HOME > 大学紹介 > キャンパスライフ

キャンパスライフ (医学部・看護学部・学生生活)

学部などの紹介

医学部

医学部のカリキュラムは、教育目標 を達成するための6年間一貫教育 「らせん型カリキュラム」 に特色があります。(右図クリックで拡大)
「らせん型カリキュラム」では、本学独自の発展的科目群が、基本的な内容のコア・カリキュラム(※1)の周辺にらせん型に配置されており、学生は総合科学系科目(※2)、生命科学系科目(※3)、社会医学系科目(※4)、臨床医学系科目(※5)を緊密に行き来しながら、あるいはそれらを融合した総合教育科目を、各自の成長・習熟度に合わせて6年間を通して繰り返し、発展的に学びます。
また、県立の医科大学として、常に地域社会を意識し、学習者である学生が大学から地域に出かけ、そこに暮らす人々から直接学ぶという機会を数多く設けています。
2008年〔平成20〕年より 「医療人育成・支援センター」 も開設され、よりきめの細かい医学教育〜卒業後の臨床研修、医療人サポートがなされています。

1年〜2年前期
最初の1年生から2年生前半にかけては、医学の基本となる総合科学系科目群を学ぶと共に、医学を取り巻くさまざまな課題を多面的にとらえる考え方を学ぶ時期で、語学・自然科学・人文社会科学系科目群と総合教育科目群を効率よく配置した授業が行われます。
また、医療現場や地域社会の見学・調査を通して、チームワーク、相手の立場を思いやる想像力、自分の考えを伝えるコミュニケーション能力の重要性などについての理解を深めます。
(上図①、②)


2年後期〜4年
2年生後半から4年生にかけては、まさに“医学を学ぶ時期”で、前半には「人体の正常構造と機能」「疾病の病因や病態の基本」を学ぶ生命科学系科目群、後半には社会医学系科目群と各器官系の疾病、診断と治療(各器官系別コース)を学ぶ臨床医学系科目群が配置されています。
この時期に学ぶことは膨大な量となりますが、単なる暗記ではなく、自ら課題を発見し解決する能力を身につけていくことが大切です。そのためのトレーニングとしてPBLチュートリアル(課題探求・解決型少人数教育)が配置されています。(上図③)

社会医学系の実習では、学習計画を自主的に立てて、地域の保健、医療、福祉の現場、さらには一般家庭に赴き、地域の環境や公衆衛生活動を理解したうえで、それらの問題点を把握し、その解決策を考察することが行われており、地域に暮らす人々から直接、学ぶことを実践します。

さらに、4年生の後半には、臨床実習開始に先立ち基本的かつ実践的な診療技術や生命倫理を学ぶ「医療入門」が配置されています。
(上図④、⑤)

5年〜6年
5年生から6年生の前半にかけては、患者さんのベッドサイドへ出ての臨床実習(BSL:Bed Side Learning)

 

2年後期からは解剖学・生理学・生化学の授業が開始され、3年次は基礎医学を中心にしながら、臨床医学の授業が加わり、4年修了までに、全ての系統講義が終了する。


また、少人数教育に重点を置くために自然科学選択・基礎上級・チュートリアル等の科目が設けられ、実験実習の密度を高め学生と教員の結びつきを強くしながら、学生自らが積極的に知識を吸収し、自己の論理的思考法を確立できるように配慮している。また、総合科学、生命科学、社会医学及び臨床医学各部門の境界領域上必要な問題を扱う総合教育は、各科目を有機的に結びつけるように計画している。
そして、5年から6年の前期までは、本学附属病院各診療科並びに一部県内の地域医療を担う各医療機関(地域医療コース)を少人数編成で回る臨床実習が行われる。

このように、多様性に富む教育の実現に努めているが、6年間一貫教育は学生一人ひとりの授業履修の状況が一定水準であることを前提に行われているものであり、学年の進級判定は厳格に実施している。

正面玄関
正面玄関

生体情報伝達研究所 放射性同位元素研究施設 実験動物研究施設
生体情報伝達研究所
放射性同位元素研究施設
実験動物研究施設

 

看護学部

看護学部棟
8号館(看護学部棟)

近年、我が国における高齢化社会の到来や疾病構造の変化に伴い、健康の概念やアプローチも変化してきています。
すなわち、単に「病気にならない」あるいは「病気の治療」といった病気中心の考え方から、「いかに対象者の健康を保持増進させるか」また「病気を持ちながらいかにその人らしい生活を維持させるか」といった見方への変化です。
同時に、人々に医療を提供する場も病院を中心とした施設内機関から、次第に在宅ケアサービスなどを提供する地域の機関に移行してきています。
このことは、これまで病院などを中心に医療の高度化・専門化に伴って果たしてきた看護の役割機能をいっそう拡大していくとともに、保健・医療・福祉の幅広い領域で活躍できる看護専門職者が求められていることを意味しています。
本学看護学部では、このような社会的背景を踏まえ、さまざまな人々の健康に対する多様なニーズに応えるべく役割を担う看護専門職者の育成を目指しています。
【 教育課程の編成と特色 】

カリキュラム編成の基本的な概念は、従来の人間・健康・社会(環境)・看護の理念に基づいて、本学部の教育理念に照らして抽出されました。
すなわち、「コミュニケーション」「心と身体のしくみ」「人間の理解」「社会のシステム」「人間の生活・文化」の5つに分類された総合科学系・専門基礎系科目の上に、看護学専門科目として「看護学の基本」「看護援助方法論」「看護の実践」「看護学の応用」が積み上げられ、4年間で学習した知識と経験が統合できるように編成されています。

看護学部カリキュラムの特色として、いくつかのことがあげられます。
まず、人間関係の基礎となるコミュニケーションについての学習はもとより、さまざまな文化的背景を理解し、相互の関係を築くために必要なコミュニケーション技術を身につけることができます。
また本学では、これまで看護教育カリキュラムの中で、専門科目として位置づけられることのなかった、精神的障害をもった人々の健康問題について学習する「精神看護学」をはじめとした、健康問題を抱えた個人のみならずその家族をも考慮に入れ、家族を一つの単位としてとらえ、そのアプローチを追求する「家族看護学部門」
、地域住民に望ましいヘルスケアシステムについて学習する「地域・在宅看護学部門」など、独自の部門〜分野・領域による講義や実習が設けられています。(看護学部ページ 「カリキュラムの特徴」

本学部の学生は、卒業時に看護師国家試験受験資格と保健師国家試験受験資格が得られるほか、助産学を選択履修した学生には助産師国家試験受験資格も得ることができます。(過去5年の合格状況)

学生生活

学生生活の中で大きなウエイトを占めるのが課外活動です。本学には、文化・体育など50あまりの部活、サークル があり、県内外の大学との交流も多く活発な活動をしています。
体育系の部活・サークルでは、

また、課外活動が日常活動であるのに対して、秋に行われる 大学祭 は、学生にとって年間の大きな行事の一つで、特に3年に1度一般公開される「光翔祭」は、2日間の日程で学生の自主的な運営により行われ、県民との交流の場となっています。

住まいに関しては、 自宅通学以外の学生はほとんどがアパート住まいをしています。福島市の平均的な家賃相場は現在、1Kで4万〜7万程度となっています。
(※ 男子学生寮は、東日本大震災により半壊状態のため現在閉鎖されています )

学生生活を営むための収入源は、仕送りのほか、奨学資金やアルバイトにて取得する学生も多くおります。
経済的理由により修学困難な学生には、「日本学生支援機構」 や地方自治体・などが貸与する奨学金制度が多くあり、全学生の約4割が貸与を受けています。
また福島県では現在、医師を志す学生を対象に、卒業後一定期間の勤務を条件として貸与された修学資金の返還が免除される制度「福島県緊急医師確保修学資金」「福島県へき地医療等医師確保修学資金」などを設けています。 〔参考:福島県 保健福祉部 地域医療支援センターHP 「医師を志す学生に対する支援」

学生

学生

 

▲TOPへ