変化を進化に
福島県立医科大学の福島復興への10年間の取組み

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故から10年が経ちました。福島県においては、特に原子力災害による影響が大きく、いまだ帰還できない地域もあります。そのような中、復興を着実に進めるため、本学は震災直後より県民の健康を見守り、安心して福島の地で生活ができるよう、医療と健康に関する数多くの取組みを行ってまいりました。また、震災前よりもさらに飛躍すべく医療産業の創出を図り、先進的な医療研究も積極的に推進しています。
震災後10年を機に、県民をはじめ多くの方々にそれらの取組みの成果や進捗を知っていただくと共に、若い世代の皆さんには、これらの取組みの背景や意義を改めて確認し、さらなる福島県の進むべきゆくえを考えるきっかけになることを願っています。

本サイトは取組みの内容別に

理事長挨拶

の4つのジャンルで構成しています。
それぞれの取組みの概要を紹介し、既存のホームページがある場合はそちらにリンクし、詳細をご覧いただけるようになっています。

なお、本サイトはベインキャピタル様、公益財団法人日本国際交流センター様のご寄付により開設いたしました。

写真で見る活動の歩み