TEL0242-75-2100

看護部の紹介

about

看護部について

会津医療センター附属病院副病院長兼看護部長 山田 香代子

 当院は、平成25年に診療・研究・教育機能を有する公立大学法人福島県立医科大学会津医療センター附属病院となりました。地域包括ケアシステムにおける役割として「専門性の高い医療の提供」があります。近隣の医療機関との連携を図り専門性を活かすことにより、会津で完結できる医療をこれからも実践していく役割を担っております。

 看護部としても、病棟・外来・患者支援センターにおいて「その人の看護」「切れ目のない看護」の充実に取り組んできました。その人にとって必要とされた時に必要な場所で適切な人によって看護が受けられるよう、退院支援や退院調整をそれぞれの部署でさらに推進していきます。

 新型コロナウイルス感染症の影響が続いておりますが、患者さんやご家族、地域住民の方々がいつまでも住み慣れた地域でその人らしい生活が継続できるように、治療環境のマネジメント及び地域の保健・医療・福祉との連携を図り、健康の維持とセルフケア能力の維持・向上を支援して参ります。

会津医療センター附属病院副病院長兼看護部長

山田 香代子

スローガン
看護部ミーティング風景

看護部理念

新しい地域医療の創造に貢献できる人間性豊かな優れた看護師を育成し、安全で質の高い看護を提供します。

看護部目標

  • 命と人権とプライバシーを尊び、高い倫理観のもと、患者さんと家族の思いに沿った心温まる看護を提供します。
  • 医療事故防止に努め、科学的根拠に基づいた安全で安心な看護を提供します。
  • チーム医療に看護の専門性を発揮できるよう、人間性豊かな看護師の成長を支援します。
  • 地域住民がより健康的な生活ができるよう、切れ目のない継続した看護を提供します。
  • 日々進歩する医療、看護について自己研鑽し私たちの看護を発信します。

2022年度目標

  • その人の看護・切れ目のない看護ケアの質の向上を図る
  • 人間性豊かな感性を磨き、患者・家族の思いに沿った支援を行う
  • 与えられた役割を発揮しチーム力を強化する
  • 看護の実践者として、やりがいをもって役割モデルとなる