関根 英治 (セキネ ヒデハル)

SEKINE Hideharu

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

自己免疫疾患 先天性免疫不全症 免疫学

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(生命科学・社会医学系)   免疫学講座   教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学  医科学研究科  博士課程  修了  日本国 

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学 -  医学博士  1997年09月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 膠原病・アレルギー・感染症内科学・免疫学

  • 免疫学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫疾患の機序

     

論文 【 表示 / 非表示

  • Complement Activation Products and Cytokines in Pachychoroid Neovasculopathy and Neovascular Age-Related Macular Degeneration

    Kato Y, Oguchi Y, Omori T, Shintake H, Tomita R, Kasai A, Ogasawara M, Sugano Y, Itagaki K, Ojima A, Machida T, Sekine H, Sekiryu T.

    Invest Ophthalmol Vis Sci  61 (13) 39   2020年11月

    共著 

    DOI

  • Narratives of resilience in medical students following the 3/11 triple disaster: Using thematic analysis to examine paths to recovery.

    Kaye-Kauderer H, Rodriguez A, Levine J, Takeguchi Y, Machida M, Feingold J, Sekine H, Katz C, Yanagisawa R

    Psychiatry research  292   113348   2020年10月

    共著  ISBN: 0165-1781

    DOI PubMed

  • Association between serum ficolin-1 level and disease progression in primary biliary cholangitis

    Hayashi M, Abe K, Fujita M, Takahashi A, Sekine H, Ohira H.

    PLoS One  15 (9) e0238300   2020年09月

    共著 

    DOI

  • Anaphylatoxin concentration in aqueous and vitreous humor in the eyes with vitreoretinal interface abnormalities

    Oguchi Y, Sekiryu T, Omori T, Kato Y, Ogasawara M, Sugano Y, Itagaki K, Ojima A, Machida T, Sekine H

    Exp Eye Res  195   2020年06月

    共著 

  • Evidence for activation of lectin and classical pathway complement components in aqueous humor of neovascular age-related macular degeneration

    Tomoko Omori, Yasuharu Oguchi, Takeshi Machida, Yutaka Kato, Yumi Ishida, Akira Ojima, Kanako Itagaki, Hiroaki Shintake, Ryutaro Tomita, Akihito Kasai, Yukinori Sugano, Masashi Ogasawara, Hideharu Sekine, and Tetsuju Sekiryu

    Ophthalmic Research  63 (3) 252 - 258   2020年05月

    共著 

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 臨床検査増刊号・ここまでわかった自己免疫疾患

    宮坂信之 (担当範囲:補体の検査法と意義) (担当ページ:1127-1134)

    医学書院  2011年10月 

    関根英治  東京

  • 補体への招待

    大井洋之、木下タロウ、松下操 (担当範囲:免疫複合体の可溶化とクリアランス) (担当ページ:88-94)

    メジカルビュー  2011年04月  ISBN: 978-4-7583-0038-4

    関根英治  東京

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本補体学会優秀賞

    2018年08月31日   日本国

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • sMAP-fHの基礎的研究及び特許出願(特願2016-203024)の実施例追加のための研究

    企業からの受託研究

    研究期間: 2017年05月 ~ 2018年03月 

    代表者:  関根英治、二宮智尚 

  • 補体レクチン経路と第二経路を阻害する新規補体経路阻害薬の開発

    補助・助成

    研究期間: 2017年04月 ~ 2018年03月 

    代表者:  関根英治 

  • 加齢黄斑変性と臓器虚血・再灌流傷害における補体因子MASP-1/3の役割とリコンビナント蛋白rMAp44-PAを用いる新規治療法の開発

    学内共同研究

    研究期間: 2015年07月 ~ 2017年03月 

    代表者:  関根英治 

  • 補体因子MASP-1/3を標的とする新規製剤の開発とSLEモデル動物への治療効果

    補助・助成

    研究期間: 2014年04月 ~ 2016年03月 

    代表者:  関根英治 

  • 転写因子IRF4は自己免疫疾患における肉芽腫の形成に関与する

    補助・助成

    研究期間: 2011年04月 ~ 2014年03月 

    代表者:  関根英治 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 加齢黄斑変性の病態におけるレクチン経路の関与の可能性

    第56回日本補体学会学術集会 

    2019年08月
     
     

  • MASP-1 and MASP-3 play independent roles in activation of the lectin and alternative complement pathways

    27th International Complement Workshop 

    2018年09月
     
     

  • MRL/lprマウスのループス様糸球体腎炎におけるMASP-1/3の役割

    第55回日本補体学会学術集会 

    2018年09月
     
     

  • MASP-1、MASP-3はレクチン経路、第二経路の活性化に独立して寄与する

    第55回日本補体学会学術集会 

    2018年09月
     
     

  • SLEモデルMRL/lprマウスの抗dsDNA抗体産生における脾臓辺縁帯B細胞の役割

    Rheumatology Conference 2018 

    2018年06月
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 病態生化学II

  • 人体機能学概論II

  • 代謝生化学

  • 分子生物学

全件表示 >>