HOME > 大学紹介 > 大学トピックス

福島県立医科大学 トピックス 

「医療体験セミナー」に参加しました。


講演を行う、木村隆教授

糸と針を使った傷口縫合体験

皆さん熱心に取り組んでいました

縫合キット

2017年9月18日(月)、郡山ビッグパレットにおいて、福島県教育委員会主催による「ふくしまの未来を医療で担う夢応援事業 医療体験セミナー」が開催され、医療の仕事に興味を持つ中学生、約500名が参加しました。
本学からは外科研修支援担当教授で肝胆膵・移植外科学講座の木村隆教授が基調講演を行ったほか、医療体験ブースを出展しました。

講演では、木村教授が「孤高の外科医vsチーム医療 ~高度な外科手術の現場から〜」と題し、会場の中学生と対話を交えながら外科医療の現状について話をしました。最初は緊張した様子の生徒たちも徐々に打ち解けて、自分なりの考えを口にするようになり、自らの将来の夢に思いをはせていました。
また、午後から始まった医療体験では、傷の縫合体験を実施。本学の医師の指導の下、手術に使用する本物の器具を使って、ダミーの皮膚につけた傷を縫い合わせました。
予想以上に器用な中学生が多く、指導の先生らを驚かせていました。先生に褒められ、照れくさそうに笑う中学生もいました。
このセミナーでの講話や体験が、参加した生徒たちの夢の後押しになり、近い将来、本学に入学してくることを期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

担当 : 広報コミュニケーション室

電話 024-547-1016
(事務:企画財務課)
/ FAX 024-547−1991

 

▲TOPへ