岡山 洋和 (オカヤマ ヒロカズ)

OKAYAMA Hirokazu

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

バイオマーカー、個別化医療、バイオインフォマティクス、マイクロRNA、多段階発癌

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(臨床医学系)   消化管外科学講座   助教

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学  その他の学部  博士課程  修了  日本国  2010年

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年11月
    -
    継続中

    福島県立医科大学 器官制御外科学講座 助教

  • 2010年09月
    -
    2013年10月

    Laboratory of Human Carcinogenesis, NCI, NIH. Visiting Fellow

  • 2010年03月
    -
    2010年09月

    国立がん研究センター 多段階発癌研究分野/ゲノム生物学研究分野 外来研究員

  • 2008年04月
    -
    2010年02月

    福島県立医科大学 器官制御外科学講座

  • 2006年10月
    -
    2008年03月

    大原総合病院

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Circulating tumor cells after neoadjuvant chemotherapy are related with recurrence in esophageal squamous cell carcinoma.

    Ujiie D, Matsumoto T, Endo E, Okayama H, Fujita S, Kanke Y, Watanabe Y, Hanayama H, Hayase S, Saze Z, Ohki S, Kono K

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society  18 (3) 566 - 573   2021年07月

    共著  ISBN: 1612-9059

    DOI PubMed

  • Stromal expression of cancer-associated fibroblast-related molecules, versican and lumican, is strongly associated with worse relapse-free and overall survival times in patients with esophageal squamous cell carcinoma.

    Yamauchi N, Kanke Y, Saito K, Okayama H, Yamada S, Nakajima S, Endo E, Kase K, Yamada L, Nakano H, Matsumoto T, Hanayama H, Watanabe Y, Hayase S, Saito M, Saze Z, Mimura K, Momma T, Oki S, Hashimoto Y, Kono K

    Oncology letters  21 (6) 445   2021年06月

    共著  ISBN: 1792-1074

    DOI PubMed

  • Neoadjuvant Chemotherapy Induces IL34 Signaling and Promotes Chemoresistance via Tumor-Associated Macrophage Polarization in Esophageal Squamous Cell Carcinoma.

    Nakajima S, Mimura K, Saito K, Thar Min AK, Endo E, Yamada L, Kase K, Yamauchi N, Matsumoto T, Nakano H, Kanke Y, Okayama H, Saito M, Neupane P, Saze Z, Watanabe Y, Hanayama H, Hayase S, Kaneta A, Momma T, Ohki S, Ohira H, Kono K

    Molecular cancer research : MCR  19 (6) 1085 - 1095   2021年06月

    共著  ISBN: 1541-7786

    DOI PubMed

  • EML4-ALK induces cellular senescence in mortal normal human cells and promotes anchorage-independent growth in hTERT-transduced normal human cells.

    Miyanaga A, Matsumoto M, Beck JA, Horikawa I, Oike T, Okayama H, Tanaka H, Burkett SS, Robles AI, Khan M, Lissa D, Seike M, Gemma A, Mano H, Harris CC

    BMC cancer  21 (1) 310   2021年03月

    共著 

    DOI PubMed

  • PD-L1 overexpression in EBV-positive gastric cancer is caused by unique genomic or epigenomic mechanisms.

    Nakano H, Saito M, Nakajima S, Saito K, Nakayama Y, Kase K, Yamada L, Kanke Y, Hanayama H, Onozawa H, Okayama H, Fujita S, Sakamoto W, Saze Z, Momma T, Mimura K, Ohki S, Goto A, Kono K

    Scientific reports  11 (1) 1982   2021年01月

    共著 

    DOI PubMed

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • MSS/CIN大腸癌における染色体不安定性(CIN)制御機構の解明

    補助・助成

    研究期間: 2020年04月 ~ 2023年03月 

    代表者:  早瀬 傑  連携研究者:  早瀬 傑, 岡山 洋和, 坂本 渉

  • 染色体不安定性により生じる免疫制御遺伝子の不活化と免疫逃避機構

    補助・助成

    研究期間: 2020年04月 ~ 2023年03月 

    代表者:  藤田 正太郎  連携研究者:  藤田 正太郎, 岡山 洋和, 芦澤 舞

  • 大腸癌のゲノム・エピゲノム異常による短縮型癌関連糖鎖誘導と免疫抑制機構の解明

    補助・助成

    研究期間: 2019年04月 ~ 2022年03月 

    代表者:  岡山 洋和  連携研究者:  岡山 洋和

  • 大腸癌間質トランスクリプトミクスを応用した個別的微小環境戦略の確立

    補助・助成

    研究期間: 2019年04月 ~ 2022年03月 

    代表者:  大木 進司  連携研究者:  大木 進司, 岡山 洋和, 遠藤 英成

  • マルチオミクス解析を用いた大腸がんのprecision immunothrapy

    補助・助成

    研究期間: 2019年02月 ~ 2020年03月 

    代表者:  岡山 洋和  連携研究者:  岡山 洋和, 遠藤 英成

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 食道扁平上皮癌手術症例における間質 VCAN 発現による予後バイオマーカーとしての有用性の検討

    第75回日本消化器外科学会総会 

    2020年12月
     
     

  • 肛門管扁平上皮癌に対する治療戦略

    第75回日本消化器外科学会総会 

    2020年12月
     
     

  • 左側大腸癌手術における下腸間膜動脈「血管鞘温存」によるリンパ節郭清の「取り残しリスク」の病理学的検討

    第75回日本消化器外科学会総会 

    2020年12月
     
     

  • 胃癌における ARID1A と ANXA1 発現の関連の検討

    第75回日本消化器外科学会総会 

    2020年12月
     
     

  • Novel mechanisms of immune suppression in colorectal cancer

    第75回日本消化器外科学会総会 

    2020年12月
     
     

全件表示 >>