診療科のご案内

HOME > インフォメーション一覧 > 福島県ドクターヘリから患者のみなさまへ

インフォメーション

全国の手術・治療情報と連携したデータベース事業への参加について

患者様へ

 全国の手術・治療情報と連携したデータベース事業について

 病院医療の崩壊や医師の偏在が叫ばれている中、どのような病院でどのような医療が行われているかが把握されていない状況では、患者様目線での良質な医療は提供できません。そこで、数多くの臨床学会が連携し、わが国の医療の現状を把握するため、『一般社団法人 National Clinical Database』(以下、NCD)を立ち上げ、平成23年1月1日より手術・治療に関する情報を集積する事業を開始することになりました。この法人の事業を通じて、患者様により適切な医療を提供するため、専門医の適正配置の検討、および最善の医療を提供するための各臨床現場の取り組みに対する支援が可能となります。

 当、福島県立医科大学付属病院でも、その趣旨に賛同し、データベース事業に参加することと致しました。

 登録される情報は日常の診療で行われている検査や治療の契機となった診断、手術などの各種治療やその方法等となります。これらの情報は、それ自体で患者さん個人を容易に特定することはできないものですが、患者さんに係る重要な情報ですので厳重に管理されます。情報の取り扱いや安全管理にあたっては、関連する法令や取り決め(「個人情報保護法」、「疫学研究の倫理指針」、「臨床研究の倫理指針」、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等)を遵守しています。登録されたご自身のデータをご覧になりたい場合は、受診された診療科にお問い合わせください。

 本事業への参加は、患者様の自由意思に基づくものであり、参加されたくない場合には、データ登録を拒否していただくことが可能です。主治医もしくは担当医へお申し出ください。なお、登録を拒否されたことで、日常の診療等において患者様が不利益を被ることは一切ございません。

 何卒趣旨をご理解いただき、ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。

  1)専門医制度と連携したデータベース事業について
  2)NCDを基盤とした保険請求データの収集と研究利用について

 NCDより提供されております患者様向け説明文書を掲載しました。データベース事業内容の詳細はを確認いただく場合には、下記へアクセス願います。
NCDホームページ


▲TOP