楠本 泰士 (クスモト ヤスアキ)

KUSUMOTO Yasuaki

写真a

職名

准教授

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   保健科学部   理学療法学科   准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京都立保健科学大学  保健科学部  卒業  2008年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 首都大学東京  人間健康福祉学部  修士課程  修了  2012年03月

  • 首都大学東京  人間科学研究科  博士課程  修了  2016年09月

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2021年03月

    東京工科大学

  • 2021年04月
    -
    継続中

    福島県立医科大学 保健科学部理学療法学科 准教授

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 東京都理学療法士協会  日本国

  • 日本理学療法士協会  日本国

  • 日本保健科学学会  日本国

  • 日本在宅ケア学会  日本国

  • 2021年04月
    -
    継続中
     

    日本小児理学療法学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経科学一般

  • 神経科学一般

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 高校バスケットボール競技者におけるトレーニング前後の大腿直筋の筋収縮特性の変化と特徴

    楠本泰士, 高木健志, 松田雅弘, 新田收

    日本保健科学学会誌  24 (1)   2121年06月

    共著 

  • Spinal movement variability associated with low back pain: A scoping review(腰痛に関連する脊椎運動の変動性:スコーピングレビュー)

    Hiroki Saito, Yoshiteru Watanabe, Toshiki Kutsuna, Toshihiro Futohashi, Yasuaki Kusumoto, Hiroki Chiba, Masayoshi Kubo, Hiroshi Takasaki

    PLOS ONE  16 (5)   2021年05月

    共著 

    DOI

  • Factors influencing the participation of children with disabilities in the community.(障がいのある子どもの地域参加に影響を与える要因)

    Kenji Takaki, Osamu Nitta, Yasuaki Kusumoto

    Journal of physical therapy science  33 (3) 229 - 235   2021年03月

    共著 

    DOI PubMed

  • 理学療法学生の短期病院実習における実習形態の違いが心理状態に及ぼす影響

    楠本泰士, 吉田真一, 渡部祥輝, 土屋順子, 忽那俊樹, 太箸俊宏

    リハビリテーション教育研究  27   44 - 49   2021年03月

    共著 

  • 知的障害特別支援学校高等部生徒における上肢協調運動の特徴と動的バランスとの関連

    楠本 泰士, 新田 收, 高木 健志, 松田 雅弘

    日本保健科学学会誌  23 (3) 117 - 121   2020年12月

    共著  ISBN: 1880-0211

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 最新理学療法学講座 地域理学療法学

    牧迫飛雄馬, 吉松竜貴 (担当範囲:「小児領域の地域理学療法」) (担当ページ:P181-201)

    医歯薬出版株式会社  2021年03月 

  • 小児リハ評価ガイド : 統合と解釈を理解するための道しるべ

    楠本, 泰士, 友利, 幸之介

    メジカルビュー社  2019年10月  ISBN: 9784758319485

  • 症例検討で身につける脳卒中の理学療法

    楠本 泰士 (担当範囲:「歩行改善のために,上肢機能にどう介入するか?」) (担当ページ:P184-194)

    羊土社  2019年08月 

  • 疾患別整形外科理学療法ベストガイド 下肢編

    相澤純也 , 中丸宏二 , 平尾利行 (担当範囲:「痙性尖足(脳性麻痺児、筋解離術)」) (担当ページ:P359-381)

    中外医学社  2018年11月 

  • 子どもの発達から考える運動指導法ー体力と運動能力を伸ばすプログラムー

    新田収, 松田雅弘, 楠本泰士 (担当ページ:61-207)

    ナップ  2018年05月 

全件表示 >>

その他の業績・作品等 【 表示 / 非表示

  • 子どもの発達から考えるリハビリテーション評価

    2021年05月
     
     
     

  • 整形外科的手術前後の評価と運動療法

    2019年12月
     
     
     

  • 姿勢から診る筋の評価とストレッチ

    2019年11月
     
     
     

  • 子ども発達から考える運動療法

    2019年10月
     
     
     

  • 子ども達への運動療法 -縦断的な評価とストレッチの実際-

    2019年08月
     
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第6回日本小児理学療法学会学術大会 優秀賞

    2019年11月  

  • 第九回日本保健科学学会 奨励賞

    2017年09月  

  • 第26回日本保健科学学会学術集会 奨励賞

    2016年10月  

  • 理学療法ジャーナル賞 奨励賞

    2016年01月  

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 乳幼児期の発達障害児における目標志向型療育プログラムの開発と効果検証

    学内共同研究

    研究期間: 2020年04月 ~ 2024年03月 

    代表者:  楠本 泰士  連携研究者:  友利 幸之介

  • 発達性協調運動障害を対象とした,運動機能評価尺度および運動プログラム開発

    学内共同研究

    研究期間: 2019年04月 ~ 2022年03月 

    代表者:  新田 收  連携研究者:  松田 雅弘, 楠本 泰士, 小山 貴之

    未診断の発達障害傾向のある幼児の運動能力を知るため,感覚刺激受容の偏りを有する幼児の運動能力を明らかにすることを目的とした.定型発達児75名(月齢52か月から82か月)を対象とした.感覚刺激の受容の偏りについて日本感覚統合インベントリー短縮版を用いて評価した.日本感覚統合インベントリー短縮版(JSI-mini)の結果より感覚刺激受容に偏倚がない群(n=69)と偏倚が疑われる群(n=6)に分けた.運動能力について,体支持持続時間,長坐位体前屈,片脚立位保持時間,立ち幅跳びを測定した.
    この結果,感覚刺激受容に偏りを有したのは男児のみであり,感覚刺激受容の偏りには性差がみられたため,男児の結果について分析を行った.感覚刺激受容の偏りがある児において,体支持持続時間および立幅跳びが有意に短い結果となった.感覚受容の偏倚を有する幼児は,偏りを有さない幼児に比較して運動能力に差がある可能性が示唆された.
    JSI-miniにおいて「若干,感覚刺激の受け取り方に偏りの傾向が推測される状態」もしくは「感覚刺激の受け取り方に偏りの傾向が推測される状態.すなわち,ある刺激に対して過敏や鈍感であるような状態」にあったのは6名であった.文部科学省によると通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある児童生徒は6.5%と報告されており,本研究の対象はより年少な幼児であることから,概ね妥当な結果であったと考えられる.
    感覚刺激受容の偏りは,運動出力の持続を困難にし,体支持持続時間のような姿勢保持を要する課題遂行に影響することが推測される.また,
    感覚フィードバックから適切な運動プログラムを実行することおよびフィードバックから運動を修正することが難しく,跳躍距離が短くなったと推測される.

  • 脳卒中片麻痺に対するスティック型簡易上肢機能訓練機器の開発

    学内共同研究

    研究期間: 2017年04月 ~ 2022年03月 

    代表者:  酒井 弘美  連携研究者:  楠本 泰士

    近年、国内外で片麻痺の上肢機能訓練用ロボットの開発がなされているが、それらはいずれも高価で大装備であるため、一般には普及しづらい。そこで、研究代表者らは比較的安価で作成でき、ポータブルで、かつ簡単な操作で使用可能な上肢訓練機器の開発をめざしている。本研究の目的は、脳卒中片麻痺上肢に対する空間操作が可能なスティック型簡易訓練機器を開発し、効果を検討することである。
    今年度は、開発したスティック型簡易訓練機器について、臨床での効果の検証と同機器を使用した動作解析を行った。また、同様の働きができる手用の機器の開発を行い、臨床での使用を試みた。
    腕用訓練機器の臨床試験に関しては、3つの協力病院において、片麻痺患者20名を対象に治療前と治療後の変化を評価し、2019年6月のリハビリテーション学会で報告した。また、幼少期から片麻痺となり長期にわたり廃用手であった症例に同機器を使用し、機能およびADL・QOLに改善が得られた症例について2019年6月の日本リハビリテーション学会および9月の作業療法学会で発表した。現在論文作成中である。
    動作解析については、同様機器を試用した際の健常者と片麻痺者の動作の違いを2019年7月にカルガリーで開かれた第27回国際バイオメカニクス学会で発表した。さらに、同機器を使用した健常学生に対する分析結果について、2019年12月の日本福祉工学学会で報告した。
    手関節用訓練機器に関しては、スティックを短くし、同様の機構を持つものを試作し、近隣病院で試行中である。

  • 発達障害児における運動発達の特徴に焦点を当てた機能把握と発達促進プログロムの開発

    補助・助成

    研究期間: 2016年04月 ~ 2019年03月 

    代表者:  新田收  連携研究者:  松田 雅弘, 楠本 泰士, 小山 貴之

  • 痙直型脳性麻痺患者における運動療法が末梢神経機能と歩行機能に与える影響

    補助・助成

    研究期間: 2016年04月 ~ 2019年03月 

    代表者:  楠本 泰士 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 知的障害特別支援学校高等部生徒における上肢協調運動の特徴と動的バランスとの関連

    第58回日本リハビリテーション医学会学術集会(京都) 

    2021年06月
     
     

  • 運動習慣のある歩行可能な痙性麻痺児者の呼吸機能と身体機能の特徴ーPilot studyー

    第58回日本リハビリテーション医学会学術集会(京都) 

    2021年06月
     
     

  • 手指操作能力分類別の痙直型脳性麻痺児者のセルフケアと上肢機能の特徴

    第18回日本神経理学療法学会学術大会(京都) 

    2020年11月
     
     

  • 痙直型脳性麻痺患者におけるTrunk Impairment Scaleの測定には利き足、非利き足の配慮は必要か?

    第18回日本神経理学療法学会学術大会(京都) 

    2020年11月
     
     

  • 屋外移動の自立している成人脳性麻痺患者における理学療法目標の特徴

    第7回日本予防理学療法学会学術大会(高崎) 

    2020年09月
     
     

全件表示 >>

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 人間発達学での発達遅滞児の動画を用いた反転授業 (東京工科大学)

    2016年04月
    -
    2021年03月

  • プレゼンテーション評価におけるルーブリック評価法の 確立

    2016年04月
    -
    2021年03月

  • 運動療法、運動療法実習におけるアクティブラーニングと 反転授業(東京工科大学)

    2016年04月
    -
    2020年03月

  • 人間発達学での定型児の静止画を用いた反転授業 (東京工科大学)

    2015年04月
    -
    2021年03月

  • 実習レポート評価におけるルーブリック評価法の確立

    2015年04月
    -
    2021年03月

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本小児理学療法学会

    理事

    2021年04月
    -
    継続中