高瀬 佳苗 (タカセ カナエ)

TAKASE Kanae

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

健康行動, 健康教育(患者教育), 在宅療養, 保健師活動, 地域看護診断, 被災地支援, がん看護

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1832

研究室FAX

024-547-1832

プロフィール

1984-1998 埼玉県保健所にて保健師
2007-2008 桐生短期大学看護学科にて講師
2008-2018 福島県立医科大学看護学部にて講師、准教授、そして教授

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   看護学部   地域・公衆衛生看護学部門   教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 埼玉県立大学  保健衛生学部  地域看護学専攻  卒業  日本国 

  • 群馬大学  医療技術短期大学部  看護学科  卒業  日本国 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 日本赤十字看護大学  看護学研究科  博士課程  単位取得満期退学  日本国  2003年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 国際医療福祉大学 -  博士  2007年03月

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1984年03月

    群馬県館林市保健師

  • 1984年04月
    -
    1998年03月

    埼玉県保健所保健師

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    日本赤十字看護大学大学院看護学研究科研究生

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    桐生短期大学看護学科

  • 2008年04月
    -
    継続中

    福島県立医科大学看護学部

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2000年05月
    -
    継続中
     

    日本赤十字看護学会  日本国

  • 2003年01月
    -
    継続中
     

    日本看護科学学会  日本国

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本老年医学会  日本国

  • 2006年08月
    -
    継続中
     

    日本地域看護学会  日本国

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    福島医学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地域在宅・老年看護学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 養護教諭2種免許状

  • 第1種衛生管理者

  • 保健師

  • 看護師

  • 統計士(現在)   1988年06月

      統計法第10条第4項第4号(旧)による統計従事

教育・研究活動状況 【 表示 / 非表示

  • 2018年4月から福島市産業看護研究会に参加し, 企業で働く看護師, 保健師等の仕事上の関心に焦点化し, 知識と技術を向上させるための研修会を行っている。また,郡山市地域診断検討会に参加し, 健康問題と保健師活動の方向性について研究を行っている。

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 長期運動継続者の心理的要因に関する研究, 保健師の災害看護活動に関する研究, 生活習慣病の保健指導の特徴に関する研究, 山間部の地域医療連携の構築に関する研究

     

    健康増進, 保健師, 地域医療

論文 【 表示 / 非表示

  • なぜ保健師は, 福島第一原子力発電所事故の被災地において発災直後から今日まで保健師活動を続けられるのか?

    高瀬佳苗, 鈴木学爾

    日本赤十字看護学会誌  20 (1) 70 - 78   2020年03月

    共著 

  • 文化に即した災害時公衆衛生看護活動の概念整理

    丸谷美紀, 原田奈穂子, 高瀬佳苗, 安齋由貴子, 奥田博子, 春山早苗

    保健医療科学  68 (4) 343 - 351   2019年10月

    単著 

  • 東日本大震災の避難者の避難状況と運動習慣:福島県県民健康調査

    永井雅人, 大平哲也,安村誠司,高橋秀人, 結城美智子,中野裕紀, 章文, 矢部博興, 前田正, 高瀬佳苗*

    日本公衆衛生雑誌  63 (1) 3 - 10   2016年01月

    共著 

  • 糖尿病腎症透析患者の社会活動と健康関連QOL

    柏木久美子, 結城美智子, 高瀬佳苗*

    日本透析医学会雑誌  48 (3) 179 - 186   2015年03月

    共著 

  • 地域で生活する精神障がい者の喫煙に関する調査:ニコチン依存と禁煙に対する意識

    塚原厚子, 結城美智子, 高瀬佳苗*

    保健の科学  56 (5) 347 - 352   2014年05月

    共著 

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 一般病棟の看護師が人生の最終段階にあるがん患者の死を静観できない様相に関する研究

    その他

    研究期間: 2020年02月 ~ 継続中 

    代表者:  高瀬佳苗  連携研究者:  田中啓子

    日本では,人生の最終段階にあるがん患者の8割が私語を迎える一般病棟において, そこでの看取りが看護師にとって困難であるという報告がある。本研究では, 人生の最終段階を迎える臨床の看護の現場で何が起きているのかを明らかにする。

  • 文化に即した外国人介護職の健康支援に関する研究

    国内共同研究

    研究期間: 2019年04月 ~ 継続中 

    代表者:  丸谷美紀  連携研究者:  高瀬佳苗, 大島隆代, 石川志麻, 小尾栄子, 二見茜, 上里彰仁

    今後増加が見込まれる外国人介護職の健康を支援する必要がある。本研究では, 外国人介護職自身, 介護事業主, 地方自治体職員の3者に, 健康管理上抱える文化的な問題や工夫を調査し, 成人期の特徴, 介護労働, 文化適応の3側面から健康管理上のニーズを分析し, 外国人介護職の自己管理, 介護事業主からの支援, 地方自治体の推進体制を示した「文化に即した外国人介護職の健康支援プログアム」を作成する。

  • 病棟看護師が終末期がん患者の在宅療養移行に向けた支援で抱く思いに関する実態調査

    学内共同研究

    研究期間: 2017年07月 ~ 2018年03月 

    代表者:  高瀬佳苗  連携研究者:  小川ひとみ, 三浦浅子

    病棟看護師は, 終末期がん患者の看護において, 患者が苦しさを抱えていることを認識し, 患者の療養ニーズに応えようと看護を提供していた.
    また, がん患者の退院に向けた支援では, 在宅療養を実現する難しさを感じながらもがん患者と家族が自宅での療養へ移行できるような後押しをする支援を行っていた。

  • 環太平洋島嶼国における地域文化に即した全人的災害時保健活動モデルの構築に関する研究

    国内共同研究

    研究期間: 2017年04月 ~ 2021年03月 

    代表者:  丸谷美紀  連携研究者:  高瀬佳苗, 原田菜穂子, 奥田博子, 安齋由貴子, 上林美保子, 春山早苗

    自然災害が発生する環太平洋の島嶼国の保健師が地域特性を考慮したどのような被災者への災害支援における保健活動を行っているのかを明らかにする。研究では, 日本, フィリピン, ニュージーランドなど島嶼国の保健師に対するインタビュー調査を行い, 地域文化に即した全人的災害時保健活動モデルを構築する。

  • 中高年者の生活習慣改善に効果的な保健指導の特徴

    学内共同研究

    研究期間: 2016年04月 ~ 2017年03月 

    代表者:  大平哲也  連携研究者:  高瀬佳苗*, 高橋香子, 弓屋結, 大平哲也

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 看護学実習での教員の関わりによる学生の経験: デューイの教育論に基づいた考察

    第478回学術研究会 

    2019年10月
     
     

  • アメリカのがん治療中および治療後のがんサバイバーへの運動療法について: がん治療後サイバイバーシップケアのアメリカ視察研修報告

    第4回日本がんサポーティブケア学会学術集会 

    2019年09月
     
     

  • Culturally sensitive disaster nursing focusing on Pacific Rim island countries:first on Jananese public health nurses

    WADEM congress on disaster and emergency medicine 

    2019年05月
     
     

  • 福島県外から支援に来た保健師の被災地支援の実際:浜通り自治体へ母子保健支援内容

    第472回福島医学会学術研究集会 

    2018年10月
     
     

  • 中高年者の脳卒中等発症および重症化予防の生活習慣改善の保健指導に関する質的研究の統合

    第472回福島医学会学術研究集会 

    2018年10月
     
     

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 健康増進運動と運動機器, 測定機器

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する  共同研究

  • 災害看護, がん患者・家族, ケア

    大学等の研究機関との共同研究を希望する 

    災害看護では, 被災者および被災支援者のケアについて関心をもっています。聞き取りまたは質問紙調査により対象の実態と支援の課題を明らかにしたいと考えています。また, がん患者および家族への支援について, システムとして何が必要なのかを探求したいと考えています。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 地域看護学Ⅰ(地域看護学概論), 地域看護学実習

  • 地域の理解, 研究方法論とその活用

  • 地域を理解する実習

  • 地域看護学Ⅰ

  • 統合実習

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 看護学実習での教員の関わりによる学生の経験: デューイの教育論に基づいた考察

    2019年10月
     
     

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 福島医学会

    編集委員

    2018年06月
    -
    2020年03月

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 広島県呉市社会福祉協議会職員研修

    2019年06月
    -
    2020年02月

  • 郡山市地域診断検討会

    2014年06月
    -
    継続中