福島県立医科大学 医療人育成・支援センター

Center for Medical Education and Career Development
    
 トップページ
 センターの概要 
 スキルラボ
 ターニングポイント
 福島医大模擬患者(SP)の会
 F D / S D とは?
 Medical English
 海外研修
 出前講座
 学校見学
 福島アドバンスド・コース
 (FACE)
 診断推論セミナー
 レジデントスキルアップセミナー
 各種講習会・セミナー
 医療・福祉体験プログラム
 福島県臨床研修病院
 ネットワーク
 イベントカレンダー
 教育研究業績
 相談コーナー
 サイトマップ
 お問い合わせ
 リンク

 今日は
  です。


 


                                 福島県立医科大学HPセンターTOP災害医療総合学習センター

 災害医療総合学習センター 

センター長(教授兼任)
医学教育部門副部門長 石川 和信

大津留 晶

臨床医学教育研修部門について

 災害医療総合学習センターは、災害復興の最前線で日々活躍されている医療関係者やこれから福島の医療に携わる学生の皆さんのために、今回の経験に根差したより実践的教育ができることを目指して設立されました。

 災害医療の総合学習とは、On-the-Job Training が不可能な災害時やその復興に対応した、実践演習や机上訓練、連携構築を基に、新たな災害に備えた医療と災害からの復興に向けた優れた医療関係者および医療・保健関連職種の担い手を育成することを目的としています。緊急放射線被ばく医療については、国の研究所はありましたが、一部の専門家のみが対象だったため、より広範囲で長期的な医療が必要となる放射線災害医療について、本センターは、専門家以外の皆さまでも進んで対応できることを目的としています。

 災害医療全般の教育については、中心となる緊急被ばく医療や地域保健のみならず、幅広い学問体系が必要とされているため、センターと福島県立医科大学内の各講座の先生方も加わった新しい教育体制の構築を進めています。震災を経験した福島だからこそできる、フィールド実践的な教育を特徴として、学内外の人と人とのつながりと現場からのボトムアップの窓口として、既存の枠にとらわれない活動を行っています。災害や放射線被ばく医療の最前線で学んだことは、住民の生活基盤の安定と、より早い地域復興にも貢献できると考えています。
  


   事業内容
教育
 ・BSL(臨床実習)
 ・学生のための福島災害医療セミナー
 ・Medical Training Course in Fukushima
 ・ベラルーシ医科大学・ゴメリ医科大学への学生派遣
 ・e-learning
地域貢献
 ・福島災害医療セミナー
 ・よろず健康相談事業
                                            福島県立医科大学 医療人育成・支援センター 
                                              〒960-1295 福島市光が丘1番地
                                              п@024-547-1047  FAX 024-547-1715