小児科医を志している方々へ
小児科の魅力としては、1)こどもには夢があり、未来がある、2)疾患のはじまりから観察できるので、病気の本体を解明するのに最も近距離にある、3)新生児から成人まで、急性疾患から慢性疾患まで、さらには健康診断から予防医療まで、幅広い医学を学ぶことができる、4)常に全身を診る訓練を受けているので、将来ホームドクターを目指すにも好都合である、などが挙げられます。将来を担うこども達を対象とした小児医学は、大変やり甲斐がある分野であると思います。
医学は日進月歩しており、最近の小児科学が受け持つ領域は非常に範囲が広くなり、かつ専門分野に細分化されてきています。しかし、専門化されて偏った小児科医になることは、私達の望むところではありません。当科では、こども達に信頼される広い視野と高い技術を身に付け、臨床の裏付けとなる研究を遂行する科学する眼を養い、そして病めるこども達を救いたいと願う熱いこころを持った「頼りになる小児科医」を目標にしています。


当科では、広く入局者を募集いたしております。

お問い合わせは、
pediat@fmu.ac.jp
当院の卒後研修プログラムや当科の小児科専門研修研修プログラムについては、
当ホームページ
「小児科専門研修プログラム」
福島県立医科大学ホームページ
「研修希望のみなさまへ」

を御参照ください。

本年の小児科専門研修研修プログラム(専攻医)の応募者募集は下記のとおりです。

           記

応募手続
1.応募期間  平成28年8月1日(月)~9月30日(金)(随時、ご相談ください)
2.応募方法  応募申請書をメール(pediat@fmu.ac.jp)宛添付、又はご持参下さい。




安達太良 吾妻
福島市から見た安達太良連峰(左)と吾妻連峰(右)