福島県立医科大学 医療人育成・支援センター

Center for Medical Education and Career Development
    
 トップページ
 センターの概要 
 スキルラボ 
 ターニングポイント
 福島医大模擬患者(SP)の会
 F D / S D とは?
 Medical English
 海外研修
 出前講座
 学校見学
 福島アドバンスド・コース
 (FACE)
 診断推論セミナー
 レジデントスキルアップセミナー
 各種講習会・セミナー
 医療・福祉体験プログラム
 福島県臨床研修病院
 ネットワーク
 イベントカレンダー
 教育研究業績
 相談コーナー
 サイトマップ
 お問い合わせ
 リンク

 今日は
  です。




                                  福島県立医科大学HPセンターTOPセンター長挨拶

 センター長挨拶



 医療人育成・支援センターは、平成20年4月、卒前医学教育と卒後臨床研修を一貫して支援する組織として本学内に設立されました。

 平成26年4月1日から本学の組織改正に伴い、当センターは、医学教育部門、臨床医学教育研修部門、看護学教育研修部門、災害医療総合学習センターの4部門が置かれ、それぞれ各部門が担う役割を果たし、学部教育・卒後教育の充実をはかり、よき医療人の育成を目指して取り組んでいます。
 医学部においては、いわゆる72週問題に端を発した医学教育の改変の波に直面しています。現在、福島医大医学部の臨床実習は50週ですが、平成30年度の4年生からは72週となります。単に実習時間を増やせばよいのではなく、中味の充実が不可欠です。福島医大光が丘協議会加盟の病院の協力を頂きながら、本学の教育力UPを早急に諮らなければなりません。BSLの充実は卒後臨床研修教育に直結しますし、実習充実のための教育力UPは、診療自体の向上に繋がります。

 平成33年度から、新たに診療放射科、理学療法、作業療法、および臨床検査に関する新学部が設立され、福島医大は医療系の総合大学に生まれ変わります。医学部、看護学部と連携しながら、学部を越えた教育ができる体制を整え、実現させます。

 災害医療総合学習センターは、災害医療・放射線医療に係る教育・研修体制の充実、人材育成に取り組んでおり、福島医大生に対する教育だけでなく、県内はもとより、県外からも多くの人を受け入れています。その活動は、国内外から高く評価されています。

 当センターは、本学の横断的組織として、総合科学、生命科学・社会医学、臨床医学、また、医学部、看護学部の学部を越えて、学生から医師、看護師まで医療人としての成長をシームレスに支援しています。

 今後も当センターにご支援とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                           
                                            福島県立医科大学 医療人育成・支援センター 
                                              〒960-1295 福島市光が丘1番地
                                              п@024-547-1047  FAX 024-547-1715