HOME > 理事長室からの花だより

理事長室からの花だより

新着 30 件

一覧はこちらから

理事長室からの花だより

2012.10.26

vol.194  − 空 −

濡れ縁に夜露が降りています。

秋の大気は,際立って清澄です。夕暮れ時、透明感は極まり、静寂が辺りに漂います。
それに伴い、光と響きがその感を一層深くします。舞い落ちる落ち葉に風を視ます。

夕暮れの絵画といえば、思い浮かぶのはモネ、マグリット、川瀬巴水、橋本雅邦などでしょうか。
これらの絵画を脳裡に浮かべると、それだけで夕暮れ時の大気が体に入り込みます。

         山は暮れて野は黄昏の薄かな
                            蕪村

この句を記すと、いつも、逆光の中にそよいでいる芒(ススキ)が原が眼前に展開します。

夕陽が山に掛かる時、嶺端は発光体のように輝き、次に、空は薄暗い青から黄金色に変わり、最後に、墨絵に変化します。朝は、これとは逆の順序で、同じ光景が展開します。
日の入りや日の出の風景は、その土地、その時の気候で微妙に異なり、一期一会です。

この時季、庭や軒先に丹精込めた菊が並べられています。
大学の近くでは菊人形展が開催されています。妙に人工的と、菊人形を嫌う人もいます。その答は、「三四郎」(夏目漱石)の、菊人形をこの世のものではない神の化身として捉えているから、のようです。

      秋さく花
         なにかしらねど、秋さく花は
         なまじ日なかにみればさむしよ。
         真紅のダリアは宵のしぐれに
         艶(えん)だちてこそ、
         菊はしののめ、
         めうがの花は月の夜にこそ。
         人のこころはさまざまなれど
         影、湿(しと)り、朧ろのなかに明るこそ
         秋さく花のこころなれ。
                                 大木惇夫

秋の収穫も最終章に入っています。田圃(たんぼ)には稲杭や稲架が立てられ、天日干しが始まっています。黄金色の日差しを浴びて、「穏やかな秋」の象徴です。
この風景も、農家の方々の高齢化で、“失ったものでしか語れない”ところまで追い詰められています。

近所のだんご屋さんが閉店してしまいました。若い頃、当たり前のように存在していた魚屋、八百屋、食堂、本屋、写真館、映画館などが、いつの間にか、周囲から消えています。
時代は何を求めているのでしょうか。街の風景が、駅舎と同じように、画一的になり、駐車場が増殖していきます。少し不気味さを感じます。

心に留まった川の流れ(vol.190 http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=226)、
川床は一変してしまっています。真に、万物流転です。

10月25日(1637)島原の乱、10月26日(1909)伊藤博文暗殺と、日本の歴史上大きな事件が起きています。いずれの事件も、背後の闇は深く、多くの謎が今も残っています。
歴史は、真相解明には、事件がいつ起きたかは関係がないことを教えています。

今週の花材は、執務室は深山の秋を、秘書室は里の秋を思わせます。
このアレンジ、梶井基次郎の檸檬を連想させませんか。


(福島県立医科大学理事長  菊地臣一)


今週の花


【理事長室】
■万作   マンサク科/落葉小高木/原産:日本/《名前
の由来》早春に他の花にさきがけて開花することから「まず
咲く」が転じて「まんさく」/早春に葉に先だって、黄色い細く
ねじれた花弁の花が咲く。葉姿も綺麗で花期以外にも枝もの
として流通。
■ダリア〔黒竜〕   キク科/多年草/原産:メキシコ/世
界で3万種以上もあり、品種がとても豊富。花径が3冂度
のものから30儖幣紊砲發覆覽霏舂悗泙任△襦「黒竜」は花
径15冂のワインレッド品種。
■アンスリュウム〔アナスタシア〕   サトイモ科/常緑多年
草/ツヤツヤした造花と見間違うような花。花弁のように見え
る部分は苞で、棒状の部分が花。「アナスタシア」はクリーム
色の苞で花序がピンク。
■トウガラシ〔ブラックエース〕   ナス科/多年草/原産:
中南米/「ブラックエース」は観賞用のトウガラシ。果実は細
長く、艶のある黒色が綺麗な品種。
※拡大写真
http://www.fmu.ac.jp/univ/hana/1941.jpg

【秘書室】
■菊〔アナスタシア〕   キク科/多年草/花弁が花火の
ように広がった大きな菊。通常の菊と異なり、細く繊細な花
弁が特徴。
■モカラ〔トロピカルオレンジ〕   ラン科/原産:東南アジ
ア/バンダ・アラニスク・アスコケントルムの3種の蘭を交配
した人工種。南国の花なので、暑さに強く花持ちが良い。
■ハナナス〔ゴールデンエッグ〕   ナス科/観賞用のナ
ス。「ゴールデンエッグ」はまさに卵がぶら下がっているよう
なナス。白からどんどん黄色に色づく。
■キキョウラン   ユリ科/常緑多年草/原産:日本〜イ
ンド/《名前の由来》花色が桔梗に、葉が蘭の葉に似てい
ることから/花期は5〜7月頃で薄紫色の花が咲く。花後
に艶のある紫色の実をつける。葉が美しく、葉を鑑賞するも
のとして流通。
※拡大写真
http://www.fmu.ac.jp/univ/hana/1942.jpg

▲TOPへ