HOME > 地域のみなさまへ > 公開講座 > 話しにくい泌尿器の病気

公開講座

話しにくい泌尿器の病気のお話 〔2月5日(日) 福島市〕

タイトル
演者・ 演題等
(敬称略)


クリックで拡大
(全2P)
話しにくい泌尿器の病気のお話
〜がんからおしっこの悩みまで、テレビでもおなじみの医師が解説〜
プログラム ※ 講演タイトルは変更になる場合があります
① 10:05〜10:50
おしっこの悩み別、原因と対策
 講師: 相川 健 (福島県立医科大学附属病院 病院教授)
「尿が近い」「夜間にトイレに起きる」「尿がもれる」「尿の勢いがない」「時間がかかる」…なかなか相談しにくい悩みだけに、お一人で悩んでおられる方も多いのではないでしょうか。これらの症状は放っておいても改善はしません。逆に、専門医を受診すると改善することも多くあります。今回、福島県立医科大学附属病院泌尿器科の専門医が、排尿の悩みとその治療について分かりやすく解説します。

② 11:05〜12:00
泌尿器がんのお話 〜 早期発見のためのポイント 〜
 講師: 小島 祥敬 (福島県立医科大学 泌尿器科学講座主任教授)
泌尿器科は、体の中の老廃物である尿を作り、体の外に出す大切な臓器を扱います。その大切な臓器のうち、例えば前立腺がんは、男性のがんの中で最も多いがんであることをご存じでしょうか。多くの方がなる可能性のある泌尿器科がん、主に腎がん、膀胱がん、前立腺がんについて、早期発見のためのポイントについてお話をします。
福島県立医科大学附属病院は、前立腺がんの手術数では国内でもトップクラスの経験豊富な医療機関です。NHK「きょうの健康」などテレビにもたびたび出演している泌尿器科学講座主任教授の小島祥敬先生が講師を務めます。

※ 講演終了後、質疑応答の時間を設けます
日 時 平成29年 2月 5日(日) 10:00〜12:00
会 場 ホテル辰巳屋 8F 瑞雲の間 (JR福島駅東口)
参加料 無 料
申込方法 平成29年 2月 1日(水)まで 〔事前申込制〕 
 ※ 定員の150名に達した場合は締切日前に受付を終了します。
メール、またはFAX(024-547-1991)のいずれかにて、参加申込書の必要事項を記入して下記へお送り下さい。(2P目・参加申込書)
FAX、メールアドレスをお持ちでない方はお電話をご利用ください。
事務局・
お問い合わせ先
福島県立医科大学 広報コミュニケーション室
メールkoukai@fmu.ac.jp / FAX 024-547-1991
電話024-547-1016(平日9時〜17時のみ)
備 考
泌尿器科学講座HP http://www.urology.fmu.ac.jp/

 

アドビリーダーPDFファイルを表示するには、Adobe SystemsのAdobet(R) Reader(無料) が必要です。最新版は右のリンクボタンよりダウンロードいただけます。

▲TOPへ