を強く意識する段階です。これまで学んできた医学的知識、培ってきたコミュニケ−ション能力や問題解決能力を最大限発揮しながら、医療チ−ムの一員として医療に参加し、実践的な診療能力を身につけます。アドバンストコースの中には、住民の方の自宅にホームステイしながら、地域の第一線医療機関で長期の実習を行うコースも設定されています。
BSL全体を通して、各々に異なる精神・社会的側面を持つ地域に暮らす患者さんたちとじかに接する体験は、地域社会や日常生活の健康ニ−ズを肌で感じる絶好の機会です。そのニ−ズに応えるべく、「自分たちがどのような医師になったらよいのか?」を真剣に考える時期でもあります。
BSLが終わるとこれまでの学習を総括する総括講義、さらに卒業試験となります。

 医学生のそれぞれの成長過程に合わせて最も効果的に教育プログラムを展開することは大切ですが、医学生に求められる能力は、必ずしも機械的に段階的に身につくものではありません。1−2年次にも、クラスの仲間や様々な人達と協力して学習したりするわけで、その中でチームワークや協調性を身につけていくことは言うまでもありません。6年一貫らせん型カリキュラムによって、教育目標に掲げられたような本学医学部学生に求められる資質を伸ばす機会を繰り返し提供し、学習者がらせん型に発展しながら成熟していくことを期待しています。表面的な技術としての態度の習得ではなく、豊かな人間性を備えた医師としての成長を願っています。

 

 

お問い合わせ先 : 教育研修支援課 (旧学生課)

医学部 教務係 電話 (024) 547-1095
メールによる問い合わせは

 

アドビリーダーPDFファイルを表示するには、Adobe SystemsのAdobet(R) Reader(無料) が必要です。最新版は右のリンクボタンよりダウンロードいただけます。

▲TOPへ