高橋 敦史 (タカハシ アツシ)

TAKAHASHI Atsushi

写真a

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1202

研究室FAX

024-547-2055

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(臨床医学系)   消化器内科学講座   准教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学  医学研究科  博士課程  修了  日本国  2002年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の臨床研究

     

  • 自己免疫肝疾患の臨床研究

     

論文 【 表示 / 非表示

  • Clinical features of liver dysfunction in collagen diseases.

    Takahashi A, Abe K, Yokokawa J, Iwadate H, Kobayashi H, Watanabe H, Irisawa A, Ohira H.

    Hepatol Res.  40 (11) 1092 - 7   2010年11月

    共著 

  • Cyst-like extension of hepatic subcapsular bleeding caused by ruptured hepatocellular carcinoma into the bursa omentalis.

    Takahashi A, Saito H, Takahashi Y, Sato A, Takagi T, Irisawa A, Sakuma F, Kuroda M, Tsuchiya T, Ohira H.

    Hepatol Res.  39 (10) 1010 - 1014   2009年10月

    共著 

  • Development of autoimmune hepatitis type 1 after pulsed methylprednisolone therapy for multiple sclerosis: a case report.

    Takahashi A, Kanno Y, Takahashi Y, Sakamoto N, Monoe K, Saito H, Abe K, Yokokawa J, Irisawa A, Ohira H.

    World J Gastroenterol.  14 (35) 5474 - 5477   2008年09月

    共著 

  • Case of clear-cell hepatocellular carcinoma that developed in the normal liver of a middle-aged woman.

    TAKAHASHI,Atsushi*;SAITO,Hironobu*;KANNO,Yukiko*;ABE,Kazumichi*;YOKOKAWA,Junko*;IRISAWA,Atsushi*;KENJO,Akira*;SAITO,Takuro*;GOTOH,Mitsukazu*;OHIRA,Hiromasa*.

    World J Gastroenterol.  14 (1) 129 - 131   2008年01月

    共著 

  • 膠原病に合併した肝障害の臨床的特徴

    高橋敦史*,本間史子*,坂本夏美*,物江恭子*, 菅野有紀子*,斎藤広信*,阿部和道*,横川順子*, 小林浩子*,渡辺浩志*,入澤篤志*,大平弘正*

    消化器科  45 (6) 646 - 651   2007年12月

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • The Liver in Systemic Disease.

    (担当範囲:Rheumatic disease and liver.) (担当ページ:271-291)

    Springer.  2016年 

    TAKAHASHI Atsushi, ABE Kazumichi, WATANABE Hiroshi, OHIRA Hiromasa. 

  • Annual Review 2016 消化器

    (担当範囲:自己免疫性肝疾患 研究と診療の進歩) (担当ページ:107-113)

    中外医学社  2016年 

    高橋敦史, 阿部和道, 大平弘正 

  • Autoimmune Liver Diseases

    (担当ページ:277-286)

    Springer  2014年 

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • メタボリックシンドロームにおける大豆摂取の影響

    補助・助成

    研究期間: 2018年04月 ~ 継続中 

  • メタボリックシンドロームにおけるエクオールの影響

    補助・助成

    研究期間: 2018年04月 ~ 継続中 

  • エクオールは非アルコール性脂肪肝疾患の発症・治療の鍵となるのか?

    補助・助成

    研究期間: 2018年 ~ 継続中 

    代表者:  高橋敦史 

  • 簡易レジスタンス運動による肝硬変サルコペニアの克服

    補助・助成

    研究期間: 2016年04月 ~ 継続中 

  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)病態における性ホルモンの影響の検討

    補助・助成

    研究期間: 2009年04月 ~ 2011年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 職場におけるメタボ対策

    平成30年度福島県医師会労災保険研修会 

    2018年12月
     
     

  • NASH・NAFLDの展望 非アルコール性脂肪性肝疾患に対する生活習慣改善アプローチ

    第42回日本肝臓学会東部会 

    2018年12月
     
     

  • 肝臓から健康になろう.

    平成30年度福島県肝炎コーディネーター養成研修会 

    2018年11月
     
     

  • 肝臓から健康になろう

    第45回独協医大学園祭 公開講座 

    2018年10月
     
     

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患に対する生活習慣改善アプローチ.

    生活習慣病セミナー~脂肪性肝疾患と糖尿病を考える会~ 

    2018年09月
     
     

全件表示 >>