卵円孔開存(PFO)
 心臓は肺と全身に血液を送り出すポンプのような働きをしています。右心房、左心房、 右心室、左心室の4つの部屋から構成されており、出生前の胎児期には、心臓の上部にある右心房と左心房の間の壁(心房中隔) に、組織が重なり合うようにしてできた穴が開いています。この穴を「卵円孔」と いい、胎盤を通して流れてくる酸素を含んだ血液が母親から胎児の全身に循環するために必要な穴です。卵円孔は通常、出生後、数週間から数か月以内に自然に閉鎖されますが、成人の約4人にひとりは、卵円孔が完全には閉じていないといわれています。このように卵円孔が開いたままの状態のことを「卵円孔開存」といいます。
出生前


       


出生後は通常卵円孔が
自然に閉鎖する




出生後も約4人に1人は
卵円孔が閉鎖しない

卵円孔開存
  卵円孔開存があると、心臓の右側(右心房)から左側(左心房)に少量の血液が流れることがあります。下肢などの静脈に血栓があると、まれに血栓が卵円孔を介して右心房から左心房に移動してしまい、その血栓が心臓から大動脈に排出されて脳に到達し、脳梗塞を起こすことがあります。




カテーテルによる卵円孔開存閉鎖治療
 卵円孔開存が原因と思われる脳梗塞と診断された場合に治療の選択肢のひとつとなる のがカテーテルを使って卵円孔を閉鎖する治療です。
 カテーテルによる卵円孔開存閉鎖治療では、右心房と左心房の間に開存する卵円孔を行き来する血流を遮断するように作られた器具(デバイス)を卵円孔の穴にはめ込んで塞ぎます。このデバイスは、医療用の布で覆われた丸い金属のメッシュのディスクを2枚重ねて構成されており、心臓の右心房側と左心房側を挟むようにして穴を塞ぎます。
 デバイスは脚の付け根からカテーテルによって心臓まで運ばれます。この時、2枚のディスクはカテーテルの管の中に折り畳まれた状態で血管の中を通って心臓の中に運ばれます。デバイスが留置されると、カテーテルは体外に抜いて治療が完了します。
 当院では、脳神経外科、脳神経内科、循環器内科で構成されるブレインハートチームで診断・治療を行っています。




経カテーテル的卵円孔開存閉鎖術 施行件数  2020年 2件



紹介・お問い合わせ
福島県立医科大学 患者サポートセンター
  TEL:024-547-1074
  FAX:024-547-1075





文責:阿部諭史