神先 秀人 (カンザキ ヒデト)

KANZAKI Hideto

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

理学療法、リハビリテーション、運動学

メールアドレス

メールアドレス

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   保健科学部   理学療法学科   教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学  文学部  卒業  1988年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学大学院  医学系研究科  修士課程  修了  2004年03月

  • 神戸大学大学院  医学系研究科  博士課程  修了  2009年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学 -  博士(保健学)  2009年03月

  • 神戸大学 -  修士(保健学)  2004年03月

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1981年04月
    -
    1985年03月

    京都市身体障害者リハビリテーションセンター 訓練科 理学療法士

  • 1985年06月
    -
    2004年03月

    京都大学医学部附属病院 理学療法部 理学療法士

  • 2004年04月
    -
    2009年03月

    山形県立保健医療大学保健医療学部 理学療法学科 助教授 (2007-2009 准教授)

  • 2009年04月
    -
    2020年03月

    山形県立保健医療大学保健医療学部 理学療法学科 教授

  • 2020年04月
    -
    継続中

    福島県立医科大学 新医療系学部設置準備室 教授

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本理学療法士協会  日本国

  • 日本義肢装具学会  日本国

  • 日本体力医学会  日本国

  • 臨床バイオメカニクス学会  日本国

  • 理学療法科学学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • リハビリテーション科学・福祉工学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 理学療法士   1981年05月

教育・研究活動状況 【 表示 / 非表示

  • 専門理学療法士(基礎理学療法) (登録番号2017S-01-000011) 専門理学療法士(運動器) (登録番号2017S-03-000027)
    専門理学療法士(生活環境支援)(登録番号2017S-05-000023         

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 坐骨がロープを乗り越える運動が座位の定位と安定性にもたらす影響

    高橋俊章, 白田奈菜, 永瀬外希子, 赤塚清矢, 神先秀人

    山形保健医療研究  24   47 - 53   2021年03月

    共著 

  • How does wearing slippers affect the movement strategy while crossing over an obstacle?

    Ohtsu Hajime, Togashi Ryusuke, Hiramuki Mina, Yoshida Shinya, Minamisawa Tadayoshi, Kanzaki Hideto

    Gait & Posture  86   17 - 21   2021年02月

    共著 

    DOI

  • 【歩行PART 2 運動器疾患と歩行指導】転倒・骨折予防のための歩行評価とアプローチ

    神先 秀人, 池添 冬芽, 大津 創

    理学療法ジャーナル  54 (12) 1427 - 1435   2020年12月

    共著  ISBN: 0915-0552

  • Effects of Restriction of Forefoot Rocker Functions by Immobilisation of Metatarsophalangeal Joints on Kinematics and Kinetics during Walking

    Toshiaki Takahashi, Tokiko Nagase, Seiya Akatsuka, Tatsuya Nakanowatari, Hajime Ohtsu, Shinya Yoshida, Hitoshi Makabe, Kouji Ihashi, Hideto Kanzaki

    The Foot    101743 - 101743   2020年09月

    共著  ISBN: 0958-2592

    DOI

  • Does the balance strategy during walking in elderly persons show an association with fall risk assessment?

    Hajime Ohtsu, Shinya Yoshida, Tadayoshi Minamisawa, Natsuki Katagiri, Tomofumi Yamaguchi, Toshiaki Takahashi, Shin-Ichi Yomogida, Hideto Kanzaki

    Journal of biomechanics  in press   109657 - 109657   2020年01月

    共著 

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 運動療法学 : 障害別アプローチの理論と実際

    市橋, 則明 (担当範囲:第1章.運動療法の基礎知識、3節「骨の構造と機能」)

    文光堂  2014年02月  ISBN: 9784830645037

  • 病態運動学

    奈良, 勲, 星, 文彦, 新小田, 幸一, 臼田, 滋 (担当範囲:第6章、機能的制限レベル,運搬)

    医学書院  2014年01月  ISBN: 9784260016308

  • 筋骨格系理学療法を見直す : はじめに技術ありきの現状からどう新展開するか

    対馬, 栄輝 (担当範囲:第3章,2.「リスク評価について」)

    文光堂  2011年10月  ISBN: 9784830643873

  • 理学療法臨床実習とケーススタディ

    鶴見, 隆正, 辻下, 守弘, 奈良, 勲 (担当範囲:第7章,Ⅱ.「変形性股関節症」)

    医学書院  2011年03月  ISBN: 9784260012072

  • リスク管理 : その解釈と統合 : 積極的な理学療法を目指して

    嶋田, 智明, 大峯, 三郎, 神先, 秀人 (担当範囲:巻頭論文「リスク管理のとらえ方・考え方」)

    文光堂  2010年05月  ISBN: 9784830643705

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 歩行中の骨盤の動きが重心移動および機械的効率性に与える影響

    補助・助成

    研究期間: 2015年04月 ~ 2018年03月 

    代表者:  神先 秀人  連携研究者:  真壁 寿, 高橋 俊章, 南澤 忠儀, 赤塚 清矢, 永瀬 外希子, 伊橋 光二

    本研究では、骨盤の動きに制限を加えた時の歩行の機械的効率性や下肢・体幹の運動学的指標、下肢の筋活動に与える影響を明らかにすることを目的とした。健常若年者を対象に、装具などを用いて人工的に脚長差や股関節、膝関節および体幹の運動制限の状態を作り、歩行の運動学的指標や運動力学的指標に関して、制限のない場合と比較した。快適歩行速度においては、あらゆる条件において、下肢関節などに種々の代償運動が働き、歩行中の重心移動の機械的効率性が保たれることが示唆された.今回得られた結果は、加齢や種々の障害により形態異常や関節運動制限をきたした患者の歩行評価を行う上で、対照データとして有用な資料となり得ると考える。

  • 非線形解析による歩行ダイナミクスの評価とその臨床的応用に関する研究

    補助・助成

    研究期間: 2014年04月 ~ 2017年03月 

    代表者:  真壁 寿  連携研究者:  神先 秀人, 南澤 忠儀

    本研究の目的は歩行時のストライドインターバル(SI)の変動を非線形解析によって評価し、その臨床的な有用性を検討することである。非線形解析の評価パラメータは、スケーリング指数(α)と近似エントロピー(ApEn)とした。αはSIの変動の長期相関を表し、ApEnはSIの変動の規則性を表す。研究の結果、杖使用、脚長差によってαとApEnは有意に変化した。αとApEnは年齢によって有意に変化し、特に認知課題を負荷することによって、その差は顕著になった。これらは年齢による歩行中の脳内ネットワーク機能の低下によりもたらされたと考えられ、αとApEnは脳内ネットワーク機能の低下を示す有益な指標と考えられた。

  • 足部ロッカー機構の運動力学的分析

    補助・助成

    研究期間: 2012年04月 ~ 2015年03月 

    代表者:  神先 秀人  連携研究者:  伊橋 光二, 真壁 寿, 高橋 俊章, 南澤 忠儀, 赤塚 清矢, 永瀬 外希子

    歩行中に足部で生じる3つのロッカー機能の生体力学的役割を,それらに制限を加えることで逆説的に検討した.ロッカー機能の制限により,歩行速度因子の低下とともに,重心移動パターンや下肢の関節運動,関節モーメント,衝撃吸収,足圧分布等に変化をもたらしたが,重心移動の円滑性を示す,運動エネルギーと位置エネルギーの交換率は保たれていた.ロッカー機能の制限により重心の前方移動が阻害されるが,少なくとも若い健常者においては,種々の代償等により,歩行の機械的効率性が保たれることが示唆された.

  • 下肢の関節を守るための重量物の運搬方法

    補助・助成

    研究期間: 2009年04月 ~ 2012年03月 

    代表者:  神先 秀人  連携研究者:  伊橋 光二, 真壁 寿, 高橋 俊章, 南澤 忠儀, 赤塚 清矢, 永瀬 外希子, 三和 真人, 鈴木 伸弥, 佐々木 和宏

    「両肩で背負う」,「前方にて両手で抱える」,「右手でさげる」,「右肩にかける」の4種の運搬方法における下肢や脊柱の関節へ加わる負荷を,筋活動ならびに運動力学的分析により比較した.片手で持つ方法では,対側の股関節のみではなく,対側脊柱や同側膝関節へ大きな負荷が加わること,両手で抱える方法では,体重の20%の負荷で,両側の脊柱起立筋に,無負荷時の約2倍の筋活動を生じさせ,脊柱に大きな負荷が加わることが示唆された.

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Biomechanical effects of knee extension position fixation while walking

    World Confederation for Physical Therapy (WCPT) Congress 2019 

    2019年05月
     
     

  • 身体活動による股関節への負荷

    第43回日本股関節学会学術集会 

    2016年11月
     
     

  • 足部ロッカー機能と足底圧分布との関連性

    第51回日本理学療法学術大会 

    2016年06月
     
     

  • Biomechanical Analysis of Forefoot Rocker in Walking

    17th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy 

    2015年05月
     
     

  • エビデンスに基づく高齢者の転倒・骨折予防

    第32回東北理学療法学術大会 

    2014年11月
     
     

全件表示 >>