大学院看護学研究科修士課程助産師養成コース(仮称)

  1. home

    >

  2. 大学院看護学研究科修士課程助産師養成コース(仮称)

福島県立医科大学 大学院看護学研究科(修士課程)助産師養成コースは(仮称)は、現在、公立大学で東北初となる助産師養成大学院の開設に向けて準備をしております。
修士課程の2年間に助産師国家試験を受験するために必要な学習を行うとともに、助産学について深く学ぶことによって修士の学位が取得できます。
本コースの教育目的は、助産学の高度な知識と実践力を持ち、助産学の創造と発展のために福島県を初め、多くの地域でリーダーとなって貢献できる人材を育てることです。その目的を達成するために看護専門職として備えるべき倫理観を育成する科目、助産師に必要な高度な知識と技術を育成する科目、助産学の課題を探求しその成果を発信する能力を育成する科目を履修します。さらに2年間の集大成として指導教員のもと研究課題に取り組み、その成果を論文にまとめて研究論文を作成します。このプロセスを経験することによって、自らの疑問や社会の課題を解決する方法を学び、看護学や助産学に関する考えを深め、これ以降に続いていく助産実践活動の基盤を築くことができると考えており、教育に取り組んでまいります。

大学院看護学研究科修士課程助産師養成コース

修業年限 2年(長期履修制度なし)
入 学 定 員 5名/学年
取得学位・資格
  • 学位・修士(名称未定)
  • 助産師国家試験受験資格
出願資格

本学看護学研究科修士課程への出願資格※を満たし、かつ令和5年3月31日までに看護師免許または看護師国家試験受験資格を有する(取得見込みを含む)女子

  • 大学を卒業した者および令和5年3月31日までに卒業見込みの者
  • 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で、文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した者および令和5年3月までに修了見込みの者

別科助産学専攻(仮称)及び大学院看護学研究科修士課程助産師養成コース(仮称)への進学モデル

大学院担当:三瓶 まり教授からのメッセージ

少子高齢社会ですが出産はなくなることはありません。逆に出産への希望は多様化し、出産後の母と子のケア、不妊治療カップルへのケア、思春期世代の健康教育、更年期以降の女性の健康など助産師に期待される役割は増えています。課題を解決する研究能力を備え、病院や地域でリーダーとなって活躍する助産師を育成します。是非、皆さんの未来の選択肢に加えて頂けませんか。新しい学び舎でお待ちしております。