永井 友朗 (ナガイ トモアキ)

NAGAI Tomoaki

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

細胞生物学、細胞骨格、中心体、細胞極性、がん

ホームページ

https://www.fmu.ac.jp/home/biochem1/index.html

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   医学部(生命科学・社会医学系)   生化学講座   助教

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  理学部  生物学科  卒業  日本国  2008年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  生命科学研究科  分子生命科学専攻  博士課程  修了  日本国  2013年07月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士 (生命科学)  2013年07月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Tactics of cancer invasion: Solitary and collective invasion

    Nagai T., Ishikawa T., Minami Y., Nishita M.

    Journal of Biochemistry  167 (4) 347 - 355   2021年01月

    共著  ISBN: 0021924X

    DOI

  • Roles of TOG and jelly-roll domains of centrosomal protein CEP104 in its functions in cilium elongation and Hedgehog signaling.

    Yamazoe T, Nagai T, Umeda S, Sugaya Y, Mizuno K

    The Journal of biological chemistry  295 (43) 14723 - 14736   2020年10月

    共著  ISBN: 0021-9258

    DOI PubMed

  • Tactics of cancer invasion: solitary and collective invasion(和訳中)

    Nagai Tomoaki, Ishikawa Tomohiro, Minami Yasuhiro, Nishita Michiru

    The Journal of Biochemistry  167 (4) 347 - 355   2020年04月

    共著  ISBN: 0021-924X

  • Furry protein suppresses nuclear localization of yes-associated protein (YAP) by activating NDR kinase and binding to YAP.

    Irie K, Nagai T, Mizuno K

    The Journal of biological chemistry    2020年01月

    共著  ISBN: 0021-9258

    DOI PubMed

  • Tactics of cancer invasion: solitary and collective invasion.

    Nagai T, Ishikawa T, Minami Y, Nishita M

    Journal of biochemistry    2020年01月

    共著  ISBN: 0021-924X

    DOI PubMed

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • マイクロパターニング技術を用いた上皮細胞の極性形成機構の解析

    日仏生物学会第193会例会 

    2020年12月
     
     

  • マイクロパターニング技術を用いた上皮細胞の極性形成機構の解析

    日仏生物学会第193会例会 

    2020年12月
     
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医学研究方法論

  • 生物学実習

  • 生化学実習

  • 代謝生化学

  • チュートリアル