HOME > 理事長室からの花だより

理事長室からの花だより

新着 30 件

一覧はこちらから

理事長室からの花だより

2012.04.27

vol.171  − 馳想 −

福島の地にも桜の季節が到来しました。

北関東の田圃(たんぼ)には水が張られ、その水面(みなも)に桜が映っています。田の中には田起こし用のトラクターが置かれています。
その風景は、以前の風景と人と器材が入れ替わっただけで、今も日本の原風景です。

         花にある水のあかるさ
         水にある花のあかるさ
         ともにゆらぎて
                           (佐藤佐太郎)

いつであったか、今では定かではありません。早朝、青森県弘前市、弘前城の堀の水面に散り敷かれた花びらの花筏(はないかだ)、隙間にある水面に映る花影に出会いました。
この歌は、その時の情景を大気の明るさまで余す所なく歌い上げています。歌人の透徹(とうてつ)した観察力と表現力を思い知らされます。

古来、多くの人が、死して尚、桜とともにあることを願って歌を遺(のこ)しています。

         仏には桜の花をたてまつれ
         わが後(のち)の世を人とぶらはば
                                (西行)

         山むろに千年(ちとせ)の春のやどしめて
         風にしられぬ花をこそ見め
                                (本居宣長)

桜に命を託した2人の想いを、この歌にみることができます。

久留米へ行ってきました。久留米ツツジが満開でした。ハナミズキも道路を彩っていました。

石橋美術館を久し振りに訪れました。
「くらべる」という企画展が開催されていました。様々なテーマで、異なった作家の作品を対(つい)にしての展示でした。石橋コレクションだからできる企画です。

青木繁の多数の小品を、初めてじっくりとみることができました。
どの作品も霞がかったような空気感が漂っていました。この空気感は、フランス印象派のそれが、透明度が高く、輝いているのに比して、湿度があるように感じられました。日本の風土がそう描かせたのでしょうか。彼の代表的な大作群とは別な一面です。

ここでも仙僉覆擦鵑い)の作品に出会いました。いつみても邪気の無さに心惹かれます。
国吉康雄(くによし・やすお)のグリーンも心に残ります。

4月21日(1854)、江川英龍(太郎左衛門)(えがわ・ひでたつ)が伊豆韮山に反射炉を築いた日です。
戦国時代以降の江戸時代、兵器や大型船の開発が禁じられていたその時代にあって、幕府の求めに応じて、彼は2年という短い期間で、西洋の持っている大砲の製造、江戸防衛の為の人工島であるお台場の築造、そして当時の溶鉱炉である反射炉の建設という、先駆的な大事業を独りで成し遂げて、燃え尽きたようにその生涯を終えています。

彼は、江戸時代の知性と文化が育てた巨人です。
今という視点からみて、権力闘争の面からだけでなく、産業の勃興という観点からも、江戸時代という時の文化・学術的な厚みや時代が育んだ人材への再評価が必要なのではないでしょうか。

今週の花材は、執務室、秘書室とも落ち着いた華やぎのある色彩でまとめられています。
心癒される一時が持てそうです。


(福島県立医科大学理事長  菊地臣一)


今週の花


【理事長室】
■ダリア〔ムーンワルツ〕   キク科/多年草
/原産:メキシコ/世界で3万種以上あり、と
ても品種が豊富。「ムーンワルツ」はクリーム
×ピンクの可愛らしい花色。
■ハイドランジア〔アンティークグリーン〕   
アジサイ科/落葉低木/日本のアジサイがヨ
ーロッパにわたり品種改良された西洋アジサ
イ。日本原産のアジサイに比べ、花が大きく華
やか。
■ユリ〔シベリア〕   ユリ科/球根植物/オ
リエンタルハイブリッド種のユリ。大きく優雅な
花姿と芳香が特徴。「シベリア」は白色。
※拡大写真
http://www.fmu.ac.jp/univ/hana/1711.jpg

【秘書室】
■ドウダンツツジ   ツツジ科/落葉低木/原産:日本/新
緑、花期、紅葉と一年を通して楽しめる樹木。花期は4〜5月頃
で、スズランのような小さな白い花が咲く。今回は芽吹きの状
態。
■菊〔パンテオン〕   キク科/多年草/原産:オランダ/ダリ
アのように見えるデコラ咲きの菊。通常の菊のように、非常に花
持ちが良い。「パンテオン」は赤茶色の品種。
■アンスリュウム〔プレビア〕   サトイモ科/常緑多年草/原
産:中南米/花弁のように見える部分は苞で、棒状の部分が
花。「プレビア」はチューリップ咲の紫色。一般的にはハート型
の花(苞)の品種が多い。
■アイビー〔エスター〕   ウコギ科/常緑蔓性植物/蔓状に
伸びる非常に丈夫な観葉植物。枝の節々から気根を出して壁
や樹木にくっついて登る。壁面緑化などにも適す。
■ハイドランジア(理事長室と同花材)
※拡大写真
http://www.fmu.ac.jp/univ/hana/1712.jpg

▲TOPへ