トップページ画像:我々の講座は地元地域に根ざした「予防医学」の実践を目指しております。

新着情報

2023/1/12
次回の大学院カンファランスは2/2(木)18時より開催します。詳細はカンファランスのページをご確認ください。
2023/1/5
各務准教授が統計解析を担当した論文 "Current status of the satisfaction levels of adult patients receiving drugs for atopic dermatitis and chronic urticaria" が第52回皮膚免疫アレルギー学会にて最優秀論文賞として表彰を受けました!本賞は皮膚免疫アレルギー学会の英文紙Journal of Cutaneous Immunology and Allergy誌に掲載された論文の中から最も優れた内容の論文を最優秀論文賞として表彰するものです。論文はこちらよりご覧いただけます。→Journal of Cutaneous Immunology and Allergy / Wiley
2022/10/24
遠藤助教の論文 "Reliability and validity of the Japanese version of the weight bias internalization scale" がBMC Research Notes誌に掲載されました。以下よりご覧いただけます。BMC Research Notes / BMC
2022/10/18
各務准教授が10月14日(金)に福島中央テレビ「ゴジてれChu!」に出演し、寒暖差が大きい季節の変わり目に注意したい気象病とその予防について概説しました!「気象病」とは季節の変わり目に伴って生じる様々な病気であり、その予防には毎日の天気予報を確認することが重要であることを述べています。詳細は福島中央テレビニュースからもご確認いただけます。→毎日天気予報を見ること!が気象病予防に?寒暖差が大きい季節の変わり目に注意したい予防対策を考える(福島中央テレビニュース)
2022/10/17
日高講師が日本居住福祉学会より2022年度日本居住福祉学会学術賞(論文部門)を受賞しました!同賞は居住福祉研究の一層の発展を図るため、本学会員のうちで顕著な研究業績をあげた者を顕彰し、研究奨励を行うことを目的としています。論文の掲載誌は問わず、居住福祉研究としての意義を備えた研究が評価対象となります。本年の受賞者は日高友郎ら(衛生学・予防医学講座)の研究グループのみであり、「住み続ける環境を問う貴重な研究である」との観点から高い評価を得て、受賞に至りました。
2022/9/1
日高講師の論文 "Concerns related to returning home to a “difficult-to-return zone” after a long-term evacuation due to Fukushima Nuclear Power Plant Accident: A qualitative study" がPLOSONE誌に掲載されました。以下よりご覧いただけます。PLOSONE / PLOS
2022/5/30
5月25日〜28日に開催された第95回日本産業衛生学会におきまして、各務竹康准教授の演題「暑熱環境下での屋外作業における熱中症発生リスクの事前予測因子」が産業医部会部会長表彰を受けました!受賞時の写真を掲載します(向かって右が各務准教授)。

ご案内

大学院・専門医
次回の大学院カンファランスは2/2(木)18時より開催します。詳細はカンファランスのページをご確認ください。
講演会等
2022年12月10日に開催されました衛生学・予防医学講演会は、おかげさまで盛況のうちに終えることが出来ました。多数のご参加をいただきましたこと、御礼申し上げます。
大学院・専門医
当講座では、「福島県社会医学系専門医研修プログラム」の研修連携施設として、おもに「産業・環境領域」を担当しております。現在までに、1名の者が産業医としての実践および産業保健領域での研究を通じ、プログラムを修了し、社会医学系専門医を取得しました。産業保健や環境医学の実践および研究に関心がある方、さらに社会医学系専門医の取得をお考えの方は、お気軽に当講座(hygi@fmu.ac.jp)までご連絡ください。福島県の研修プログラム案も、あわせてご確認ください。
統計相談
当講座では学内研究者向けの統計相談も承っております。統計解析だけでなく、研究デザインの段階からのご協力も可能です。お困りの際はお気軽にご相談ください(内線2201またはhygi@fmu.ac.jpまで)。2021年度は10件以上のご相談を承りました。また、言葉の分析(計量テキスト分析や質的分析法)についても対応可能です。お問い合わせください。
大学院・専門医
当講座は大学院生を募集しています。詳しくは大学院生募集のページをご覧下さい。過年度の修士論文・博士論文の論題も掲載しております。

お知らせ

春日助教・日高講師が編集・分担執筆を担当した書籍『質的研究法マッピング―特徴をつかみ、活用するために』が、新曜社より刊行されております(7刷決定!)。内容の詳細は、出版社のページよりご確認いただけます。→質的研究法マッピング(新曜社)

日高講師ならびに鈴木祐子(東京医療学院大学)・照井稔宏(福島県立医科大学神経精神医学講座)ら3名が分担執筆を担当した書籍『福島原発事故被災者 苦難と希望の人類学――分断と対立を乗り越えるために』が、明石書店より10月20日に刊行されております。内容の詳細は、出版社のページよりご確認いただけます。→福島原発事故被災者 苦難と希望の人類学(明石書店)

春日助教の単著である『親の期待に対する大学生の適応について――期待を記号としたモデルの提案』が、ナカニシヤ出版より刊行されております。内容の詳細は、出版社のページよりご確認いただけます。→親の期待に対する大学生の適応について(ナカニシヤ出版)