教員紹介

  1. home

    >

  2. 教員紹介

助産師養成課程設置準備室 室長
別科担当教員

太田 操 教授

未来への鍵は今の自分が握っています

私は看護学生の時に、産科病棟での実習で初めて、健康な人を対象とするケアがあることに感動を覚えました。その頃は看護師になることを迷っている時期でした。そんな私が、助産師になって病院で働き、助産師教育に携わるようになりました。
人生は選択の連続です。そして、人生の可能性は無限大です。自分の未来は、現在の選択にあります。未来への鍵は、今の自分自身が握っているのです。

大学院担当教員

三瓶 まり 教授

助産師は女性と家族に
寄り添う専門職

助産師は、女性とその家族の健康を出産という視点からみつめ、寄り添い、支援していく専門職です。赤ちゃんが無事に生まれてくると、親と子の生命をつなぎ、家族をつなぎ、さらに人類の生命チェーンをつなぐ仕事をしているのだとやりがいを感じます。そして助産ケアを通して私もまた何らかの形で産婦の中に生き続けると考えています。そんな助産師の素晴らしさを教育で伝えていきたいと思います。

大学院担当教員

渡邉 一代 准教授

私が助産師を続けてこられた理由わけ

私は看護師としてNICUで勤務していた時に助産師になろうと決めました。その後、助産師として病院や施設、海外で勤務をして現在は教育に携わっております。私が助産師として大切にしているテーマの一つに「生きる力」があり、いまでは人生においても大切なテーマとなりました。仕事と生き方がリンクできたことは幸いでした。
さて、助産師に関心を持たれた皆様、是非一緒に学びませんか。助産師の仕事は女性とその家族の支援であり、その内容はマタニティサイクルとライフサイクルを含み多岐にわたります。きっとあなたも大切なテーマ・関心に出会うと思います。
ご縁がありますように。

別科担当教員

清水川 由美子 講師

助産師のやりがい

私は、妊産褥婦の持つ力を信じ、温かく、時には厳しい眼差しで寄り添って診断・ケアする先輩助産師の技に感動して助産師を目指しました。その後は助産師として長年病院で勤務し、助産師教育に関わっておりました。
助産師は、命に向き合いケアに責任を持ち、産婦のもつ力を信じ、見守り寄り添い、母子を取り巻く環境に対して支援します。さらに、女性のライフサイクルや家族の健康課題に対して関わり、地域の多職種と連携・協働して、母子とその家族を支援します。助産活動は、対象に対して生涯かけて自律し、責任を持ってケアを提供する、やりがいのある仕事だと思います。一緒に責任と情熱をもって助産活動をしませんか。
助産師を目指す方を応援・サポートします。

大学院担当教員

鈴木 妙子 助教

助産師の面白さ
探してみませんか(^-^)

小学生のころ曾祖母そして祖母から自宅出産の話を聞いた記憶があります。その頃から、“助産師って面白そうだなぁ”といった漠然としたイメージをもっていたのかもしれません。そして、実際これまで続けてこられたのはやはり助産師という職業の面白さが大きいと思います。

赤ちゃんが生まれる、家族が増えるその瞬間は何度立ち会っても緊張と感動があります。数年後、その時のお母さんと赤ちゃんが元気している姿を街で偶然みかけほっこりとした気持ちになることもあります。多くのお母さんと赤ちゃんの元気を支えつつも、逆に元気を頂いているのも助産師だと思います。これから助産師を目指す皆さん!助産師の魅力そして面白さを探してみませんか。皆さんの入学お待ちしています。

別科担当教員

髙橋 幸恵 助手

助産師ができること

助産師という職業に興味を持っていただきありがとうございます。
助産師は、出産の場面以外に女性のライフサイクルに合わせた支援活動をしています。私は、自分の技術で赤ちゃんを取り上げる助産師って凄い!!と思い、資格を取りました。そして、私自身が育児を経験し、子育て支援をしてくれる助産師がもっと身近にいたら良かったのに、と感じました。これからは、病院だけではなく地域で活躍する助産師が求められます。妊娠前から出産、子育て期、孫育て期まで切れ目のない支援ができる助産師を一緒に目指しませんか。