阿部 浩明 (アベ ヒロアキ)

ABE Hiroaki

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

リハビリテーション、理学療法、脳卒中、歩行再建、装具療法、脳画像解析、遷延性意識障害、姿勢定位障害

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-581-5545

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   保健科学部   理学療法学科   准教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  医学系研究科  医科学専攻  博士課程  修了  日本国 

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 歩行分析はどのように役立つか3:理学療法士の観点から―脳卒中―

    阿部浩明

    リハビリテーション医学  58 (2)   2021年02月

    単著 

  • 【リハビリテーション医学における歩行分析とその臨床応用】歩行分析はどのように役立つか 理学療法士の観点から 脳卒中

    阿部 浩明

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  58 (2) 166 - 171   2021年02月

    単著  ISBN: 1881-3526

  • 脳卒中急性期から適切な長下肢装具作製を進めるための装具カンファレンスの導入後の変化

    関 崇志, 阿部 浩明, 大鹿糠 徹

    総合リハビリテーション  48 (12) 1191 - 1199   2020年12月

    共著  ISBN: 0386-9822

  • Gait training to improve a bending knee at initial contact and loading response in ataxic hemiparesis

    上松野真, 阿部浩明, 関崇志, 大鹿糠徹

    Journal of Rehabilitation Neurosciences  20 (1) 31 - 37   2020年08月

    共著 

  • 脳卒中重度片麻痺者の歩行再建をめざした 急性期の理学療法

    阿部浩明

    理学療法学  47 (3) 280 - 288   2020年08月

    単著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 症例検討で身につける脳卒中の理学療法 : エキスパートPTによる20症例の臨床推論と効果的なリハプログラム

    諸橋勇, 玉木彰(編集, 阿部浩明, 神将文 (担当範囲:Pusher現象を改善させるための留意点と介入方法とは?;歩行のための装具療法の適応は、どう判断され実施されるのか?)

    羊土社  2019年08月  ISBN: 9784758102421

  • 脳卒中 : 基礎知識から最新リハビリテーションまで

    正門由久, 高木誠(編集, 阿部浩明 (担当範囲:筋力増強・持久性向上;運動指導)

    医歯薬出版  2019年06月  ISBN: 9784263265994

  • 脳卒中理学療法の理論と技術 第3版

    原寛美, 吉尾雅春, 阿部浩明 (担当範囲:姿勢定位障害と空間認知の障害と理学療法)

    メジカルビュー社  2019年04月  ISBN: 9784758319362

  • 歩行再建を目指す下肢装具を用いた理学療法

    阿部, 浩明 (担当範囲:編集;急性期の理学療法においてどのように装具療法を進めるか;短下肢装具にて自立方向していた脳卒中既往のある症例に対する長下肢装具を用いた歩行トレーニング)

    文光堂  2019年03月  ISBN: 9784830645730

  • 標準理学療法学 理学療法評価学 第3版

    内山 靖, 岩井 信彦(編集) (担当範囲:画像検査(脳画像))

    医学書院  2019年03月  ISBN: 9784260036399

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第16回日本神経理学療法学会学術大会 奨励賞

    2018年11月  

  • 第20回宮城県理学療法学術大会 新人賞

    2017年02月  

  • 第50回日本理学療法学術大会 参加型ディスカッション 優秀賞

    2015年06月  

  • 第19回宮城県理学療法学術大会 奨励賞

    2015年02月  

  • 第48回日本理学療法学術大会最優秀賞

    2014年05月  

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 交通事故による重症頭部外傷後の遷延性意識障害から改善する症例の脳内構造的結合性(CONNECTIVITY)の特性の解明

    学内共同研究

    研究期間: 2018年04月 ~ 2019年03月 

    代表者:  阿部 浩明  連携研究者:  阿部 浩明

  • 重症頭部解消後の遷延性意識障害からの改善を予測する因子の特定

    学内共同研究

    研究期間: 2016年09月 ~ 2017年09月 

    代表者:  阿部 浩明  連携研究者:  阿部 浩明

  • 頭部外傷重度遷延性意識障害から改善に至った症例にみられる脳白質線維の損傷特性および改善に伴う白質変化の特定

    学内共同研究

    研究期間: 2013年09月 ~ 2015年09月 

    代表者:  阿部 浩明  連携研究者:  阿部浩明

  • The Effect of ankle foot orthosis

    学内共同研究

    研究期間: 2002年 ~ 2005年 

    代表者:  Hiroaki Abe 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 脳卒中後のpusher現象の基礎と臨床

    リハオンデマンド主催セミナー 

    2021年02月
     
     

  • 歩行リハビリテーションの理論的背景と下肢装具を用いた急性期から取り組み

    パシッフィックサプライnlineセミナー 

    2021年02月
     
     

  • 脳画像を用いた病態解釈

    理学療法士講習会 

    2021年02月
     
     

  • 注意障害・半側空間無視の画像評価

    第23回日本神経理学療法学会サテライトカンファレンス 

    2021年01月
     
     

  • 脳卒中重度片麻痺者の歩行再建を目指した早期歩行トレーニング〜これまでの歩行トレーニングを振り返り、さらなる治療効果の向上を目指して〜

    リハオンデマンド主催webセミナー 

    2021年01月
     
     

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 日本理学療法士協会 神経理学療法学会 運営幹事

    2011年06月
    -
    2021年05月