地域のみなさまへ

保健医療交流事業 (講演会) レポート

鏡石町との共催で講演会を開催しました。(平成27年7月10日) 



平成27年7月10日(金)、鏡石町図書館において鏡石町健康セミナー(医学講演会)を開催しました。
今回の講演会は、鏡石町役場との共催で「知っておきたい!認知症のこと」〜認知症の正しい知識と予防について〜という題名で行なわれました。
参加予定者数は80名程度のところ、当日108名の参加者があり、大盛況でした。

講演は、本学の医学部 疫学講座教授 大平哲也先生が講師を務められ、まずデータ資料から認知症とはどういう病気なのかとの位置付けから始まり、認知症の症状、物忘れとの違い、認知症を呈する主な疾患(アルツハイマー型、レビー小体型など)の説明を行いました。また、認知症予防のための生活習慣など参加者が最も知りたいことや興味を持つことを述べられました。
さらに、認知症患者への対応では、例題を用いて、認知症患者に直接的な言葉を投げかけるのではなく、なぜこのような反応示すかを考え、婉曲的に言葉を投げかけて行動してもらうことも一つであると述べられていました。
認知症という誰もが抱える問題のため、どこか心が落ち込む内容かと思われましたが、時折笑いを誘い、笑い自体が健康を維持する上で必要なことであり、効用も認められるとのことで最後は笑うことの大切さを説いて終了しました。参加者は、終了後もなかなか席を立たず、笑いの効用について納得して隣同士で話しこんでいる姿が見受けられました。

 

前のページ (保健医療交流事業一覧) に戻る

お問い合わせ: 医療研究推進課 研究推進係

電話 (024)547−1825 / FAX (024)547−1991
Eメール
※ スパムメール防止のため全角表記しています

▲TOPへ