トップページ画像:我々の講座は地元地域に根ざした「予防医学」の実践を目指しております。

新着情報

2021/9/10
カンファランスの情報を更新しました。9/10に開催されます。
2021/9/1
日高講師の論文「カリキュラム移行により1年前倒しされた社会医学実習における同年度異学年の学生自己評価・客観的評価の比較:レディネスに着目して」が医学教育誌に掲載されました。
2021/8/24
今年度の衛生学・予防医学講演会の情報を更新しました。詳細は講演会のページをご確認ください。
2021/7/23
本学神経精神医学講座との共同研究 "Long-term observation of mortality among inpatients evacuated from psychiatric hospitals in Fukushima prefecture following the Fukushima nuclear disaster" がScientific Reports誌に掲載されました。講座の各務准教授・日高講師が解析に協力をした論文です。以下よりご覧いただけます。→Nature / Scientific Reports
日高講師が解析に協力した論文 "Evaluation of the antimicrobial effectiveness of ozonated water for handwashing in the presence of organic material contamination using the ASTM E2946-13 standard test method" がJournal of food protection誌に掲載されました。以下よりご覧いただけます。→International Association for Food Protection / Journal of Food Protection
2021/7/21
講座の各務准教授が7月21日放映「げっきん」(TUF/テレビユー福島)にて、第2弾となる熱中症対策に関する解説を行いました。当日のテレビ映像がYoutubeにて公開されております。→[げっきんS]専門医に聞く!(熱中症対策A)
2021/7/20
講座の各務准教授が7月17日の福島民報にて熱中症に対する予防策を解説しました。暑さに体が慣れる「暑熱順化」の重要性や、その具体的方法などを紹介しております。福島民報社の許可を得て紙面をPDFにて公開します。→「夏幕開け 高まる期待」(27面)

ご案内

講演会等
【2021/8/24更新】新型コロナウイルス感染症の流行状況を鑑み、本年度(2021年度)の衛生学・予防医学講演会は、12/11(土)の15時より開催の予定へと変更しました。詳細は講演会のページをご確認ください。なお、今年度は事前申込受付を想定しておりますが、この点につきましては後日、当ホームページにて詳細をお知らせいたします。
大学院・専門医
当講座では、「福島県社会医学系専門医研修プログラム」の研修連携施設として、おもに「産業・環境領域」を担当しております。現在までに、1名の者が産業医としての実践および産業保健領域での研究を通じ、プログラムを修了し、社会医学系専門医を取得しました。産業保健や環境医学の実践および研究に関心がある方、さらに社会医学系専門医の取得をお考えの方は、お気軽に当講座(hygi@fmu.ac.jp)までご連絡ください。福島県の研修プログラム案も、あわせてご確認ください。
統計相談
当講座では学内研究者向けの統計相談も承っております。統計解析だけでなく、研究デザインの段階からのご協力も可能です。お困りの際はお気軽にご相談ください(内線2201またはhygi@fmu.ac.jpまで)。2020年度は10件以上のご相談を承りました。また、言葉の分析(計量テキスト分析や質的分析法)についても対応可能です。お問い合わせください。
大学院・専門医
当講座は大学院生を募集しています。詳しくは大学院生募集のページをご覧下さい。過年度の修士論文・博士論文の論題も掲載しております。

お知らせ

春日助教・日高講師が編集・分担執筆を担当した書籍『質的研究法マッピング―特徴をつかみ、活用するために』が、新曜社より刊行されております(6刷決定!)。内容の詳細は、出版社のページよりご確認いただけます。→質的研究法マッピング(新曜社)