RESEARCH /ACHIEVEMENTS研究・業績

業績

英文論文

  • Onodera M, Tsukada Y, Suzuki T, Sorimachi K, Ebihara K, Sato L, Zenda R, Ueno S, Sugaya K, Iseki K. Development of delayed neurologic sequelae in acute carbon monoxide poisoning cases caused by briquette-based kotatsu: A case-control study. Medicine (Baltimore). 2021;100(16):e25009.
  • Yano T, Takada T, Fujiishi R, Fujii K, Honjo H, Miyajima M, Takeshima T, Hayashi M, Miyashita J, Azuma T, Fukuhara S. Usefulness of computed tomography in the diagnosis of acute pyelonephritis in older patients suspected of infection with unknown focus. Acta Radiol. 2021:284185120988817.
  • Suzuki Y, Tanino Y, Nikaido T, Minemura H, Umeda T, Rikimaru M, Onuma T, Naito S, Takiguchi Y, Tomita H, Kawamata T, Togawa R, Sato Y, Uematsu M, Morimoto J, Kitakawa K, Tsukada Y, Nakamura K, Kanemitsu K, Iseki K, Shibata Y. Severe Coronavirus Disease 2019 That Recovered from Respiratory Failure by Treatment That Included High-dose Intravenous Immunoglobulin. Intern Med. 2021;60(3):457-461.
  • Sekimata M, Yoshida D, Araki A, Asao H, Iseki K, Murakami-Sekimata A. Runx1 and RORγt Cooperate to Upregulate IL-22 Expression in Th Cells through Its Distal Enhancer. J Immunol. 2019;202(11):3198-3210.
  • Abe Y, Yamamoto N, Nakamura K, Arai K, Sakurai C, Hatsuzawa K, Ogura Y, Iseki K, Tase C, Kanemitsu K. IL-13 attenuates early local CXCL2-dependent neutrophil recruitment for Candida albicans clearance during a severe murine systemic infection. Immunobiology. 2019;224(1):15-29.
  • Ono Y, Tanigawa K, Kakamu T, Shinohara K, Iseki K. Out-of-hospital endotracheal intubation experience, confidence and confidence-associated factors among Northern Japanese emergency life-saving technicians: a population-based cross-sectional study. BMJ Open. 2018;8(7):e021858.
  • Tanaka T, Iseki K, Tanaka K, Nakano T, Iino M, Goto K. DGKζ ablation engenders upregulation of p53 level in the spleen upon whole-body ionizing radiation. Adv Biol Regul. 2018;67:93-100.
  • Akatsu M, Ikegami Y, Tase C, Nishikawa K. Anesthetic Management of a Patient With Antimuscle-Specific Kinase Antibody-Positive Myasthenia Gravis Undergoing an Open Cholecystectomy: A Case Report. A A Case Rep. 2017;8(6):150-153.
  • Iseki K, Ozawa A, Seino K, Okubo R,Yamazaki K, Goto K, Tase C. An Overview of Hydorogen Sulfide Suicides Based on Police Data in Yamagata Prefecture, Japan, Asia Pac J of Med Toxicol 2016; 5:79-82.
  • Nakano T, Matsui H, Tanaka T, Hozumi Y, Iseki K, Kawamae K, Goto K. Arachidonoyl-Specific Diacylglycerol Kinase ε and the Endoplasmic Reticulum. Front Cell Dev Biol. 2016;4:132.
  • Ono Y, Tanigawa K, Shinohara K, Yano T, Sorimachi K, Sato L, Inokuchi R, Shimada J, Tase C. Difficult airway management resources and capnography use in Japanese intensive care units: a nationwide cross-sectional study. J Anesth. 2016;30(4):644-52.
  • Ono Y, Shinohara K, Goto A, Yano T, Sato L, Miyazaki H, Shimada J, Tase C. Are prehospital airway management resources compatible with difficult airway algorithms? A nationwide cross-sectional study of helicopter emergency medical services in Japan. J Anesth. 2016;30(2):205-14.
  • Tsukada Y, Nemoto C, Ikegami Y, Suzuki T, Tase C. Cardiac tamponade after extracorporeal cardiopulmonary resuscitation. Acute Med Surg. 2015;3(2):214-215.
  • Shimada J, Tase C, Tsukada Y, Hasegawa A, Iida H. EARLY STAGE RESPONSES OF INTENSIVE CARE UNITS DURING MAJOR DISASTERS: FROM THE EXPERIENCES OF THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE. Fukushima J Med Sci. 2015;61(1):32-7.
  • Hamaya R, Ono Y, Chida Y, Inokuchi R, Kikuchi K, Tameda T, Tase C, Shinohara K. Polytetrafluoroethylene fume-induced pulmonary edema: a case report and review of the literature. J Med Case Rep. 2015 ;9:111.
  • Ono Y, Ishida T, Iwasaki Y, Kawakami Y, Inokuchi R, Tase C, Shinohara K. The off-hour effect on trauma patients requiring subspecialty intervention at a community hospital in Japan: a retrospective cohort study. Scand J Trauma Resusc Emerg Med. 2015;23:20.
  • Ono Y, Kikuchi H, Hashimoto K, Sasaki T, Ishii J, Tase C, Shinohara K. Emergency endotracheal intubation-related adverse events in bronchial asthma exacerbation: can anesthesiologists attenuate the risk? J Anesth. 2015;29(5):678-85.
  • Ono Y, Okubo Y, Hashimoto K, Inokuchi R, Odajima H, Tase C, Shinohara K. Massive subcutaneous emphysema, bilateral pneumothorax, pneumomediastinum, pneumoperitoneum, pneumoretroperitoneum, and pneumoscrotum after multiple direct laryngoscopies: an autopsy case report. J Anesth. 2015;29(4):622-6.
  • Iseki K, Ozawa A, Seino K, Goto K, Tase C. The Suicide Pandemic of Hydorogen Sulfide Poisoning in Japan, Asia Pac J of Med Toxicol 2014;3:13-7.
  • Matsui H, Hozumi Y, Tanaka T, Okada M, Nakano T, Suzuki Y, Iseki K, Kakehata S, Topham MK, Goto K. Role of the N-terminal hydrophobic residues of DGKε in targeting the endoplasmic reticulum. Biochim Biophys Acta. 2014;1842(10):1440-50.
  • Takahashi N, Hozumi Y, Tanaka T, Okada M, Iseki K, Hayasaka K, Goto K. Cellular expression and localization of DGKζ-interacting NAP1-like proteins in the brain and functional implications under hypoxic stress. Histochem Cell Biol. 2014;142(5):461-71.
  • Ikegami Y, Iseki K, Nemoto C, Tsukada Y, Shimada J, Tase C. Patient questionnaire following closure of tracheotomy fistula: percutaneous vs. surgical approaches. J Intensive Care. 2014;2(1):17.
  • Ikegami Y, Suzuki T, Nemoto C, Tsukada Y, Hasegawa A, Shimada J, Tase C. Establishment and implementation of an effective rule for the interpretation of computed tomography scans by emergency physicians in blunt trauma. World J Emerg Surg. 2014;9:40.
  • Ikegami Y, Suzuki T, Nemoto C, Tsukada Y, Tase C. Usefulness of initial diagnostic tests carried out in the emergency department for blunt trauma. Acute Med Surg. 2014;1(2):70-75.
  • Iseki K, Hayashida A, Shikama Y, Goto K, Tase C, An Outbreak of Carbon Monoxide Poisoning in Yamagata Prefecture Following the Great East Japan Earthquake, Asia Pac J of Med Toxicol 2013;2:37-41.
  • Ono Y, Satou M, Ikegami Y, Shimada J, Hasegawa A, Tsukada Y, Nemoto C, Shinohara K, Tase C. Activation intervals for a helicopter emergency medical service in Japan. Air Med J. 2013;32(6):346-9.
  • Ono Y, Yokoyama H, Matsumoto A, Kumada Y, Shinohara K, Tase C. Is preoperative period associated with severity and unexpected death of injured patients needing emergency trauma surgery? J Anesth. 2014;28(3):381-9.
  • Suzuki T, Nemoto C, Ikegami Y, Yokokawa T, Tsukada Y, Abe Y, Shimada J, Takeishi Y, Tase C. Development of takotsubo cardiomyopathy with severe pulmonary edema before a cesarean section. J Anesth. 2014;28(1):121-4.
  • Nemoto C, Ikegami Y, Suzuki T, Tsukada Y, Abe Y, Shimada J, Tase C. Repeated embolization of intercostal arteries after blunt chest injury. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2014;62(11):696-9.
  • Ono Y, Yokoyama H, Matsumoto A, Kumada Y, Shinohara K, Tase C. Surgical airways for trauma patients in an emergency surgical setting: 11 years' experience at a teaching hospital in Japan. J Anesth. 2013;27(6):832-7.
  • Iseki K, Hagino S, Nikaido T, Zhang Y, Mori T, Yokoya S, Hozumi Y, Goto K, Wanaka A, Tase C. Gliosis-specific transcription factor OASIS coincides with proteoglycan core protein genes in the glial scar and inhibits neurite outgrowth. Biomed Res. 2012;33(6):345-53.
  • Morimura N, Asari Y, Yamaguchi Y, Asanuma K, Tase C, Sakamoto T, Aruga T; Members of the Japanese Association for Acute Medicine, Emergency, Task Force on the Fukushima Nuclear Power Plant Accident (JAAM-TF-FNPPA). Emergency/disaster medical support in the restoration project for the Fukushima nuclear power plant accident. Emerg Med J. 2013;30(12):997-1002.
  • Iseki K, Hagino H, Nikaido T, Zhang Y, Mori T, Yokoya S, Hozumi Y, Goto K, Wanaka A, Tase C, Gliosis-specific transcription factor OASIS coincides with proteoglycan core protein genes in the glial scar and inhibits neurite outgrowth. Biomedical Research, 33, 345-353, 2012.
  • Ono Y, Ikegami Y, Tasaki K, Abe M, Tase C. Case of scrub typhus complicated by severe disseminated intravascular coagulation and death. Emerg Med Australas. 2012;24(5):577-80.
  • Nemoto C, Ikegami Y, Shimada J, Tsukada Y, Abe Y, Tase C. Acute renal failure caused by severe coagulopathy induced by the interaction between warfarin potassium and levofloxacin: a case report. J Anesth. 2012;26(6):943-4.
  • Iseki K, Hagino S, Zhang Y, Mori T, Sato N, Yokoya S, Hozumi Y, Goto K, Tase C. Altered expression pattern of testican-1 mRNA after brain injury. Biomed Res. 2011;32(6):373-8.

和文業績

  • 上野 智史, 小野寺 誠, 佐藤 ルブナ, 反町 光太朗, 鈴木 剛, 塚田 泰彦, 伊関 憲:VA-ECMOの迅速な導入により救命し得たトリカブト中毒の1例.日本救急医学会雑誌31:2422-2426;2020.
  • 伊関 憲:アナフィラキシー.救急医学44:1703-1709;2020
  • 角田 拓也, 反町 光太朗, 菅谷 一樹, 鈴木 剛, 塚田 泰彦, 伊関 憲: 気道内出血による心停止から救命した胸部刺傷の1症例.臨床麻酔44:1495-1497;2020.
  • 三澤 友誉, 全田 吏栄, 菅谷 一樹, 小野寺 誠, 武田 紗希, 伊関 憲パラコート中毒の1死亡症例.臨床麻酔44:1113-1115;2020.
  • 金田 浩太郎, 早川 達也, 田勢 長一郎, 三木 靖雄, 当麻 美樹, 鶴田 良介, 奥本 克己:ドクターヘリがくも膜下出血患者の予後に与える影響.日本航空医療学会雑誌2:16-22;2020.
  • 反町 光太朗, 伊関 憲:救急集中治療の最前線.医学と薬学76:1283-1291;2019. 
  • 三澤 友誉, 佐藤 ルブナ, 反町 光太朗, 鈴木 剛, 塚田 泰彦, 伊関 憲:口腔内腫瘍に対してC-MACビデオ喉頭鏡を用いて気管挿管を施行した1症例.臨床麻酔43:1131-1133;2019.
  • 佐藤 ルブナ, 伊関 憲:トンネル内での溶接機による集団一酸化炭素中毒.産業医学ジャーナル42:37-40;2019.
  • 伊関 憲:【救急科専門研修プログラム紹介】人気研修プログラム紹介 福島県立医科大学附属病院救急科専門研修プログラム.救急医学:43:36-37;2019.
  • 藤野 靖久, 藤田 友嗣, 小野寺 誠, 菊池 哲, 佐藤 正幸, 小泉 文人, 井上 義博:初期のアトロピン投与を制限し、腸洗浄とPAM(pralidoxime iodide)投与により治療したジメチル型有機リン中毒の7例.中毒研究32:399-405;2019.
  • 小野寺 誠, 織田 順:急性中毒患者への適切な初期対応は? 初期対応で安定したあとでも全身状態の変化を見逃さないことが大切.日本医事新報4953:61;2019.
  • 風間 咲美, 谷川 攻一, 田勢 長一郎.福島県の原子力発電所事故避難地域に対するふたば救急総合医療支援センターの医療支援活動.公衆衛生83:560-567;2019.
  • 小野寺 誠:ひと目でわかる!腹痛部位と疾患.EMERGENCY CARE31:606-607;2018.
  • 増田 卓之, 高橋 学, 菅 重典, 秋丸 理世, 野々口 マリア, 下山 賢, 森野 豪太, 児玉 善之, 佐藤 正幸, 佐藤 寿穂, 石田 馨, 松本 尚也, 石部 頼子, 丹保 亜希仁, 星川 浩一, 小鹿 雅博, 小野寺 誠, 鈴木 泰, 井上 義博, 柴田 繁啓, 遠藤 重厚:acute respiratory distress syndromeとdisseminated intravascular coagulationを合併した敗血症性ショック症例に対するpolymyxin B immobilized fiber-direct hemoperfusion施行時の好中球エラスターゼとHigh mobility group box 1の検討.エンドトキシン血症救命治療研究会誌22:87-97;2018.
  • 大久保 怜子, 伊関 憲, 鈴木 剛, 矢野 徹宏, 佐藤 ルブナ, 小澤 昌子, 田勢 長一郎:福島市で開催された東北六魂祭で発生した傷病者の検討.Japanese Journal of Disaster Medicine22:170-175;2017.
  • 伊関 憲:ドクターヘリから見た医療安全.日本外科学会雑誌 119:336-338;2018.
  • 伊関 憲:中毒医療における現在の問題点.医学のあゆみ263:875-881;2017.
  • 早川 達也, 田勢 長一郎, 本村 友一, 矢野 賢一, 山下 典雄, 横田 英己, 兵藤 敬, 小濱 啓次:熊本地震におけるドクターヘリの活動報告書 災害時におけるドクターヘリの円滑な活用についての提言.日本航空医療学会雑誌17:67-74;2017.
  • 小澤 昌子, 伊関 憲:解毒薬 プラリドキシム.中毒研究29:371-377;2016.
  • 矢野 徹宏, 伊関 千書, 伊関 憲, 田勢 長一郎:救急医療に従事する医師を対象とした看取り場所に関する意識調査 日本とネパールとの比較.日本臨床救急医学会雑誌19:670-676;2016.
  • 藤田 友嗣, 斉藤 剛, 臼井 聖尊, 石澤 不二雄, 伊関 憲, 富永 綾, 野澤 まゆ, 波多野 弥生, 堀 寧:中毒起因物質の実用的分析法 前処理法からスクリーニング分析まで LC-MS/MSおよびGC-MSを用いた生体試料中の薬毒物のスクリーニング.中毒研究29:268-272;2016.
  • 藤田 友嗣, 臼井 聖尊, 斉藤 剛, 石澤 不二雄, 伊関 憲, 富永 綾, 野澤 まゆ, 波多野 弥生, 堀 寧:中毒起因物質の実用的分析法 前処理法からスクリーニング分析まで 生体試料からの薬毒物の前処理法について液液抽出(ケイソウ土カラム)法・QuEChERS法・モノリススピンカラム法.中毒研究29:50-55;2016.
  • 佐久間 潤, 佐藤 拓, 岩味 健一郎, 市川 優寛, 齋藤 清, 田勢 長一郎, 石田 時也:シームレスな救急体制が救命につながった小児頭部外傷の一例.神経外傷39:53-57;2016.
  • 行岡 秀和, 田勢 長一郎, 黒田 泰弘, 谷川 攻一, 村川 徳昭, 中川 隆:心肺蘇生時の合併症に関するアンケート調査.蘇生35:85-89;2016.
  • 村川 徳昭, 田勢 長一郎, 谷川 攻一, 黒田 泰弘, 中川 隆, 行岡 秀和:救急救命士によるビデオ硬性挿管用喉頭鏡に関する実態調査(第2報).蘇生35:77-84;2016.
  • 村川 徳昭, 田勢 長一郎, 谷川 攻一, 黒田 泰弘, 中川 隆, 行岡 秀和:救急救命士によるビデオ硬性挿管用喉頭鏡に関する実態調査(第1報).蘇生35:70-76;2016.
  • 佐藤 ルブナ, 田勢 長一郎:AKIの全体像を捉える AKIの原因と診断 早期に原因まで診断し、治療につなげよう.重症患者ケア5:152-160;2016.
  • 島田 二郎, 田勢 長一郎:成人脳心肺蘇生法.救急・集中治療医学レビュー2016-'17巻 :42-49;2016.
  • 小濱 啓次, 住田 臣造, 今 明秀, 田勢 長一郎, 中野 実, 松本 尚, 中川 儀英, 早川 達也, 中川 隆, 嶋津 岳士, 荻野 隆光, 坂本 照夫:今後わが国に必要なドクターヘリの機数と基地病院数についての調査研究.日本航空医療学会雑誌16:31-40;2016.
  • 岩渕 拓也, 北條 渉, 秋冨 慎司, 井上 哲, 石澤 不二雄, 伊関 憲, 臼井 聖尊, 斉藤 剛, 富永 綾, 野澤 まゆ, 波多野 弥生, 堀 寧, 藤田 友嗣:中毒起因物質の実用的分析法 前処理法からスクリーニング分析まで 含フッ素テトラフェニルポルフィリン配位子をプローブとした新しい血清リチウムの迅速測定試薬.中毒研究28:392-396;2015.
  • 伊関 憲:有毒ガス.小児内科47巻増刊:935-942;2015.
  • 小澤 昌子, 伊関 憲:fomepizoleの登場により,急性中毒疾患の治療はどのように変わるか.内科116:964-968;2015.
  • 石澤 不二雄, 藤田 友嗣, 伊関 憲, 堀 寧, 斉藤 剛, 臼井 聖尊, 波多野 弥生, 野澤 まゆ, 富永 綾:中毒起因物質の実用的分析法 前処理法からスクリーニング分析まで 検知管による薬毒物のスクリーニング.中毒研究28:266-272;2015.
  • 谷 亜希子, 田勢 長一郎, 多田 靖宏, 松塚 崇, 松井 隆道, 野本 幸男, 鈴木 政博, 横山 斉, 後藤 満一, 大須賀 文彦, 村川 雅洋, 大森 孝一.日本気管食道科学会会報66:191-197;2015.
  • 石川 敏仁, 遠藤 勝洋, 遠藤 雄司, 佐藤 直樹, 太田 守, 島田 二郎, 田勢 長一郎:ヘリポート導入による当院の救急医療体制の現況.日本航空医療学会雑誌15:33-37;2015.
  • 鈴木 剛, 田勢 長一郎:破傷風の交感神経ストーム.救急・集中治療27:463-469;2015.
  • 森村 尚登, 相引 眞幸, 大友 康裕, 小倉 真治, 久志本 成樹, 嶋津 岳士, 田勢 長一郎, 溝端 康光, 平出 敦:国公立大学医学部における救急医学教育カリキュラム策定に係わるアンケート結果報告 救急医学教育基本項目の提案.日本救急医学会雑誌25:325-333;2014.
  • 堂籠 博, 阿部 良伸, 田勢 長一郎:破傷風とデクスメデトミジン.日本集中治療医学会雑誌21:291-292;2014.
  • 田勢 長一郎:農薬中毒.内科113:1449-1452;2014.
  • 島田 二郎, 田勢 長一郎:成人脳心肺蘇生法.救急・集中治療医学レビュー2014-'15巻 :47-54;2014.
  • 斉藤 剛, 富永 綾, 野澤 まゆ, 畝井 浩子, 波多野 弥生, 藤田 友嗣, 伊関 憲, 堀 寧:中毒起因物質の実用的分析法 機器分析による分析値、定量値の求め方 分析バリデーションの必要性.中毒研究27:223-226;2014
  • 赤羽 武, 高窪 祐弥, 佐々木 幹, 大木 弘治, 大木 望, 伊関 憲, 高木 理彰:当院において骨盤骨折に対し経カテーテル動脈塞栓術(TAE)を施行した3症例の検討.東北整形災害外科学会雑誌5:137-141;2014.
  • 伊関 憲:フグ中毒.Medical Practice31巻臨増:98-100;2014.
  • 林田 昌子, 富永 綾, 伊関 憲:アリ刺症によるアナフィラキシーの2例.中毒研究26:316-318;2013.
  • 反町 光太朗, 池上 之浩, 鈴木 剛, 菅野 伸樹, 阿部 良伸, 塚田 泰彦, 田勢 長一郎:喉頭浮腫による重篤な上気道狭窄症状を呈したヨウ素中毒の1例.中毒研究26:305-309;2013.
  • 阿部 良伸, 池上 之浩, 島田 二郎, 塚田 泰彦, 長谷川 有史, 根本 千秋, 大野 雄康, 田勢 長一郎:デクスメデトミジン中止後に著しい交感神経過興奮状態を呈した破傷風の1例.日本集中治療医学会雑誌20:425-426;2013.
  • 伊関 憲, 大山 亜紗美, 林田 昌子, 田勢 長一郎:救急救命士の処置拡大に関する意識度調査 血糖測定とブドウ糖溶液の投与、吸入β刺激薬、心肺機能停止前の静脈路確保.日本救急医学会雑誌24:751-757;2013.
  • 田勢 長一郎:症例から学ぶ急性中毒 有機リン.救急・集中治療25:894-901;2013.
  • 田勢 長一郎:震災後の救急医療活動.山口県医学会誌47:88-95;2013.
  • 島田 二郎, 田勢 長一郎, 塚田 泰彦, 長谷川 有史, 池上 之浩, 飯田 裕司:病院内に発生しうる患者に起因しない緊急事態 地震、津波、そして原子力災害に対し訓練はどう生かされたか.日本臨床麻酔学会誌33:126-130;2013.
  • 鈴木 剛, 田勢 長一郎:呼吸モニタリングと人工呼吸器管理の基本.レジデントノート別冊救急・ERノート7 :39-46;2013.
  • 伊関 憲, 林田 昌子, 清野 慶子, 篠崎 克洋, 丹治 治子, 伊関 千書, 田勢 長一郎:東日本大震災における山形県の在宅酸素療法および在宅人工呼吸療法患者の受診状況.日本臨床救急医学会雑誌15:739-744;2012.
  • 伊関 憲, 林田 昌子, 清野 慶子, 篠崎 克洋, 田勢 長一郎:現場で胸骨圧迫のみのCPRを行い、社会復帰した院外心停止の1例.心臓44:1521-1525;2012.
  • 島田 二郎, 田勢 長一郎:災害医療マネージメントCSCA 都道府県レベルの指揮命令.救急医学37:3-8;2013.
  • 阿部 良伸, 田勢 長一郎:腎機能 尿量、尿比重、尿浸透圧.救急医学36:1265-1266;2012.
  • 山口 芳裕, 小井土 雄一, 坂本 哲也, 浅利 靖, 大友 康裕, 郡山 一明, 近藤 久禎, 阪本 雄一郎, 嶋津 岳士, 田勢 長一郎, 谷川 攻一, 西山 隆, 森村 尚登:日本集団災害医学会誌17:150-159;2012.
  • 島田 二郎, 田勢 長一郎, 佐藤 めぐみ, 宮崎 博之, 小賀坂 奈美, 近藤 久禎, 森野 一真:福島県第一原子力発電所事故に起因した病院避難.日本集団災害医学会誌17:142-149;2012.
  • 佐藤 めぐみ, 島田 二郎, 宮崎 博之, 小賀坂 奈美, 渡部 智恵子, 田勢 長一郎:DMAT調整本部におけるチームとしての活動の重要性 特に業務調整員の重要性.日本集団災害医学会誌17:84-89;2012.
  • 小賀坂 奈美, 佐藤 めぐみ, 宮崎 博之, 塚田 泰彦, 島田 二郎, 田勢 長一郎:東日本大震災における基幹災害拠点病院DMATとしての活動.日本集団災害医学会誌17:66-72;2012.
  • 田勢 長一郎:周術期の危険な不整脈診断のポイントと抗不整脈薬の上手な使い方(第2回) 臨床編 特殊不整脈・状態と麻酔管理上の抗不整脈対策 AHAガイドラインから考える致死性不整脈治療.日本臨床麻酔学会誌32:615-619;2012.
  • 島田 二郎, 田勢 長一郎:成人脳心肺蘇生法.救急・集中治療医学レビュー2012-'13巻 :41-51;2012.
  • 清野 慶子, 伊関 憲, 田勢 長一郎:一酸化炭素中毒.小児科臨床)65巻増刊:1509-1516;2012.
  • 山口 芳裕, 小井土 雄一, 坂本 哲也, 浅利 靖, 大友 康裕, 郡山 一明, 近藤 久禎, 阪本 雄一郎, 嶋津 岳士, 田勢 長一郎, 谷川 攻一, 西山 隆, 森村 尚登:福島第一原発事故復旧作業に対する救急・災害医療支援.日本救急医学会雑誌23:116-129;2012.
  • 近藤 久禎, 島田 二郎, 森野 一真, 田勢 長一郎, 富永 隆子, 立崎 英夫, 明石 真言, 谷川 攻一, 岩崎 泰昌, 市原 正行, 小早川 義貴, 小井土 雄一:東京電力福島第一原子力発電所事故に対するDMAT活動と課題.保健医療科学60:502-509;2011.
  • 益子 邦洋, 中川 儀英, 坂田 久美子, 高尾 昭夫, 横田 英己, 田勢 長一郎, 今 明秀, 小濱 啓次, 杉山 貢, 西川 渉, 篠田 伸夫, 田邉 晴山:東日本大震災におけるドクターヘリの調査検討委員会報告書.日本航空医療学会雑誌12:59-68;2012.
  • 宍戸 文男, 田勢 長一郎, 佐藤 久志, 宮崎 真, 長谷川 有史:緊急被ばく医療体制と東電原発事故災害への対応および今後の課題.Surgery Frontier18:369-372;2011.
  • 谷川 攻一, 細井 義夫, 寺澤 秀一, 近藤 久禎, 浅利 靖, 宍戸 文男, 田勢 長一郎, 富永 隆子, 立崎 英夫, 岩崎 泰昌, 廣橋 伸之, 明石 真言, 神谷 研二:福島原子力発電所事故災害に学ぶ 震災後5日間の医療活動から.日本救急医学会雑誌22:782-791;2011.
  • 田勢 長一郎, 大橋 通:へき地における救急搬送の実態.:へき地・離島救急医療研究会誌11:16-21;2011.
  • 島田 二郎, 田勢 長一郎:急性期の処置と治療 成人脳心肺蘇生法.救急・集中治療医学レビュー2011:35-44;2011.
  • 田勢 長一郎:急性期の処置と治療 成人脳心肺蘇生法.救急・集中治療医学レビュー2010: 38-44;2010.
  • 田勢 長一郎:受け入れ困難状況は改善されたか? 福島県各地域の対策とその効果.救急医療ジャーナル19:6-10;2011.