HOME > トピックス記事
福島県立医科大学

【訃報】公立大学法人福島県立医科大学会津医療センターの盖彁頬センター長が御逝去されました。

2022.03.25

 公立大学法人福島県立医科大学会津医療センターの盖彁頬センター長が、2022年3月24日(木)に御逝去されました。

 盖彑萓犬砲蓮当センターの開設当初より、センター長をお務めいただき、会津地域における医療の発展にご尽力いただいたばかりか、医療人材の育成と確保にも多大なるご貢献をいただきました。盖彑萓犬鈴省鵑棒椶掘衷心より哀悼の意を表します。

 盖彑萓犬蓮1954 年東京大学医学部医学科を御卒業後、シカゴ大学留学などを経て、自治医科大学内科教授、東京大学医学部第三内科教授、東京大学医学部長、国立病院医療センター院長、国立国際医療センター総長を歴任され、1996 年から 2012 年まで自治医科大学学長、2004年から2017年まで日本医学会第6代会長も務められました。
 さらに、「血色素合成の調節、その病態生理学的意義」でベルツ賞第1位を受賞されたほか、武田医学賞、上原賞、持田記念学術賞、井上春成賞、日本医師会最高優功賞、紫綬褒章、瑞宝大綬章など多数の賞を受賞され、医学界において、文字通り余人に代えがたい多大なご貢献と足跡をお残しになられました。

 そして、2013年5月12日から現在まで、福島県立医科大学 会津医療センターの初代センター長にご就任いただき、スピーディーな意思決定で、当センターの会津地域における中核医療機関としての揺るぎない基盤を築いていただきました。公立の医療機関としては、他に類を見ない「漢方医学センター」を設け、地域の高齢患者の高い信頼を得たほか、「血液疾患治療センター」、「最先端内視鏡診断治療センター」、「脊椎・脊髄先進医療センター」など、専門領域に特化した高度な医療を提供する部門を次々に開設され、会津地域の医療の発展のために多大な御尽力をいただきました。

 盖彑萓犬残されたお教えのもとに、私どもは今後も真摯に地域医療の課題に向き合い、「福島モデル」の創成を目指し最大の努力をしてまいります。

 結びに、医学界、さらには福島県への御貢献と御尽力に対し深い感謝の気持ちを捧げます。ご冥福をお祈り申し上げます。



                              公立大学法人福島県立医科大学
                               理事長兼学長 竹之下 誠一

▲TOPへ