HOME > 地域のみなさまへ > 医療研究推進戦略・研究成果情報・学会等表彰

医療研究推進戦略・研究成果情報・学会等表彰

研究成果情報・学会等表彰トップ 医療研究推進戦略 主要研究論文 学会等表彰

医療研究推進戦略について

医療研究推進宣言について

本学は、中期目標に掲げる「独創的で質の高い研究を推進し、医学・看護学の発展とより高度な研究能力を持つ研究者の育成を図り、国際的に高い水準の研究機関」となり、「医学・看護学の発展に寄与するとともに県民の保健・医療・福祉の向上に貢献すること」を目的として、医療研究推進戦略 を本年8月に策定しました。
その中で、福島県に伝わる各地の伝承に基づき、研究活動に関する新たな基本方針を定め、当該方針に基づき教職員一同が研究を実施していくことを宣言しています。
【医療研究推進宣言】
1.私たちは、県民の命と健康を守るとともに、広く社会に貢献するため、研究の実施に最善を尽くします。
2.私たちは、高い倫理性を備えた医療人として、みんなが集い、社会に信頼される研究に取り組みます。
3.私たちは、規律に基づき公正な研究の実施に取り組みます。

医療研究推進戦略を策定した経緯

本学は、県民の保健・医療等の向上に貢献するため、独創的で質の高い研究の推進、高度な研究能力をもつ研究者の育成、高度な保健医療の提供等に努めてきました。
こうした中で、平成23年3月に発生した東日本大震災の後 、本学に復興に向けた最先端医療を県民の皆さんに提供できるよう「ふくしま国際医療科学センター」が設置され、最先端の医療設備の整備と治療体制の構築がなされています。
今般、医療研究推進戦略を策定し全学的にたゆまぬ努力を継続していくなかで、福島の復興を牽引する研究機関となり、県民の皆様の保健・医療等の向上により一層貢献していく所存です。
【本学が目指す将来像】
本学の特色を生かした独創的な研究を実施し、その成果を県民はもとより広く社会に還元するとともに、高い倫理性を備えかつ高度な研究能力をもつ研究者が育成される研究拠点となる。
高度な医療人の集う日本トップレベルの臨床研究・治験拠点となり最先端の医療を県民に提供するとともに、福島県全体の医療水準を向上させる臨床研究・治験ネットワークの中核的研究拠点となる。

医療研究推進戦略の推進体制について

<推進体制>
研究・地域医療担当理事を本部長とした医療研究推進本部で医療研究推進戦略に関する重要事項の意思決定を行い、医療研究推進センターにおいて当該戦略に基づく実施計画の企画、 立案、全体調整、進捗管理を行います。

事務担当: 医療研究推進課 臨床研究・治験係

電話 (024) 547−1772
/ FAX (024) 581−5164
Eメール
※スパムメール防止のため一部全角表記しています

 

主要研究成果 について

 

国際学術雑誌等に掲載された論文発表者からの申請に基づき、医療研究推進本部が一定の基準により選定した論文情報を掲載しています。(平成23年度〜)
【最新情報】
循環器内科学講座・心臓病先進治療学講座 教授 義久精臣(よしひさ・あきおみ)ら研究グループ
心不全患者における血清亜鉛濃度と予後に関する検討 
米国科学誌「Journal of Cardiac Failure」(2018.03 掲載)
肺高血圧患者における肝線維化マーカーの意義に関する検討 
米国科学誌「International Journal of Cardiology」(2018.03 掲載)
男性心不全患者における血清テストステロン濃度の意義に関する検討 
米国科学誌「American Journal of Cardiology」(2018.03 掲載)
拡張型心筋症患者における尿中titinの意義に関する検討 
米国科学誌「American Journal of Cardiology」(2018.03 掲載)

 

生体機能研究部門 講師 加藤成樹(かとう・しげき)、
教授 小林和人(こばやし・かずと)ら研究グループ  
視床髄板内核ニューロンによる行動選択および行動柔軟性の制御 
米国科学誌「Cell Reports」(2018.02.27掲載)

 

解剖・組織学講座 教授 和栗 聡(わぐり・さとし)ら研究グループ  
GGA2はEGFRの細胞質ドメインに結合し、 EGFR発現を安定化し細胞増殖を促進する 
英国科学誌「Scientific Reports」(2018.01.22 オンライン掲載)

 

附属病院 痛み緩和医療センター 教授 小幡英章(おばた・ひであき)ら研究グループ
デュロキセチンの連続投与は脊髄でノルアドレナリンを増やすことによって神経障害性痛を抑制する 
米国科学誌「Anesthesia & Analgesia」(2018.01 掲載)

 

医学部 消化管外科学講座 大学院生 菅家康之(かんけ・やすゆき)ら研究グループ
AYA世代女性がんの遺伝子異常プロファイル 
米国科学誌「Oncotarget」(2018.01.19掲載)

 

 

 

【医療研究推進本部 選定による主要研究成果】
本学の主任教授から構成される医療研究推進本部では、学内教職員が国内外の専門誌等で発表したすべての研究論文の中から、特に優れたものを年度ごとに4〜5件程度選定し、公表しています。
最新情報 (2014年度(平成26年度)) (2016.06 公表) 

事務担当: 医療研究推進課 研究推進係

電話 (024) 547−1825
/ FAX (024) 581−5163
Eメール
※スパムメール防止のため一部全角表記しています

 

学会等表彰 について

 

本学教職員が学術研究団体等より受けた表彰について紹介しています。
(医療研究推進本部において選定したものを紹介しています(平成26年度までは 研究推進戦略室))
【最新情報】
リウマチ膠原病内科学講座 専攻医 古谷(屋代) 牧子 (ふるや(やしろ)・まきこ)
第27回 日本リウマチ学会 北海道・東北支部学術集会 最優秀賞 (2017.11.24)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務担当: 医療研究推進課 研究推進係

電話 (024) 547−1825
/ FAX (024) 581−5163
Eメール
※スパムメール防止のため一部全角表記しています

▲TOPへ