本多 たかし (ホンダ タカシ)

HONDA Takashi

写真a

職名

教授

生年

1954年

研究分野・キーワード

ブラジキニン、c-fos、痛覚過敏、細胞死、神経ペプチド、神経損傷、神経細胞変性、 脱髄、免疫組織化学、免疫電顕法

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1873

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   看護学部   生命科学部門   教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学  医学部  医学科  卒業  日本国  1983年

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学 -  医学博士  2002年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 実験病理学

  • 神経生理学

  • 神経解剖学

  • 組織学

  • 肉眼解剖学(含人体発生学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 痛覚機構に関する研究

    慢性痛症(神経因性疼痛、癌性疼痛など)の動物実験モデル作成と、その形態学的解析

    慢性痛症、神経因性疼痛、癌性疼痛

  • 悪性腫瘍組織内の新生毛細血管に関する超微形態学的研究

    研究期間: 1990年  -  継続中 

    悪性腫瘍内に形成される新生腫瘍血管の内皮細胞形態を電子顕微鏡で観察し、腫瘍組織ごとの血管透過性の差異を形態学的に明らかにする。内皮細胞の形態的差異による薬剤到達性を吟味する。

    悪性腫瘍、腫瘍血管、血管新生、電子顕微鏡、薬剤到達性

  • 中枢性コリン性神経の超微形態

    免疫電顕法と逆行性細胞標識法の併用により、コリン性神経細胞のシナプス特性を形態学的に明らかにする。

    REM睡眠、PGOwave、ChaT

  • 電子顕微鏡観察法及び試料作成技術

    研究期間: 1990年  -  継続中 

    各種電子顕微鏡の観察技術とその試料作成方法

    透過型電子顕微鏡、走査型電子顕微鏡、反射電子観察法

  • 脳脊髄液に出現する特定酵素・特定基質を産出する中枢神経要素の形態学的解析

    研究期間: 2010年  -  継続中 

     

    トランスフェリン、オステオポンチン、神経細胞、神経膠細胞、 神経変性疾患、脱髄性疾患、正常圧水頭症

論文 【 表示 / 非表示

  • A unique glycan-isoform of transferrin in cerebrospinal fluid: a potential diagnostic marker for neurological diseases

    Kyoka Hoshi, Yuka Matsumoto, Hiromi Ito, Kiyoshi Saito, Takashi Honda, Yoshiki Yamaguchi, Yasuhiro Hashimoto

    BBA - General Subjects  1861   2473 - 2478   2017年09月

    共著 

  • Lectin inhibits antigen-antibody reaction in a glycoform-specific manner: Application for detecting α2,6sialylated-carcinoembryonic antigen

    Hiromi Ito, Kyoka Hoshi, Fumihiko Osuka, Mitsukazu Gotoh, Takuro Saito, Hiroshi Hojo, Rei Suzuki, Hiromasa Ohira, Takashi Honda and Yasuhiro Hashinoto

    Proteomics  16   3081 - 3084   2016年08月

    共著 

  • Increased cerebrospinal fluid osteopontin levels and its involvement in macrophage infiltration in neuromyelitis optica.

    Yoshinobu Kariya, Yukiko Kariya, Toshie Saito, Shuhei Nishiyama, Takashi Honda, Keiko Tanaka, Mari Yoshida, Kazuo Fujihara, Yasuhiro Hashimoto

    BBA Clinical  3   126 - 134   2015年

    共著 

  • In situ visualization of a glycoform of transferrin: location of α2,6-sialylated transferrin in the liver.

    Yuka Matsumoto, Toshie Saito, Kyoka Hoshi, Hiromi Ito, Yushinobu Kariya, Masamichi Nagae, Yoshiki Yamaguchi, Yoshiaki Hagiwara, Noriaki Kinoshita, Ikuo Wada, Kiyoshi Saito, Takashi Honda, Yasuhiro Hashimoto

    J. Biochemistory    1 - 7   2015年

    共著 

  • A unique N-glycan on human transferrin in CSF: a possible biomarker for iNPH

    FUTAKAWA, Satoshi*; NARA, Kiyomitsu*; MIYAJIMA, Masakazu; KUNO, Atsushi; ITO, Hiromi*; KAJI, Hiroyuki; SHIROTANI, Keiro*; HONDA, Takashi*; TOHYAMA, Yuriko*; HOSHI, Kyoka*; HANZAWA, Yusuke*; KITAZUME, Shinobu; IMAMAKI, Rie; FURUKAWA, Katsutoshi; TASAKI, Kazuhiro*; ARAI, Hiroyuki; YUASA, Tatsuhiko; ABE, Masafumi*; ARAI, Hajime; NARUMATSU, Hisashi; HASHIMOTO, Yasuhiro*

    Neurobiology of Aging  33   1807 - 1815   2012年

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Aggressive Breast Cancer

    (担当ページ:231-235)

    NOVA Science Publishers, Inc.  2010年07月  ISBN: 978-1-60876-881-3

  • Aggressive Breast Cancer

    (担当ページ:199-228)

    NOVA Science Publishers, Inc  2010年07月  ISBN: 978-1-60876-881-3

  • Cancer Metastasis Research

    (担当ページ:147-163)

    Nova Science Publishers  2008年 

  • 神経科学の基礎と臨床XI 脳室およびその周囲器官

    板倉徹 (担当範囲:脳室の解剖学-その形態の示すもの) (担当ページ:1-11)

    ブレーン出版  2003年01月 

    本多たかし 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 脈絡叢組織に対するレクチン染色を用いた形態学的検討

    第19回日本正常圧水頭症学会 

    2018年02月
     
     

  • 特発性正常圧水頭症における髄液トランスフェリンの定量及び形態学的検討

    第10回日本水頭症脳脊髄液学会 

    2017年11月
     
     

  • レクチン阻害法による糖鎖アイソフォームの測定

    東北糖鎖研究会・東京糖鎖研究会合同シンポジウム(第11回東北糖鎖研究会・GlycoTOKYO 2017) 

    2017年11月
     
     

  • ホルマリン固定大腸癌由来のα2,6シアリル化癌胎児性抗原の検出

    第89回日本生化学会大会 

    2016年09月
     
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 人体解剖生理学Ⅰ

  • 生態機能学Ⅰ(解剖学)

  • 生態機能学Ⅰ

  • 人体解剖生理学Ⅱ

  • 病態治療学Ⅰ(病理学)

全件表示 >>