HOME > 大学紹介 > 福島県立医科大学の理念

福島県立医科大学の理念

福島県立医科大学の理念  (平成15年3月26日制定)

 福島県立医科大学は、県民の保健・医療・福祉に貢献する医療人の教育および育成を目的に設立された大学である。
同時に、研究機関として、不断の研究成果を広く世界に問いかけるという重要な使命を担っている。
 もとより医療は、医学と看護学が共に手を携えて、すべてのひとのいのちと健康の問題に真摯に向き合い、その未来を拓く営為である。その基盤とすべきところは、個人の尊厳に対する深い配慮と、高い倫理性である。
 福島県立医科大学は、以下に掲げることを本学の理念として、教育、研究および医療を幅広く推進していくものとする。


 1  ひとのいのちを尊び倫理性豊かな医療人を教育・育成する。

 2  最新かつ高度な医学および看護学を研究・創造する。

 3  県民の基幹施設として、全人的・統合的な医療を提供する。

 

 

福島県立医科大学ビジョン2014

ビジョン2014パンフレット「忘れない。そして希望の未来を拓く」
ビジョン2014 式典動画 平成26年6月1日(日)挙行 (約50分 mp4ファイル・約1.06GB)
   抜粋 (医学部生・看護学部生の決意表明) / (菊地臣一理事長兼学長による「ビジョン2014」宣言)

 

福島県立医科大学ビジョン2008

 

 

▲TOPへ