HOME > 大学院看護学研究科 > 博士後期課程

大学院 看護学研究科(博士後期課程)

看護学研究科 博士後期課程のご案内

博士後期課程のご案内

福島県立医科大学看護学研究科では、学生が修士課程・博士前期課程でこれまで学んできた専門知識を看護実践の観点から発展・深化させ、研究の成果を実践の場に還元できる研究者や指導者の育成を目指し、令和4年4月博士後期課程を開設(実践開発看護学領域)します。
 看護実践の場での疑問や検討課題を自ら解明・解決していく力を修得するために、本学研究科でともに学び、ともに未来の看護を創造していきましょう。

「実践開発看護学」とは

「実践開発看護学」とは、人々のニーズに応える新規性の高い独創的なケアと、それらを適時適切に人々に届けるケアシステムを創造し、その有効性を検証し、応用・発展させる方法論について教育・研究することを目的とする看護学です。
 複雑化・多様化する健康問題の解決に資する独創的で質の高い看護実践を開発するとともに、住み慣れた地域で生活したいと願う住民や保健医療福祉資源の偏在を抱える地域の健康問題解決をめざし、多職種連携も含む継続した看護実践のシステム形成を図る能力の修得を目指します。

1. 教育目標と3つのポリシー

博士後期課程の教育目標

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

  1. 社会のニーズに呼応したケアおよびケアシステム開発に関心を持ち、博士後期課程における学修の基盤となる看護学の専門知識を有する人
  2. 基礎的な研究能力を有し、自ら課題解決に取り組む意欲を有する人
  3. 国内外の文献を読み解く語学力と読解力を有し、グローバルな視点から課題を分析する能力を有する人
  4. 看護教育・研究者、看護実践指導者としてコミュニケーション能力、論理的思考力を有する人
  5. 博士後期課程修了後、看護教育・研究者、看護実践指導者として保健医療福祉の変革を牽引する意思のある人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. 人々のニーズに応えるケアおよびケアシステム開発の看護実践上の意義、その方法論について学修する。
  2. 看護実践上の課題を明確にし、課題解決のためのケアおよびケアシステム開発につながる研究課題および方法論を探求する。
  3. 看護現象と看護理論を吟味し、科学的な知見を理論へと発展させ、看護実践に応用できる方法を学修する。
  4. 看護実践上の課題の明確化、研究課題および研究方法論の構築を多彩的な視点から深化させる。
  5. 人々のニーズに応える新規性のある独創的なケアおよびケアシステムを考究し、看護実践の場に適用させ、その成果の検証を通して、地域の保健医療福祉の課題解決ならびに人々のQOLの向上に寄与できる研究を学位論文として産出する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

  1. 人々のニーズに応えるケアおよびケアシステム開発を志向した新規性の高い独創的な看護研究の基盤となる知識や方法論を修得している。
  2. 実践開発看護学の体系化と発展に寄与する看護研究を自立して計画、遂行し、看護実践に還元できる研究力と研究指導力を修得している。
  3. 高度な看護実践力と研究力・研究指導力を基盤に、看護教育・研究者、あるいは看護実践指導者として、研究活動の組織的な取り組みを推進し、看護実践に還元、その変革を指導・牽引できる能力を修得している。

2. 教育課程

開講科目

専門科目(8単位)
科目 単位 概要
ケア開発看護学特講 2 慢性化・複合化する健康障害をもちながら生活する療養者とその家族のケアニーズに応える看護実践の開発と検証方法を考究し、発達段階、健康段階および療養の場に応じたエビデンスのある革新的なケアを探求する。
ケアシステム開発
看護学特講
2 看護の対象となる人々が、健康問題をもちながら地域で生活していくための包括的かつ継続的なケアシステムのあり方について考究し、さまざまな健康問題、地域特性を活かした看護サービスの提供について探求する。
看護研究特講 2 看護学における看護現象の明確化、看護理論の開発、看護実践の成果の検証のための研究を自立して遂行する能力を養う。また、看護研究論文の分析を通じて、各学生が自身の研究・分析方法の検討等、研究計画書立案から論文作成まで必要な能力を養う。
実践開発看護学演習 2 実践開発に関連する文献検討とフィールドワークを通して、看護実践の対象者とその家族や環境、ケアに関わる専門職と関わりながら現状を把握し、看護実践の場における課題を抽出し、課題整理のための討議を教員・学生間で行うことにより、研究課題を洗練する。
選択科目(2単位以上)
科目 単位 概要
看護人材育成論特講 2 看護実践を担う人材の教育に必要となる学習理論を学び、看護専門職の生涯学習を支える看護基礎教育、継続教育およびその環境や社会との関連について学修し、人材育成能力を養う。
看護心理学特講 2 様々な心理学的理論や方法論を踏まえた看護実践について探求し、人間の心理状態、行動を理解するための基本概念を踏まえた高度な臨床判断、看護実践の開発を行う能力を身に付ける。
看護病態学特講 2 看護実践に必要な病態学の諸理論、国内外の最新の知見について学び、人間の身体に生起する病変の基本を知り、病態学的根拠を考慮した高度な臨床判断、看護実践の開発を行う能力を身に付ける。
選特別研究科目(6単位)
科目 単位 概要
実践開発看護学
特別研究
6 「実践開発看護学」に関する研究を計画・実施し学位論文にまとめる。これに必要な研究課題の焦点化、国内外の文献検討、研究デザイン・研究方法の検討、研究フィールドの確保、データ収集・分析等、研究者として自立して研究できる能力を修得する。

履修・博士論文作成のスケジュール

履修・博士論文作成のスケジュール

3. 特別研究担当教員

研究指導教員

教員名 主な研究指導内容 連絡先
黒田 るみ 看護実践を通して看護職者と看護の対象者が相互に影響を及ぼし合いながら、それぞれ変化していく過程の普遍的な構造を追究し、あらゆる看護に共通するコアとなる看護実践能力を探求する。 024-547-1869
坂本 祐子 高齢者の周手術期におけるせん妄・転倒等の医原性症候群は、生活機能を低下させるだけでなく、在宅復帰を困難にする問題である。入院時から予防ケアを提供するためのアセスメント、介入方法を追求する。 024-547-1846
佐藤 菜保子 診断期から終末期の各ステージにあるがん患者と家族の体験について理解を深め、がんとの共生を支える包括的支援システム構築や、がん患者・家族のQOLを高める看護実践について探求する。 024-547-1858
佐藤 冨美子
(令和4年4月着任)
がん看護学、クリティカルケア看護学領域における看護の現象を多角的に分析し、介入モデルの構築、アセスメントツールの開発および介入研究デザインを用いて患者および家族のQOLの維持・向上をめざす新たな看護実践を開発する。 022-717-7926

(令和4年3月まで)
三瓶 まり 少子高齢社会における母子の社会的環境を理解し、女性のライフサイクルに応じた健康を支え、子どもの健全な成長と発達を支えるために、自らがもつ研究課題を精錬し、解決する方法を学ぶ。 024-547-1971
関亦 明子 疾病により生じる療養者の身体的困難の解決方法や治療による有害事象を非侵襲的に予防する看護実践について、看護理工学的手法を用いて開発する。 024-547-1873
高瀬 佳苗 病気をもつ人から健康な人など多様な健康水準、乳児から高齢者, 終末期までの全発達段階、そして保健・福祉・医療などの多面的な生活(療養)の場に応じた対象の健康問題と課題を解決する看護実践を探求し、 ケアシステム開発の能力を修得する。 024-547-1832
盒 香子 公衆衛生看護の担い手である保健師の看護実践の質の向上および地域の健康課題解決のための地域ケアシステム構築に関する研究指導を行う。地域の健康問題を多角的に分析し、住民や多職種協働のもと効果的効率的に解決する看護実践の開発、検証、応用できる能力を養う。 024-547-1877
和田 久美子 子どもとその家族への看護は、発達段階の特徴に合わせて、子どもとその家族の持てる力を発揮できるように支えていく必要がある。そのためのアセスメントおよび看護実践について探求する。 024-547-1845
片桐 和子 がん看護学領域において化学療法や手術などの大きな侵襲を受ける対象者を多方面から理解し、その人らしく主体的な生活ができるよう支援するための看護実践について探求する。 024-547-1843

4. 取得学位・定員・修了要件

学位…博士(看護学)取得学位・定員・修了要件

お問い合わせ先 : 教育研修支援課
看護学部 教務係

電話(024)547−1806(直通)/ 内線:5112
FAX (024)547−1984
Eメール
スパムメール防止のため一部全角表記しています

▲TOPへ