HOME > 理事長室からの花だより

理事長室からの花だより

新着 30 件

一覧はこちらから

理事長室からの花だより

2012.09.14

vol.188  − 苦悩 −

9月に入り、田圃(たんぼ)の稲はたわわに実り、辺り一面、緑から黄色の大地に変化しています。早場米の出荷が始まりました。

蕎麦(ソバ)の白や秋桜(コスモス)の赤紫の花の写真が新聞を飾っています。
身の廻りに秋が展開し、我々に心の準備を迫っています。

大気も、夏と秋の空気がせめぎ合い、雷雨が度々発生しています。

         夏と秋と行きかふ空の通ひ路は
         かたへ涼しき風やふくらむ
                           凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

先日、急に涼しくなって、今年初めて山霧と川霧が大気を満たし、通勤の風景が一変しました。
行き交う車も人も霧に包まれて優しげです。密やかですが、確実に秋は足元に来ていました。

これからの季節、大気は澄み渡り空や山並みが一番美しい時です。
只、突き抜けるような空の透明度の高さに、人は何故か寂しさを感じ人恋しくなってしまいます。

夕暮れ時、車中から西をみると、雲の端が黄金色に輝いていました。

Every cloud has a silver lining.
Always look on the bright side of life….

映画「スチュアート・リトル」でのセリフのような風景です。
毛羽立った心を労り、そして励ましてくれているようです。

目を東に転ずると、薄青い空に刷毛で掃いたような銀灰色の満月が中空に浮かんでいました。
一瞬にみせる自然の芸術です。

広島へ行ってきました。
広島は、全国でも稀にみる美術館の充実している都市です。ひろしま美術館に足を運びました。
   (vol.154 http://www.fmu.ac.jp/univ/cgi/hana_disp.php?seq=187
今回は、ヴラマンクの「雪景色」、深く、濃い色彩とその対比に初めて心惹かれました。あちらこちらで何度も彼の作品をみているのに…。こちらの心象の反映でしょうか。
また、青の時代のピカソは、いつみても心の隅にいつも潜んでいる寂寥感を揺さぶられます。
広島市現代美術館の原爆の企画展、「青写真」には、考えさせられました。
真の芸術とは、主張を突き抜けて初めて成立し得るものであることを実感しました。芸術の域に達するには「削る」作業が必要であることを再認識しました。

「科学だけでは人間の哲学にならない」(ウィトゲンシュタイン)と、先人は喝破しました。倫理学や宗教学が必要だそうですが、芸術にも同じことが言えそうです。

福島の復興では、毎日が悪戦苦闘です。
行政の第一線に立っている人々はもっと苛酷な環境で斗(たたか)っています。
そんな中、もっとも悩ましいのは「善意」の言動です。悪意から出たものであれば即座に拒否できるのですが、善意は良かれと思ってのそれだけに苦慮します。

現実は、ドラマや小説と違い終わりがありません。長い斗い、余程、気持ちの切り換えをしないと潰れてしまいます。しかも、歳月はこちらの都合とは関係なく、勝手に来て、勝手に去ってしまいます。
時間とは非情なものです。

今週の花材は、紅と緑の組み合わせの妙です。
初秋に相応(ふさわ)しい落ち着いた雰囲気を醸し出しています。


(福島県立医科大学理事長  菊地臣一)



今週の花


【理事長室】
■ノバラ   バラ科/落葉低木/原産:日
本・朝鮮/花期は5〜7月で、2僂曚匹両さ
な白い花が咲く。花後の青実の状態を使用。
実は秋になるにつれ赤く色付く。
■アマランサス〔ハンギングレッド〕   ヒユ科
/一年草/原産:熱帯アメリカ/モコモコとし
た小さな毛糸玉がつながったような花姿。ひも
状に垂れ下がって咲く。
■モカラ〔チャクワンオレンジ〕   ラン科/原
産:東南アジア/バンダ・アラニスク・アスコケ
ントルムの3種の蘭を交配した人工種。南国の
花なので暑さに強く、花持ちが良い。「チャクワ
ンオレンジ」は落ち着いたシックな花色。
■ケイトウ〔ボンベイグリーン〕   ヒユ科/一
年草/原産:アフリカ・アジア/《名前の由来》
鶏の鶏冠に似た花姿から“鶏頭”/花期は6〜
9月で、赤やピンク、オレンジなどの花穂をつけ
る。「ボンベイ」は扇形の花穂の品種。
■ハス〔蓮台〕   ハス科/原産:インド/
《名前の由来》花托が蜂の巣に似ていることか
ら「ハス」。蓮台はハスの花が枯れて花弁が
散ったもの。若い実は食用として漢方や薬膳
料理にも利用される。
※拡大写真
http://www.fmu.ac.jp/univ/hana/1881.jpg



【秘書室】
■カラー〔ピカソ〕   サトイモ科/球根植物
/《名前の由来》花姿がYシャツの襟(カラー)に
似ていることから/花のように見える部分は苞
で、その中に棒状の花序をもつ。「ピカソ」はク
リーム地に紫色の入ったシックな品種。
■カーネーション〔ハリケーン〕   ナデシコ科
/多年草/原産:地中海沿岸/母の日の花
として古くから親しまれる。パステル〜ビビッ
ド、絞りや覆色の個性的なものまで、花色が
豊富。
■ケイトウ〔ボンベイグリーン〕
(理事長室と同花材)
■ドラセナ〔コーディラインレッド〕   リュウゼ
ツラン科/常緑低木/ドラセナ類は日本で出
回る観葉植物の代表種。「コーディラインレッ
ド」は正式にはドラセナではなくコルジリネ。以
前ドラセナ属に分類されていたことから現在も
ドラセナの名で流通。
※拡大写真
http://www.fmu.ac.jp/univ/hana/1882.jpg

▲TOPへ