HOME > 理事長室からの花だより

理事長室からの花だより

新着 30 件

一覧はこちらから

理事長室からの花だより

2015.07.24

vol.326  − 談 (だんずる) −

蝉が鳴き、百日紅(サルスベリ)が咲き出し、日光黄萓(ニッコウキスゲ)、蓮(ハス)の便りも届きます。
山河の主役交代です。

夕陽が綺麗です。
東京駅ホームから皇居へ沈む夕陽、阿武隈川を照らす夕陽、地上に浄土が出現します。

         夕日さし阿武隈川のかはなみの
         さやかに立ちて花散り流る
                            若山牧水

浅瀬に立つ波、逆光を浴びて輝き、人影は彫像のようです。
人間も生き物、万物との関わりのなかで生きていることを実感します。

信夫の里は盆地で、凌(しの)ぎにくい日が続きます。桃の出荷時期です。葉の茂みの中に熟しはじめた実が見え隠れしています。
冷房のない時代、団扇(うちわ)や扇子(せんす)を持って行き交う人々、挨拶の中に汗疹(あせも)、夏痩せ、といった言葉が、ありました。
懐かしき日々、その中に麦藁帽子(むぎわらぼうし)があります。

先月の米国への旅、海外の友人達と、世相の違いとその今昔に話を咲かせました。
医師の白衣に就(つ)いてです。老生の世代が研修医だった1970年代、北欧では長袖の白衣、ネクタイ着用が当たり前だったそうです。今は作業着で、それも半袖だそうです。
米国の友人、仕事先により服装を変えています。
公的保険を扱う病院の外来ではネクタイ、上着無しです。私立病院の外来では上着、ネクタイ着用です。

夜の会食、ドレスコード(服装の指定)はカジュアル(普段着)という案内でした。にも関わらず、彼は上着、ネクタイ着用で店先で待っていました。
彼は、Tシャツ事件の当事者です(vol.225)。「ドレスコードは冗談か」、とひやかしました。事実は、彼は私立病院の外来診療からの直行だったのです。
         (vol.225 http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=262

米国でも、否(いな)、米国だからこそ、TPO(Time、Place、Occasion)、時、場所、状況は大切だと思い知りました。“自由”な国だからこそ、してはならない事が明確になっているのです。

テレビの広告(コマーシャルメッセージ)です。
広告は、世相を反映しています。今は、高齢社会です。
高齢者が使い易い浴槽などの設備、民間の医療保険でも適用される薬剤、といった広告が頻繁に放映されています。「保険が適応されるから医師に尋ねて下さい」、と嘔(うた)い上げているのです。
国民皆保険制度の有り難さ、我が国で、もっと国民に知ってもらう必要があります。

最後に、チップ(心付け)の話です。
海外の旅で、日本人が悩むのはチップです。友人の答は、レストランでは15〜20%です。今は半(なか)ば料金に組み込まれています。
チップの効用も実感します。困った時、急を要する時などは便利な慣習です。
タオルの取り替え、部屋の清掃を頼んで、外出し、帰ってみると、タオルやベッドの側に一輪挿しの花が置いてあると、心和みます。チップもTPOを実感します。

欧米の山河、そして人々に触れる度に地理的、歴史的な環境が民族や国民の特性をつくってきたことを実感します。
主語が要(い)らない日本語、主語がないと成立しない西欧の言語、この違いは決定的です。英語の論文を書く時、日本語から翻訳しようとすると出来ません。日本語そのままでは英語にならないのです!

米国、西海岸でのホテルでの朝食、どこでもBGMが流れていました。奇(く)しくも、同じ歌手です。ナットキングコール、フランクシナトラです。彼・彼女等はビュッフェ形式で食べ物を見繕っている間、BGMにあわせて口ずさんでいるのです。
ホテルに滞在している客の年齢層が関係しているのかも知れませんが、米国人の心情の奥にあるものの一端に触れたような気がします。
真に、“easy to remember”、懐かしき日々の想い出です。

今週の花材は、縦と横方向の拡がりを意識させます。


(福島県立医科大学理事長  菊地臣一)



今週の花


【理事長室】
■ノバラ   バラ科/落葉低木/花期は5〜
7月で、2cm程の小さな白い花が咲く。使用
花材は花後の青実の状態。秋になるにつれ実
は赤く色付く。
■OHユリ〔メリーバ〕   ユリ科/球根植物
/一番有名なユリ「カサブランカ」と同じオリエ
ンタルハイブリッド種。大きく優雅な花姿と芳
香が特徴。「メリーバ」は白色。
■ルリ玉アザミ   キク科/多年草/花期は
夏で長く伸びた茎の先端に4〜5cmの球状花
を咲かせる。アザミに似たトゲのある葉を持ち
茎は白い毛が生える。ハリネズミのようなユー
モラスな花形と綺麗な青紫色が特徴。
■トルコギキョウ〔ミンクイエロー〕   リンドウ
科/多年草/花の大きさや咲き方、色合いが
多岐にわたる。祝事仏事を問わず人気の高い
夏の花。「ミンク」シリーズはバラ咲き八重中
輪種。
■ケイトウ〔ボンベイケイトウ〕   ヒユ科/一
年草/花期は6〜9月頃で、赤やピンク、オレ
ンジなどの花穂をつける。「ボンベイケイトウ」
は花穂が扇状になる品種。他に花穂が球形
の「久留米ケイトウ」や羽毛のような「ウモウケ
イトウ」等もある。
■カーネーション〔ノビオバーガンディ〕
ナデシコ科/多年草/母の日に贈る花として
古くから親しまれる。「ノビオ」シリーズは紫や
ボルドーを基調とした覆輪が綺麗な品種。
■キイチゴ  バラ科/半落葉低木/ラズベ
リーやブラックベリーなどの総称で木になる
苺。ヤツデのように切れ込みの深い葉をもつ。
※拡大写真
http://www.fmu.ac.jp/univ/hana/3261.jpg

【秘書室】
■ブルースター   ガガイモ科/多年草/淡い水色の5枚花弁が
星のように開花。花はベルベットのような質感で、葉は産毛に覆わ
れている。
■アンスリュウム〔みどり〕   サトイモ科/常緑多年草/光沢があ
り造花と見間違うような花。花弁のように見える部分は苞で、棒状の
部分が花。
■てまり草   ナデシコ科/多年草/マリモや芝を連想させる個性
的な花。ふさふさした部分は花・雄しべ・雌しべが変化したもの。
※拡大写真
http://www.fmu.ac.jp/univ/hana/3262.jpg

▲TOPへ