研究成果情報・学会等表彰 (研究成果)

英国科学誌 「Nature」 掲載          〔平成28年6月〕

Structure of IZUMO1-JUNO reveals sperm-oocyte recognition during mammalian fertilization
(受精に関わる精子融合因子IZUMO1と卵子受容体JUNOの認識機構を解明)

 

 

 

 


井上 直和
( いのうえ・なおかず )
医学部附属生体情報伝達研究所
細胞科学研究部門 准教授

 

研究グループ:
東京大学 大学院薬学系研究科 大戸梅治 准教授、石田英子 特任研究員、清水敏之 教授、
福島県立医科大学 医学部附属生体情報伝達研究所 井上直和 准教授、
大阪大学 大学院工学研究科 内山 進 准教授

 概要

論文掲載誌: 「Nature」  2016 Jun.16 (DOI番号:10.1038/nature18596)

受精に関わる精子融合因子IZUMO1と卵子受容体JUNOの認識機構を解明

東京大学大学院薬学系研究科の大戸梅治准教授、石田英子特任研究員、清水敏之教授、福島県立医科大学医学部附属生体情報伝達研究所の井上直和准教授、大阪大学大学院工学研究科の内山進准教授らの研究グループは、受精において精子と卵子の認識に直接関わる IZUMO1(イズモ・ワン)〔注1〕と JUNO(ジュノー)〔注2〕 の詳細な立体構造を明らかにしました。

精子と卵子の認識に直接関わるタンパク質同士の相互作用はこれまで明らかになっていませんでしたが、この研究により、IZUMO1とJUNOの複合体の認識機構が分かったことで、両者の結合を阻害する新たな避妊薬などの開発につながることが期待されます。

〔注1〕 IZUMO1
縁結びで有名な出雲大社に因んで命名された精子と卵子の融合因子(精子側)
〔注2〕 JUNO
ローマ神話において結婚と出産を司る女神に因んで命名された精子と卵子の融合因子(卵子側)

詳細及び各お問合せについては、下記のプレスリリースをご覧ください。
プレスリリース (537KB)

連絡先

公立大学法人福島県立医科大学 医学部附属生体情報伝達研究所 細胞科学研究部門
電話 024-547-1665 / FAX 024-549-8898
部門ホームページ http://www.fmu.ac.jp/home/cellsci/saibou-top.htm
メール  (スパムメール防止のため、一部全角表記しています)

▲TOPへ