大野 雄康 (オオノ ユウコウ)

ONO Yuko

写真a

職名

助教

生年

1982年

研究分野・キーワード

Airway management, trauma, sepsis, pharmacology, toll like receptor, skeltel muscle myogenesis

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

81-024-547-1581

研究室FAX

81-024-547-3399

ホームページ

http://orcid.org/0000-0002-5953-3042

プロフィール

私は現在福島県立医科大学救急医療学講座助教、そして同病態制御薬理医学講座博士研究員として臨床、基礎および臨床研究、そして教育 (医学部学生および初期/後期研修医) に携わっております。
私の臨床医としてのBackgroundは救急医学、集中治療医学、そして麻酔科学です。私の主な研究領域は:緊急気道管理、外傷、周術期管理学 (特に外傷)、そして敗血症の基礎研究です。私の主な臨床研究論文は: [BMJ Open. 2018;8:e021858, Scand J Trauma Resusc Emerg Med. 2016;24:106, and J Anesth. 2016;30:644-52]です。

現在病態制御薬理医学講座の下村先生、前島先生らとともに、マウスの敗血症モデルや確立した細胞株を用いて、敗血症誘発性骨格筋萎縮の基礎研究をしています。これはSepsisに関連したmyopathy,およびICU acquired weaknessの病態解明および治療に寄与します。私の主な基礎研究論文は[PLoS One. 2017;12:e0182040, and J Pharmacol Sci. 2017;133:276-279]です。

救急専門医として、そして麻酔科専門医として福島県立医科大学救命救急センター、および集中治療室で臨床、および初期/後期研修医の監督に携わっております。

私の主な教育分野での貢献は、シミュレーターを使った医学部5年生の気管挿管の教育です。また、私は福島消防学校で救命救急士養成のための講義や実習にも関与しています。

これらの臨床、基礎研究、教育での活動を統合してphysicinan-scientistとしての専門性の確立を目指しています。

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 兼務   医学部(生命科学・社会医学系)   病態制御薬理医学講座   博士研究員

  • 兼務   福島県立医科大学男女共同参画支援室 室員

  • 本務   医学部(臨床医学系)   救急医療学講座   助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学  医学部  医学科  卒業  日本国  2007年03月

  • 福島県立安積高等学校  普通科  普通科  卒業  日本国  2001年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学  医学研究科  分子薬理学 (甲第603号)  博士課程  修了  日本国  2018年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学 -  学士 (医学) 医第3605号  2007年03月

  • 福島県立医科大学 -  博士 (医学) 甲第603号  2018年03月

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    公立大学法人福島県立医科大学付属病院初期臨床研修医

  • 2009年04月
    -
    2009年10月

    公立大学法人福島県立医科大学付属病院救命救急センター専攻医

  • 2009年11月
    -
    2010年03月

    社会医療法人将道会総合南東北病院 麻酔科/救急科

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    公立大学法人福島県立医科大学付属病院救命救急センター専攻医

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    一般財団法人太田総合病院付属 太田西ノ内病院 麻酔科 医員

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2008年10月
    -
    継続中
     

    日本救急医学会  日本国

  • 2009年05月
    -
    継続中
     

    日本麻酔科学会  日本国

  • 2009年05月
    -
    継続中
     

    日本集中治療学会  日本国

  • 2009年05月
    -
    継続中
     

    日本臨床救急医学会  日本国

  • 2012年01月
    -
    2019年03月
     

    福島医学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 救急医学

  • 麻酔・蘇生学

  • 薬理学一般

  • epidemiology

  • molecular biology

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 麻酔科専門医 (No.10455)   2016年04月

  • 救急科専門医 (No.4767)   2013年01月

  • 麻酔科標榜医 (No.26656)   2012年12月

  • 麻酔科認定医 (No.10455)   2013年01月

  • 日本シミュレーション学会DAM世話人会公認Difficult Airway Management (DAM) インストラクター (DAM0093)   2015年06月

全件表示 >>

教育・研究活動状況 【 表示 / 非表示

  • 1.シュミレーターを使用した気管挿管の実習および講義を医学部5年生の学生に教えています。約2時間/週を通年で行っています。
    2.医学部3年生の生理・薬理学実習を2コマ/週を5月-7月の期間、Teaching assistantとして指導しています。

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • Airway management

    研究期間: 2011年04月  -  継続中 

    My featuring works related to this topic are:

    1. Ono Y*, Tanigawa K, Kakamu T, Shinohara K, Iseki K. Out-of-hospital endotracheal intubation experience, confidence and confidence-associated factors among Northern Japanese emergency life-saving technicians: a population-based cross-sectional study. BMJ Open. 2018;8:e021858.
    2. Ono Y*, Kakamu T, Kikuchi H, Mori Y, Watanabe Y, Shinohara K. Expert-Performed Endotracheal Intubation-Related Complications in Trauma Patients: Incidence, Possible Risk Factors, and Outcomes in the Prehospital Setting and Emergency Department. Emerg Med Int. 2018;2018:5649476.
    3. Ono Y*, Tanigawa K, Shinohara K, Yano T, Sorimachi K, Inokuchi R, Shimada J. Human and equipment resources for difficult airway management, airway education programs, and capnometry use in Japanese emergency departments: a nationwide cross-sectional study. Int J Emerg Med. 2017;10:28.
    4. Ono Y*, Shinohara K, Tanigawa K. Reappraising the role of supraglottic airway devices for difficult airway management in critical care and emergency medicine. J Jpn Soc Intensive Care Med 2017;24:535-41 (In Japanese) .
    5. Ono Y*, Shinohara K, Goto A, Yano T, Sato L, Miyazaki H, Shimada J, Tase C. Are prehospital airway management resources compatible with difficult airway algorithms? A nationwide cross-sectional study of helicopter emergency medical services in Japan. J Anesth. 2016;30:205-14.
    6. Ono Y*, Tanigawa K, Shinohara K, Yano T, Sorimachi K, Sato L, Inokuchi R, Shimada J, Tase C. Difficult airway management resources and capnography use in Japanese intensive care units: a nationwide cross-sectional study. J Anesth. 2016;30:644-52.
    7. Ono Y*, Sugiyama T, Chida Y, Sato T, Kikuchi H, Suzuki D, Ikeda M, Tanigawa K, Shinohara K. Association between off-hour presentation and endotracheal-intubation-related adverse events in trauma patients with a predicted difficult airway: A historical cohort study at a community emergency department in Japan.Scand J Trauma Resusc Emerg Med. 2016;24:106.
    8. Ono Y*, Kikuchi H, Hashimoto K, Sasaki T, Ishii J, Tase C, Shinohara K. Emergency endotracheal intubation-related adverse events in bronchial asthma exacerbation: can anesthesiologists attenuate the risk? J Anesth. 2015;29:678-685.
    9. Ono Y*, Yokoyama H, Matsumoto A, Kumada Y, Shinohara K, Tase C. Surgical airways for trauma patients in an emergency surgical setting: 11 years' experience at a teaching hospital in Japan. J Anesth. 2013; 27: 832-7.

    気管挿管

  • Other fields of Emergency Medicine

    研究期間: 2013年04月  -  継続中 

    My featuring works related to this topic are:

    1. Ono Y*, Ishida T, Iwasaki Y, Kawakami Y, Inokuchi R, Tase C, Shinohara K. The off-hour effect on trauma patients requiring subspecialty intervention at a community hospital in Japan: a retrospective cohort study. Scand J Trauma Resusc Emerg Med. 2015;23:20.
    2. Ono Y*, Yokoyama H, Matsumoto A, Kumada Y, Shinohara K, Tase C. Is preoperative period associated with severity and unexpected death of injured patients needing emergency trauma surgery? J Anesth. 2014; 28:381-9.
    3. Ono Y*, Satou M, Ikegami Y, Shimada J, Hasegawa A, Tsukada Y, Nemoto C, Shinohara K, Tase C. Activation intervals for a helicopter emergency medical service in Japan. Air Med J. 2013; 32: 346-9.
    4. Ono Y*, Ikegami Y, Shimada J, Hasegawa A, Tsukada Y, Shinohara K, Tase C. Helicopter emergency medical services (doctor-helicopters) in Fukushima provide appropriate field triage for trauma patients. (in Japanese) JJAAM. 2013; 24: 12-8

    Emergency Operation, Helicopter Emergency Medical Survive, Trauma

  • Sepsis/ICU acquired weakness/Myogenesis

    研究期間: 2013年10月  -  継続中 

    My featuring works related to this topic are:

    1. Ono Y*, Sakamoto K. Lipopolysaccharide inhibits myogenic differentiation of C2C12 myoblasts through the Toll-like receptor 4-nuclear factor-κB signaling pathway and myoblast-derived tumor necrosis factor-α. PLoS One. 2017;12:e0182040.
    2. Tanaka S, Ono Y*, Sakamoto K. DCEBIO facilitates myogenic differentiation via intermediate conductance Ca2+ activated K+ channel activation in C2C12 myoblasts. J Pharmacol Sci. 2017;133:276-279.

    Sepsis/ICU acquired weakness/Myogenesis

  • Case Report/Letter

    研究期間: 2010年04月  -  継続中 

    My featuring works related to this topic are:

    1. Ono Y*, Kunii M, Miura T, Shinohara K. "Cannot ventilate, cannot intubate" situation after penetration of the tongue root through to the epipharynx by a surfboard: a case report. J Med Case Rep. 2017;11:121.
    2. Ono Y*, Ono N, Shinohara K. Tissue Hypoperfusion, Hypercoagulopathy, and Kidney and Liver Dysfunction after Ingestion of a Naphazoline-Containing Antiseptic. Case Rep Emerg Med. 2017;2017:3968045.
    3. Ono Y*, Shimada J, Shinohara K. Possible additional role for nasal jet oxygen insufflation. J Anesth. 2017;31:797.
    4. Sorimachi K, Ono Y *(corresponding author), Kobayashi H, Watanabe K, Shinohara K, Otani K. Airway management in a patient with nuchal, interspinous, and flavum ligament rupture by a sickle: a case report. J Med Case Rep. 2016;10:172.
    5. Hamaya R, Ono Y *(corresponding author), Chida Y, Inokuchi R, Kikuchi K, Tameda T, Tase C, Shinohara K. Polytetrafluoroethylene fume-induced pulmonary edema: a case report and review of the literature. J Med Case Rep. 2015;9:111.
    6. Ono Y*, Okubo Y, Hashimoto K, Inokuchi R, Odajima H, Tase C, Shinohara K. Massive subcutaneous emphysema, bilateral pneumothorax, pneumomediastinum, pneumoperitoneum, pneumoretroperitoneum, and pneumoscrotum after multiple direct laryngoscopies: an autopsy case report. J Anesth. 2015 ;29:622-6.
    7. Ono Y*, Abe Y, Shinohara K. Identification of a displaced glottis using vocalization. J Anesth. 2015;29:320.
    8. Ono Y*, Ikegami Y, Tasaki K, Abe M, Tase C. Case of scrub typhus complicated by severe disseminated intravascular coagulation and death. Emerg Med Australas. 2012; 24: 577-80.

    Case Report/Letter

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 心肺蘇生

    (担当範囲:高度徐脈(徐脈性不整脈)) (担当ページ:173-183)

    克誠堂出版  2011年12月 

    田勢長一郎、池上之浩、大野雄康*  東京、日本

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第23回日本集中治療医学会東北地方会医師部門優秀演題賞

    2014年06月28日   日本国

  • 日本麻酔科学会第64回学術集会 優秀演題 救急・ICU (基礎)

    2017年06月08日   日本国

  • 日本麻酔科学会 第62回学術集会 優秀演題 救急・ICU (臨床)

    2015年05月28日   日本国

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 敗血症誘発性骨格筋萎縮の薬物治療の探索

    補助・助成

    研究期間: 2018年07月 ~ 2019年06月 

    代表者:  大野雄康*  連携研究者:  下村健寿, 前島裕子

  • NF-κB経路の抑制に着目した敗血症性筋萎縮の新規薬物治療

    補助・助成

    研究期間: 2018年04月 ~ 2022年03月 

    代表者:  大野 雄康* 

    Lipopolysaccharide (LPS) は敗血症を惹起するのみならず、骨格筋タンパク質分解を促進し、筋萎縮を誘発する。先行研究 (Ono Y, Sakamoto K. PLoS One. 2017)の成果から、我々は TLR4/NF-κB経路の薬理学的な制御が、敗血症誘発性骨格筋萎縮の新規治療戦略になりうると考えた。この可能性を検証する為に、敗血症のin vitroおよびin vivoモデルを構築しTLR4/NF-κBの薬理学的な阻害が LPSによる(1) 筋タンパク分解シグナル亢進を抑制しうるか (2) 筋萎縮を組織学的に修正するか、そして(3) 筋収縮機能異常を改善するかどうか、多方面から詳細に検討する。本研究により、敗血症誘発性筋萎縮の薬物治療の可能性を提言できると考えている。

  • 敗血症による筋分化抑制機序の解明と治療薬の探索

    補助・助成

    研究期間: 2015年04月 ~ 2018年03月 

    代表者:  大野 雄康* 

    我々はLipopolysaccharideの投与がマウス筋芽細胞(C2C12)の筋分化を抑制することを見出した。このプロジェクトの主な目的は、この敗血症モデルを使って筋分化抑制メカニズムの解明と、この作用に拮抗できる治療薬を探索することである。

研究発表 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 敗血症誘発性骨格筋萎縮とその新規治療の開発

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する  技術相談, 受託研究, 共同研究, その他

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 気管挿管の学生実習

  • 病院前診療 (2018年10月17日)

  • 基礎上級 (薬理学) 2018年1月12日-2018年2月21日

  • 生理・薬理学実習:糖代謝からみた薬物治療の検討

  • 生理・薬理学実習:薬の副作用や薬害事故を調べる

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • Clinical Pathological Conference (CPC)

    2018年09月
     
     

  • Clinical Pathological Conference 2018年1月24日

    2018年01月
     
     

  • 共用試験OSCE (Objective Structured Clinical Examination) 救急ステーション評価者担当

    2017年12月
     
     

  • Clinical Pathological Conference

    2017年12月
     
     

  • 救急救命士養成初任科講義 講師 熱傷と電撃症

    2017年11月
    -
    2018年02月

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本救急医学会

    Member

    2008年10月
    -
    継続中

  • 日本麻酔科学会

    Member

    2009年05月
    -
    継続中

  • 日本集中治療学会

    Member

    2009年05月
    -
    継続中

  • 日本臨床救急医学会

    Member

    2009年05月
    -
    継続中

  • 福島医学会

    Member

    2012年01月
    -
    継続中

全件表示 >>