佐藤 志帆 (サトウ シホ)

SATO Shiho

写真a

職名

博士研究員

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(生命科学・社会医学系)   疫学講座   博士研究員

  • 兼務   ふくしま国際医療科学センター   放射線医学県民健康管理センター   特別研究員

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学大学院  医歯薬学総合研究科(薬学系)  博士課程  修了  2019年03月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学 -  博士(薬学) 

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2008年03月

    東北歯科専門学校 歯科衛生士科 非常勤講師

  • 2002年05月
    -
    2008年03月

    奥羽大学 口腔病態解析制御学講座 歯科薬理学分野 助手

  • 2021年03月
    -
    継続中

    福島県立医科大学 医学部 疫学講座 助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医療薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Meta-analysis of the efficacies of amiodarone and nifekalant in shock-resistant ventricular fibrillation and pulseless ventricular tachycardia.

    Shiho Sato, Yoshito Zamami, Toru Imai, Satoshi Tanaka, Toshihiro Koyama, Takahiro Niimura, Masayuki Chuma, Tadashi Koga, Kenshi Takechi, Yasuko Kurata, Yutaka Kondo, Yuki Izawa-Ishizawa, Toshiaki Sendo, Hironori Nakura, Keisuke Ishizawa

    Scientific reports  7 (1) 12683 - 12683   2017年10月

    共著 

    DOI PubMed

  • 止血剤処置が象牙質とボンディング材接着に及ぼす影響

    菅島 正栄, 岡田 英俊, 松渕 志帆, 佐々木 重夫, 中島 大誠, 川島 功, 浜田 節男

    日本歯科保存学雑誌  51 (1) 9 - 15   2008年02月

    共著  ISBN: 0387-2343

  • VoxBlastによるX線マイクロCT断層像の三次元再構築と解析 卵巣摘出マウスの腰椎に対するラロキシフェンの効果について

    齋藤 勇, 松渕 志帆, 浜田 節男

    奥羽大学歯学誌  34 (4) 169 - 182   2007年12月

    共著  ISBN: 0916-2313

  • 止血剤処理がワンステップ型ボンディングシステムの象牙質接着に及ぼす影響

    菅島 正栄, 岡田 英俊, 田谷 かほる, 松渕 志帆, 佐々木 重夫, 浜田 節男

    奥羽大学歯学誌  34 (3) 97 - 101   2007年09月

    共著  ISBN: 0916-2313

  • トランスポーターと薬物相互作用

    松渕 志帆

    奥羽大学歯学誌  34 (2) 72 - 72   2007年06月

    単著  ISBN: 0916-2313

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 急性期地方自治体病院における入院患者持参薬の現状と課題

    第29回日本医療薬学会年会 

    2019年
     
     

  • 地域基幹病院における疑義照会業務効率化の取り組み

    日本医療マネジメント学会宮城県支部第12回学術集会 

    2019年
     
     

  • RRS(rapid response system)の導入は看護師の意識・業務量にどう影響したか?(顧客満足度ポートフォリオ分析)

    RRS(rapid response system)の導入は看護師の意識・業務量にどう影響したか?(顧客満足度ポートフォリオ分析) 

    2019年
     
     

  • 抗MRSA薬の適正使用に向けたシームレスなTDM業務を目指して

    第57回全国自治体病院学会 

    2018年
     
     

  • 地域基幹病院における保険調剤薬局とのFAX利用による疑義照会業務に関する検証

    第28回日本医療薬学会年会 

    2018年
     
     

全件表示 >>