川﨑 伊織 (カワサキ イオリ)

KAWASAKI Iori

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

神経変性疾患、高次脳機能障害

メールアドレス

メールアドレス

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   保健科学部   作業療法学科   講師

  • 兼務   附属病院   リハビリテーションセンター   講師

  • 兼務   医学部(臨床医学系)   リハビリテーション医学講座   講師

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  医学系研究科  障害科学専攻  博士課程  修了  日本国 

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(障害科学) 

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2022年03月

    東北大学大学院医学系研究科高次機能障害学分野 非常勤講師

  • 2022年04月
    -
    継続中

    福島県立医科大学 保健科学部 作業療法学科

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 福島県作業療法士会  日本国

  • 作業療法神経科学研究会  日本国

  • 日本高次脳機能障害学会  日本国

  • 日本作業療法士協会  日本国

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The role of the ventromedial prefrontal cortex in preferential decisions for own- and other-age faces

    Ayahito Ito, Kazuki Yoshida, Ryuta Aoki, Toshikatsu Fujii, Iori Kawasaki, Akiko Hayashi, Aya Ueno, Shinya Sakai, Shunji Mugikura, Shoki Takahashi, Etsuro Mori

    Frontiers in Psychology    2022年

    共著 

  • Facial memory ability and self-awareness in patients with temporal lobe epilepsy after anterior temporal lobectomy

    Hiroaki Hosokawa, Shigenori Kanno, Yoshiyuki Nishio, Iori Kawasaki, Kazumi Hirayama, Atsuko Sunaga, Naotake Shoji, Masaki Iwasaki, Nobukazu Nakasato, Teiji Tominaga, Kyoko Suzuki

    PLoS One    2021年04月

    共著 

  • Intrinsic motivation in patients with Parkinson’s disease: A neuropsychological investigation of curiosity using dopamine transporter imaging

    Yayoi Shigemune, Iori Kawasaki, Akira Midorikawa, Toru Baba, Atsushi Takeda, Nobuhito Abe

    Neurological Sciences    2021年01月

    共著 

  • Effect of aging on choice-induced cognitive conflict.

    Ayahito Ito, Yosuke Kawachi, Iori Kawasaki, Toshikatsu Fujii

    Behavioural Brain Research    2019年05月

    共著 

  • Do Patients With Parkinson’s Disease Exhibit Reduced Cheating Behavior? A Neuropsychological Study

    Nobuhito Abe, Iori Kawasaki, Hiroaki Hosokawa, Toru Baba, Atsushi Takeda

    Frontiers in Neurology    2018年05月

    共著 

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第5回北海道東北筋強直性ジストロフィー臨床研究会 優秀演題賞

    2019年07月   日本国

  • 第10回パーキンソン病・運動障害疾患学会(MDSJ)臨床部門 最優秀演題賞

    2016年10月   日本国

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 内発的動機づけが主観的価値に基づく目的指向行動に及ぼす影響

    補助・助成

    研究期間: 2021年04月 ~ 2025年03月 

    代表者:  川﨑伊織 

  • 神経筋疾患患者の作業遂行能力と自己認識に関する研究

    補助・助成

    研究期間: 2020年06月 ~ 2022年06月 

    代表者:  川﨑伊織 

  • ヒトの社会的認知機能における脳内機序の解明: 生理学的及び神経学的変容の観点から

    補助・助成

    研究期間: 2018年04月 ~ 2021年03月 

    代表者:  川﨑伊織 

  • 多角的脳イメージングによる他者からの社会的評価に関わる神経機構の解明

    学内共同研究

    研究期間: 2016年04月 ~ 2018年03月 

    代表者:  川﨑伊織 

  • 認知症性疾患の臨床症候の神経基盤についての研究

    補助・助成

    研究期間: 2015年04月 ~ 2016年03月 

    代表者:  川﨑伊織