小林 和人 (コバヤシ カズト)

KOBAYASHI Kazuto

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

チロシン水酸化酵素、イムノトキシン細胞標的法、トランスジェニックマウス、線条体、大脳基底核、神経回路

研究室電話

024-547-1667

研究室FAX

024-548-3936

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部附属研究施設   生体機能研究部門   教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • その他の授与機関 -  農学博士 

  • その他の授与機関 -  医学博士 

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 神経科学一般

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 分子神経生物学

     

  • マウス分子遺伝学

  • 選択的神経回路の形成

  • 高次脳機能と神経伝達

論文 【 表示 / 非表示

  • Enhancement of the transduction efficiency of a lentiviral vector for neuron-specific retrograde gene delivery through the point mutation of fusion glycoprotein type E.

    Kato, S., Sugawara, M., Kobayashi, K., Kimura, K., Inoue, K., Takada, M., and Kobayashi, K.

    J Neurosci Methods  311   147 - 155   2019年01月

    共著 

    DOI PubMed

  • Monitoring and updating of action selection for goal-directed behavior through the striatal direct and indirect pathways.

    Nonomura S, Nishizawa K, Sakai Y, Kawaguchi Y, Kato S, Uchigashima M, Watanabe M, Yamanaka K, Enomoto K, Chiken S, Sano H, Soma S, Yoshida J, Samejima K, Ogawa M, Kobayashi K, Nambu A, Isomura Y, Kimura M.

    Neuron  99 (6) 1302 - 1314   2018年09月

    共著 

    DOI PubMed

  • Chemical Landscape for Tissue Clearing Based on Hydrophilic Reagents.

    Tainaka K, Murakami TC, Susaki EA, Shimizu C, Saito R, Takahashi K, Hayashi-Takagi A, Sekiya H, Arima Y, Nojima S, Ikemura M, Ushiku T, Shimizu Y, Murakami M, Tanaka KF, Iino M, Kasai H, Sasaoka T, Kobayashi K, Miyazono K, Morii E, Isa T, Fukayama M, Kakita A, Ueda HR

    Cell Rep.  24 (8) 2196 - 2210   2018年08月

    共著 

    DOI PubMed

  • Task-dependent function of striatal cholinergic interneurons in behavioural flexibility.

    Okada, K., Nishizawa, K, Setogawa, S., Hashimoto, K. and Kobayashi, K.

    Eur J Neurosci.  47 (10) 1174 - 1183   2018年05月

    共著 

    DOI PubMed

  • Targeted expression of step-function opsins in transgenic rats for optogenetic studies.

    Igarashi H, Ikeda K, Onimaru H, Kaneko R, Koizumi K, Beppu K, Nishizawa K, Takahashi Y, Kato F, Matsui K, Kobayashi K, Yanagawa Y, Muramatsu SI, Ishizuka T, Yawo H.

    Sci Rep.  8 (1) 5435   2018年04月

    共著 

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Viral Gene Therapy

    (担当ページ:371-380)

    InTech  2011年07月 

  • The Primer on the Autonomic Nervous System, 3rd edition

    (担当ページ:45-48)

    Academic Press  2012年 

  • Neuromethods, Controlled Genetic Manipulations

    (担当ページ:193-205)

    Humana Press Inc.  2012年 

  • Gene Therapy

    InTech  2012年 

  • Gene Therapy -Tools and Potential Applications

    (担当ページ:387-398)

    InTech  2013年02月  ISBN: 978-953-51-1014-9

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成26年度福島医学会賞

    2015年01月22日   日本国

  • 平成25年度文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)

    2013年05月   日本国

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • ジストニアの病態生理機構の解明と治療法の開発

    補助・助成

    研究期間: 2007年10月 ~ 2011年03月 

    代表者:  小林和人  連携研究者:  高田昌彦、南部 篤

  • 線条体投射経路を介する行動制御の神経回路メカニズム

    補助・助成

    研究期間: 2007年04月 ~ 2010年03月 

    代表者:  小林和人 

  • 細胞タイプ特異的な神経活動抑制のための新技術開発

    補助・助成

    研究期間: 2006年04月 ~ 2008年03月 

    代表者:  小林 

  • ドーパミン神経の生理機能におけるRho GTPase シグナル伝達系の役割」(小林 和人、Louis-Eric trudeau)平成18年度―19年度(125万円)

    補助・助成

    研究期間: 2006年04月 ~ 2008年03月 

    代表者:  小林 和人、Louis-Eric Trudeau(共同出願)  連携研究者:  小林憲太

  • ドーパミン伝達による行動の発達と発現の制御機構

    補助・助成

    研究期間: 2005年10月 ~ 2010年10月 

    代表者:  小林 和人  連携研究者:  八十島安伸、甲斐信行、小林憲太

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 融合糖タンパク質E型変異体を用いた神経特異的逆行性ウイルスベクターによるマーモセット脳内への遺伝子導入効率の向上

    第8回マーモセット研究会 

    2019年02月
     
     

  • 現代の脂質食はドパミンニューロンの過剰産生を介して嗜好食品の摂取を促す

    次世代脳若手合同シンポジウム 

    2018年12月
     
     

  • 自らのキャリア形成を振り返って

    FMUキャリアアップセミナー 

    2018年11月
     
     

  • 視床線条体路を介する行動選択と切り替えの調節

    遺伝研研究会 

    2018年09月
     
     

  • 線条体における学習依存的な神経回路シフトの解明

    第33回日本大脳基底核研究会 

    2018年08月
     
     

全件表示 >>