お問い合わせ
復興事業推進課
024-547-1686
hukkou@fmu.ac.jp

福島の復興を健康面から支えるふくしま国際医療科学センター

ふくしま国際医療科学センターの部門

  • 先端臨床研究センター:研究成果を実らせ、先端医療機器による超早期診断法や新薬の開発などを通して県民の皆様に高度な医療をお届けします。
  • 放射線医学県民健康管理センター:木陰が安心な場を作るように、調査や検査を通して、震災原発事故後の県民の皆様の健康状態を長期にわたり見守り、必要とされる支援に取り組んでまいります。
  • 先端診療部門:大きく広がる枝や葉のように、福島の医療の砦として、幅広い医療分野をカバーし、必要とする皆様に高度な医療を提供できる体制を整え、実施します。
  • 医療-産業トランスレーショナルリサーチセンター:医療界と産業界など、他の組織との架け橋役となり、新たな産業の創出や新薬開発の支援を行い、さらには雇用の創出も目指します。
  • 教育・人材育成部門:福島にしっかりと根差し、研究、診療、教育、県民の健康の見守り、という使命を高い次元で実現できる医療人の育成を行います。
  • 健康増進センター
  • 甲状腺・内分泌センター

福島県立医科大学では、平成23年11月に発生した震災、原子力発電事故から福島の復興を医療面から支え、その取り組みを日本、さらには広く世界に示していたため、復興に向けた医療の拠点となる「ふくしま国際医療科学センター」を整備運営してまいります。

お知らせ

お知らせ17-07-21
吉野復興大臣・長沢復興副大臣が御来学されました(平成29年7月18日)
お知らせ17-06-05
第2回放射線災害・医科学研究拠点カンファランスを開催しました(平成29年6月3日)
お知らせ17-05-17
公明党 井上義久幹事長が来学されました(平成29年5月15日)
研究17-04-21
日本放射線技術学会総会学術大会でCyPos賞銅賞受賞(先端臨床研究センターHPへ)
行事・イベント17-03-01
放射線災害・医科学研究拠点「県民公開大学」を開催しました。(平成29年2月4日)