0242-75-2100

診療科のご案内

hospital

呼吸器外科

担当医表

午前 【福島医大】
鈴木 弘行
(第1、3、5)
樋口 光徳 樋口 光徳
午後 樋口 光徳 樋口 光徳 樋口 光徳
午前 午後
樋口 光徳
【福島医大】
鈴木 弘行
(第1、3、5)
樋口 光徳 樋口 光徳
樋口 光徳 樋口 光徳

受付時間・注意事項

受付時間・診察開始時間
午前 【受付】午前8時~12時00分
【診療】午前9時
※外来においでの際に、診察室で次回診察日の予約を取ることが出来ます。
※都合により、休診や担当医が変更となる場合もございますので、(ご予約でない場合は)事前にお電話でお問い合わせください。
午後 午後は原則予約のみです。
午前 午後

受付時間・診察開始時間

午前

【受付】午前8時~12時00分
【診療】午前9時
※外来においでの際に、診察室で次回診察日の予約を取ることが出来ます。
※都合により、休診や担当医が変更となる場合もございますので、(ご予約でない場合は)事前にお電話でお問い合わせください。

午後

午後は原則予約のみです。

呼吸器外科について

 呼吸器外科では肺癌や縦隔腫瘍を中心とした胸部の腫瘍性疾患の他に、気胸などの嚢胞性肺疾患、膿胸などの感染性肺疾患、そして外傷などを対象とした胸部の外科手術に対応しております。特に、低侵襲手術として胸腔鏡手術には力を入れており、従来の開胸手術と比較すると創が小さく、術後合併症が少ないなどの利点があります。これらの定型的な外科治療の他にも、どうしても原因が分からない、あるいは治らない気胸や胸水などでお困りの患者さんがおられましたらご相談ください。また、セカンドオピニオンも受け付けておりますので、随時ご相談下さい。
 近年、肺癌の治療においては、上皮成長因子受容体(EGFR)や未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)などの遺伝子変異の有無を確認し、変異分子に対する分子標的治療が行われています。また、血管内皮成長因子(VEGF)抗体や血管内皮成長因子受容体(VEGFR)抗体などの血管新生阻害剤や免疫チェックポイント阻害剤(PD-1抗体)なども保険適応となっており、肺癌は固形癌のなかで最も薬物治療が進んだ疾患の1つであり、個別化治療が求められる分野であります。
 呼吸器外科では肺癌などの胸部悪性腫瘍の治療に関しては手術のみならず、前述の薬物治療にも対応しております。また、会津地域の他施設あるいは福島市の大学病院などとも連携して胸部悪性腫瘍に対する集学的治療を行って参ります。更に、悪性腫瘍の患者さんへの対応として当センターの緩和ケア科とも連携をはかり、患者さんとご家族のご希望に叶う生活を支援させていただきます。

医師紹介

樋口 光徳(ひぐち みつのり)

職名

福島県立医科大学会津医療センター
外科学講座 准教授

専門分野

呼吸器外科全般、内視鏡外科手術、肺癌の薬物療法

資格等

医学博士(福島県立医科大学)、
日本呼吸器外科専門医、日本呼吸器外科学会評議員、
日本外科学会認定医、外科専門医、外科指導医、
がん治療認定医、がん治療暫定教育医、
肺がんCT検診認定医師、日本胸部外科学会認定医、
日本消化器外科学会認定医、
Certificate of da Vinci System Training
(As a Console Surgeon)、
International Association for Study of Lung Cancer(IASLC)会員

メッセージ

会津若松市出身です。平成6年に福島県立医科大学を卒業後は福島市の大学病院を中心に県内外の病院で研鑽を積んで参りました。また、米国留学中には肺移植の基礎と臨床を学んでおりました。この度、当センターでの呼吸器外科開設にあたりまして、その職務を担うこととなり、高校卒業以来久しぶりに地元へ戻って参りました。地元会津地区の患者さんのためにこれからも医学・医療を攻究し続け、地域医療に携わって参ります。どうぞよろしくお願い致します。

TOP