小川 一英 (オガワ カズエイ)

OGAWA Kazuei

写真a

職名

教授

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 本務   保健科学部   臨床検査学科   教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学 -  医学博士  1995年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 造血器腫瘍の網羅的遺伝子解析

  • 血液内科学

  • 再生医療

  • 白血病細胞学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本血液学会専門医

  • 日本血液学会指導医

  • 日本造血細胞移植学会移植認定医

  • 日本エイズ学会認医

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 再生医療

     

  • 白血病細胞学

     

論文 【 表示 / 非表示

  • Amyloid precursor protein 770 is specifically expressed and released from platelets

    Saori Miura, Akiomi Yoshihisa, Tomofumi Misaka, Takayoshi Yamaki, Takao Kojima, Masahiro Toyokawa, Kazuei Ogawa, Hiroki Shimura, Naomasa Yamamoto, Kohji Kasahara, Yasuchika Takeishi, Shinobu Kitazume

    Journal of Biological Chemistry  295 (38) 13194 - 13201   2020年

    単著 

  • Optimal timing of apheresis for the efficient mobilization of peripheral blood progenitor cells recruited by high-dose granulocyte colony-stimulating factor in healthy donors.

    Satoshi Kimura, Hiroshi Ohkawara, Keiji MInakawa, Masahiko Fukatsu, Hirotaka Mori, Hiroshi Takahashi, Kayo Harada-Shirado, Yoshihiko Ohara, Nobuhisa Takahashi, Kazuhiko Mochizuki, Hideki Sano, Kenenth E Nollet, Kazuei Ogawa, Hitoshi Ohto, Atsushi Kikuta, Kazuhiko Ikeda, Takayuki Ikezoe

    Transfusion and Apheresis Science  59 (3) 102737   2020年

    共著 

  • A critical role of the Gas6-Mer axis in endothelial dysfunction contributing to TA-TMA associated with GVHD.

    Miki Furukawa , Wang Xintao, Hiroshi Ohkawara , Masahiko Fukatsu, Lobna Alkebsi, Hiroshi Takahashi, Kayo Harada-Shirado, Akiko Shichishima-Nakamura, Satoshi Kimura, Kazuei Ogawa, Takayuki Ikezoe

    Blood Advances  3 (14) 2128 - 2143   2019年

    共著 

  • Outcomes after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation in patients with acute myeloid leukemia harboring t(7;11)(p15;p15).

    Kaito Harada, Noriko Doki, Jun Aoki, Jinichi Mori, Shinichiro Machida, Masayoshi Masuko, Naoyuki Uchida, Yuho Najima, Takahiro Fukuda, Heiwa kanamori, Hiroyasu Ogawa, Shunichi Ota, Kazuei Ogawa, Satoshi Takahashi, Masanobu Kasai, Akiko Maeda, Koji Nagafuji, Toshiro Kawakita, Tatsuo Ichinohe, yoshiko Atsuta

    Haematologica  103 (2) 69 - 72   2018年02月

    共著 

    DOI

  • Efficacy of D- red blood cell transfusion and rituximab therapy in autoimmune hemolytic anemia with anti-D and panreactive autoantibodies arising after hematopoietic stem cell transplant

    Keiji Minakawa, Hitoshi Ohto, Hiroyasu Yasuda, Shunichi Saito, Kinuyo Kawabata, Kazuei Ogawa, Kenneth Nollet, Kazuhiko Ikeda

    Transfusion  58 ((7)) 1606 - 1610   2018年

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 福島県立医科大学附属病院・会津医療センター附属病院 最新医療がわかる本

    福島県立医科大学附属病院・会津医療センター附属病院 (担当範囲:造血幹細胞移植) (担当ページ:30-31)

    バリューメディカル  2015年09月  ISBN: 978-4-86489-038-0

    小川一英*  東京

  • 造血幹細胞移植の細胞取り扱いに関するテキスト(初版)

    室井一男,田野崎隆二 (担当範囲:第1章 骨髄採取) (担当ページ:6-12)

    日本輸血・細胞移植学会  2015年03月 

    池田和彦*, 小川一英*  東京

  • 多発性骨髄腫Updating 第6巻 ALアミロイドーシス, 多発性骨髄腫の類縁疾患

    清水一之、安部正博、島崎千尋、鈴木憲史、張 孝明 (担当範囲:Ⅰ.ALアミロイドーシス 1.症候とその病態 心アミロイドーシス) (担当ページ:35-40)

    医薬ジャーナル社  2014年08月  ISBN: 978-4-7532-2684-9

    小川一英*  東京

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 同種移植関連微小血管障害症の病態解明:Gas6-TAMシグナルの意義

    補助・助成

    研究期間: 2018年04月 ~ 2021年03月 

  • 骨髄増殖性腫瘍の病態におけるCalreticulin変異とHMGA2発現の役割

    補助・助成

    研究期間: 2015年04月 ~ 2018年03月 

    代表者:  小川一英 

  • 急性骨髄性白血病における新たな腫瘍マーカーの検索

    補助・助成

    研究期間: 2011年 ~ 2012年03月 

    代表者:  小川一英 

  • 心アミロイドーシスに対するICD併用自己末梢血管細胞移植の有用性の検討

    補助・助成

    研究期間: 2010年 ~ 2012年 

    代表者:  小川一英 

  • 心アミロイドーシスに対する新治療戦略:ICD併用自己末梢血幹細胞移植の試み

    補助・助成

    研究期間: 2009年04月 ~ 2010年03月 

    代表者:  小川一英 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • HIV感染に合併した赤芽球癆の1例

    第82回 日本血液学会学術集会  

    2020年10月
    -
    2020年11月

  • HIV感染症の現状と暴露対策

    平成28年度 福島県医師会感染症危機管理研修会 

    2016年12月
     
     

  • HMGA2 orchestrates the tumorgenesis of myeloproliferative neoplasms (MPN) in corporation with JAK2V617F

    58th American Society of Hematology (ASH) Annual Meeting and Exposition 

    2016年12月
     
     

  • 同種造血幹細胞移植におけるボリコナゾールおよびキャンディン系抗真菌薬予防投与の有効性に関する後方視的解析

    第8回 県北感染症診断・治療研究会 

    2016年11月
     
     

  • 末梢神経障害で発症した原発性マクログロブリン血症の一例

    第32回 悪性リンパ腫(M.L.)研究会 

    2016年11月
     
     

全件表示 >>