HOME > 大学院 > 看護学専攻 小児看護学領域

大学院 看護学研究科 看護学専攻

小児看護学領域

この領域では、育児期にある家族の健康生活を支援するための援助方法、および健康問題をもつ子どもとその家族のQOLの向上に必要な看護援助方法を開発します。

コースの選択

研究コース 及び CNS(小児看護専門看護師)コース があります。

担当教員

和田 久美子 (教授)
古橋 知子 (准教授・小児看護専門看護師)

担当教員の最近の研究課題と内容

和田久美子

 ・ 「小児看護教育における言語的表現を中心としたビデオ教材の効果」    
看護師における言語的表現の特性、幼児に対する看護のための基本語彙に基づいて、幼児に対する言語的表現を中心として作成したビデオ教材を実証的に検討し、その有効性を明らかにした。
 ・ 「闘病仲間を失った子どものグリーフワーク・サポートプログラム作成に関する基礎的研究」  
入院している子どものグリーフワーク・サポートに関して現状を明らかにし、闘病仲間を失った子どもへのグリーフワーク・サポートプログラムの試案を作成することを目的に研究を継続している。

古橋 知子

  学内外の看護師はじめ多職種とも協働・共同しながら、プレパレーションの導入・定着に向けた研究、NICUおよび小児病棟における子どもの看取りとグリーフケアに関する研究、慢性疾患の子どもたちの自立支援に関する研究など、臨床に根ざした課題に取り組んでいます。

 

本領域修了生の研究課題の例

NICU看護師の看護の姿勢とそれに影響する要因
  ― 障害を持つ子どもの母親へのケアに焦点をあてて ―
長期入院中の子どもに付き添う家族同士の関係性とその形成プロセス
  ― 乳幼児の母親に焦点をあてて ―

 

 

 

お問い合わせ先 : 教育研修支援課
看護学部 教務係

電話 (024) 547−1806(直通)/ 内線:5110
FAX (024) 547−1989
Eメール
スパムメール防止のため一部全角表記しています

▲TOPへ