有吉 健太郎 (アリヨシ ケンタロウ)

ARIYOSHI Kentaro

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

放射線生物学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-581-5562

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   福島県立医科大学   総合科学教育研究センター   准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 長崎大学  薬学部  薬科学科  卒業  2001年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 長崎大学大学院  薬学研究科  博士前期課程修了  修士課程  修了  日本国  2003年03月

  • 長崎大学大学院  医歯薬学研究科  博士後期課程  博士課程  その他  日本国  2006年03月

  • 京都大学大学院  医学系研究科  生理系専攻 博士後期課程  博士課程  単位取得満期退学  日本国  2007年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  医学博士  2007年07月

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2007年05月

    大阪府立大学 産学官連携イノベーションセンター 研究員

  • 2007年07月
    -
    2009年06月

    独立行政法人 放射線医学総合研究所  博士研究員

  • 2009年07月
    -
    2012年10月

    The Wistar Institute gene expression and regulation program (Nishikura lab)  Postdoctoral Fellow

  • 2012年11月
    -
    2014年03月

    独立行政法人 放射線医学総合研究所 博士研究員

  • 2014年04月
    -
    2019年09月

    弘前大学 助教

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会  日本国

  • 日本放射線影響学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 放射線・化学物質影響科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluation of Global DNA Methylation and Gene Expression of Izumo1 and Izumo1r in Gonads after High- and Low-Dose Radiation in Neonatal Mice

    Akifumi Nakata, Keisuke Sato, Yohei Fujishima, Valerie Goh Swee Ting, Kanade Nakayama, Kentaro Ariyoshi, Chizuru Tsuruoka, Yi Shang, Daisuke Iizuka, Shizuko Kakinuma, Hideaki Yamashiro, Tomisato Miura

    Biology    2021年12月

    共著 

    DOI

  • Radiation emergency medical preparedness for cytogenetic biodosimetry in Hirosaki University, Japan

    Tomisato Miura, Goh Valerie Swee Ting, Yohei Fujishima, Kai Takebayashi, Ryo Nakayama, Kosuke Kasai, Kentaro Ariyoshi, Takakiyo Tsujiguchi, Mitsuaki A. Yoshida

    AIP Conference Proceedings     2021年11月

    共著 

    DOI

  • Cytokinesis-block micronucleus assay performed in 0 and 2 Gy irradiated whole blood and isolated PBMCs in a 6-well transwell co-culture system

    Valerie Swee Ting Goh, Kai Takebayashi, Ryo Nakayama, Yohei Fujishima, Mitsuaki A Yoshida, Kosuke Kasai, Kentaro Ariyoshi, Tomisato Miura

    International Journal of Radiation Biology     2021年09月

    共著 

    DOI

  • Morphological reproductive characteristics of testes and fertilization capacity of cryopreserved sperm after the Fukushima accident in raccoon (Procyon lotor)

    Kazuki Komatsu, Tsugumi Iwasaki, Kosuke Murata, Hideaki Yamashiro, Goh Swee Ting Valerie, Ryo Nakayama, Yohei Fujishima, Takumi Ono, Yasushi Kino, Yoshinaka Simizu, Atsushi Takahashi, Hisashi Shinoda, Kentaro Ariyoshi, Kosuke Kasai, Masatoshi Suzuki, Maria Grazia Palmerini, Manuel Belli, Guido Macchiarelli, Toshitaka Oka, Manabu Fukumoto, Mitsuaki A Yoshida, Akifumi Nakata, Tomisato Miura

    Reproduction in Domestic Animals  56 (3) 484 - 497   2021年05月

    共著 

    DOI PubMed

  • Human resource development for cytogenetic biodosimetry at Hirosaki University

    Tomisato Miura, Kosuke Kasai, Yu Abe, Yohei Fujishima, Valerie Goh, Swee Ting, Ryo Nakayama, Kai Takebayashi, Naomi Sasaki, Kentaro Ariyoshi, Akifumi Nakata, Takakiyo Tsujiguchi, Katsuhiro Ito, Hiroyuki Hanada, Mitsuaki A. Yoshida

    Radiation Environment and Medicine  10 (2)   2021年04月

    共著 

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • JRR寺島論文賞受賞

    2008年11月  

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 福島県浪江町に生息するプラナリアを用いた低線量放射線の影響調査

    補助・助成

    研究期間: 2019年04月 ~ 2022年03月 

    代表者:  有吉健太郎 

  • 放射線被ばくと糖尿病の二重ストレスの生体影響解析

    補助・助成

    研究期間: 2019年04月 ~ 2022年03月 

    代表者:  三浦富智  連携研究者:  有吉健太郎

  • 放射線被ばくマウスの組織・臓器における染色体異常解析

    補助・助成

    研究期間: 2019年04月 ~ 2020年03月 

    代表者:  有吉健太郎 

  • RNA 編集酵素 ADAR1 の関与する DNA 修復機構の解明

    補助・助成

    研究期間: 2019年03月 ~ 2020年04月 

    代表者:  有吉健太郎 

  • 福島県浪江町に生息するプラナリアを用いた低線量放射線の影響調査

    補助・助成

    研究期間: 2018年04月 ~ 2019年03月 

    代表者:  有吉健太郎 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Analysis of bone marrow hematopoietic progenitor cells of the large Japanese field mouse (Apodemus speciosus) in Namie town, Fukushima

    16th International Congress of Radiation Research, Radiobiology meets radioecology: Evidence for transgenerational and "memory" effects after low doses of ionising radiation 

    2019年08月
     
     

  • Radiation-induced bystander effect in large Japanese field mouse (Apodemus speciosus) embryonic cells

    日本放射線影響学会第61回大会 

    2018年11月
     
     

  • 放射性物質汚染地域に生息するアカネズミ骨髄前駆細胞への放射線影響解析

    日本放射線影響学会第60回大会 

    2017年10月
     
     

  • Autophagy protects from aneuploidy-induced genomic instability

    日本放射線影響学会第59回大会 

    2016年10月
     
     

  • 放射線誘発悪性腫瘍の発生に関する染色体異常の解析

    日本放射線影響学会第59回大会 

    2016年10月
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生物学2

  • 基礎科学実習

  • 生物学1

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 米国オークリッジ科学教育研究所 放射線緊急時支援センター(REAC/TS) 緊急被ばく医療コース修了

    2015年06月
     
     

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本放射線影響学会

    放射線災害対応委員会委員

    2014年04月
    -
    2016年03月

  • 日本放射線影響学会

    若手放射線生物学研究会運営委員

    2008年04月
    -
    2009年03月

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • NHKスペシャル「被曝の森2021 ~変わりゆく大地~」

    2021年05月
     
     

  • NHKスペシャル「被曝の森 2018 見えてきた“汚染循環”」

    2016年04月
    -
    2018年03月

  • 浪江町復興支援プロジェクト報告会

    2016年01月
     
     

  • 現存被ばく状況下において地域の実情に即した被ばく低減策についての研究動向調査

    2014年11月
     
     

  • ISO/TC85/SC2国際企画会議役員

    2014年04月
    -
    継続中

全件表示 >>