後藤 あや (ゴトウ アヤ)

GOTO Aya

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

母子保健、国際保健、疫学、家族計画、育児支援、ベトナム、人材育成、ヘルスリテラシー

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

024-547-1835

ホームページ

https://aya-goto.squarespace.com

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 兼務   ふくしま国際医療科学センター   放射線医学県民健康管理センター   副室長

  • 本務   福島県立医科大学   総合科学教育研究センター   教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学部  医学科  卒業  日本国  1995年

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • ハーバード公衆衛生大学院  公衆衛生学  修士課程  修了  アメリカ合衆国  1998年

  • 山形大学  医学研究科  博士課程  修了  日本国  2000年

取得学位 【 表示 / 非表示

  • ハーバード公衆衛生大学院 -  公衆衛生学修士 

  • 山形大学 -  医学博士 

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年10月
    -
    2001年11月

    Population Council, Fellow

  • 2002年01月
    -
    2002年08月

    公衆衛生学講座 助手

  • 2002年09月
    -
    2005年03月

    学内講師

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

    講師

  • 2009年04月
    -
    2016年03月

    准教授

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本公衆衛生学会  日本国

  • 日本国際保健医療学会  日本国

  • その他  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ヘルスリテラシー

  • 国際保健

  • 母子保健

  • 公衆衛生学

  • 疫学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 社会医学系指導医   2017年

教育・研究活動状況 【 表示 / 非表示

  • 主な専門分野は、母子保健(家族計画、育児支援)、ヘルスリテラシー、人材育成、国際保健、疫学。ベトナムでは疫学研修を医師会の医師生涯教育認定研修に組み入れて継続しており、福島県では家族計画や育児支援に関する疫学研究を地域の保健師と協働して行い、最近ではランカスター大学と共同で学童期の子どもを対象に参加型社会学研究を展開している。

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 妊娠、出産、育児に関する疫学

    計画外妊娠や育児困難ついて疫学研究を国内外で実施。

    家族計画、育児

  • アジア2カ国における育児支援プログラムの実施と評価

    育児困難ハイリスクケースを対象とした育児支援プログラムを、日本とベトナムで実施、評価を行う。

    育児困難、育児支援

  • ベトナムにおける疫学研修の実施と評価

    ホーチミン市医科薬科大学との共同で、医師対象の疫学研修を実施。

    疫学、国際保健、ベトナム、人材育成

  • 福島におけるヘルスリテラシー研修の実施と評価

    ヘルスリテラシー、人材育成

論文 【 表示 / 非表示

  • Barriers to prevention and treatment of type 2 diabetes mellitus among outpatients in Belarus

    Sachkouskaya A, Sharshakova T, Kovalevsky D, Rusalenko M, Savasteeva I, Goto A, Yokokawa H, Kumagai A, Takahashi J

    Frontiers in Clinical Diabetes and Healthcare  2   797857   2022年

    共著 

  • Postpartum mental health of mothers in Fukushima: insights from the Fukushima Health Management Survey (FHMS) 8-year trends

    Ishii K, Goto A, Yoshida-Komiya H, Ohira T, Fujimori T

    Journal of Epidemiology.     2022年

    共著 

  • Empowering children as agents of change to foster resilience in Community: Implementing “Creative Health” in primary schools after the Fukushima nuclear disaster

    Goto A, Lloyd Williams A, Okabe S, Koyama Y, Koriyama C, Murakami M, Yui Y, Nollet KE

    International Journal of Environmental Research and Public Health  19   3417   2022年

    共著 

  • On-site training program for public health nurses in Fukushima Prefecture, Japan: Effects on risk communication competencies

    Honda K, Fujitani Y, Nakajima S, Goto A, Kumagai A, Komiya H, Kobayashi T, Takebayashi Y, Murakami M

    International Journal of Disaster Risk Reduction  67   102694   2022年

    共著 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Health, Wellbeing and Community Recovery in Fukushima

    Abeysinghe S, Leppold C, Ozaki A, Lloyd Williams A (担当範囲:Theatres of Resilience: Children as Actors in Community Development in Fukushima)

    Routledge  2022年06月 

    Lloyd Williams A, Goto A 

  • Health Effects of Fukushima Disaster

    Kamiya K, Ohto H, Maeda M (担当範囲:A mother’s work is to worry: accepting maternal concerns during a health crisis)

    Elsevier  2022年06月 

    Goto A, Suzuki K, Koriyama C 

  • Children and Young People’s Participation in Disaster Risk Reduction. Agency and Resilience.

    Mort M, Rodríguez-Giralt I, Delicadoed A (担当範囲:Participatory tools for disaster risk reduction among children and young people) (担当ページ:117-150)

    Bristol University Press  2020年 

    Rowland J, Arenas M, Cordani F, Grisi A, Nikolaraizi M, Papazafiri M, Lloyd Williams A, Goto A, Bingley A. 

  • Mobile apps for monitoring radiation doses, health and welfare in the context of a nuclear or radiological accident

    Liutsko L, Fattibene P, Della Monaca S, Goto A, Laurier D, Ohba T, Oughton D, Sarukhan A, Tanigawa K, Tomkiv Y, Cardis E

    Shamisen-sings  2020年 

  • 暮らしの手引きプラス

    環境省委託暮らしの手引き作成ワーキンググループ

    環境省委託事業  2019年 

全件表示 >>

その他の業績・作品等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 社会経済発展への貢献

    2019年08月   ベトナム社会主義共和国

  • ベストレビューワー賞

    2012年10月   日本国

  • Distinguished Reviewer 2011

    2012年01月   日本国

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 災害多発アジア3カ国における学童のヘルスリテラシー向上:クリエイティブヘルス介入

    国際共同研究

    研究期間: 2019年10月 ~ 2023年03月 

  • 帰還住民を持続的に支援可能なアプリケーションの開発

    国内共同研究

    研究期間: 2019年06月 ~ 2022年03月 

  • ヘルスリテラシースキルの次世代への伝達メカニズムの可視化

    国内共同研究

    研究期間: 2019年04月 ~ 2022年03月 

  • 原発事故後のリスクコミュニケーション:保健従事者用ヘルスリテラシー向上ツール開発

    国内共同研究

    研究期間: 2016年04月 ~ 2019年03月 

    代表者:  後藤あや 

  • 科学的根拠に基づく保健医療サービス向上のための人材育成 PhaseIII

    国際共同研究

    研究期間: 2016年 ~ 2018年 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Writing about public health

    Ho Chi Minh City Medical Association Academic Writing Course II 

    2021年12月
     
     

  • 成育基本法の推進ツールとしてのロジックモデル

    第80回日本公衆衛生学会 

    2021年12月
     
     

  • Applying health literacy in the field after the Fukushima nuclear accident

    IAEA Technical Meeting “Radiation in medicine communications and methodologies – International perspectives and the role of Science, Technology and Society in low-dose radiation settings” 

    2021年11月
     
     

  • Psychological consequences among mothers after the Fukushima Daiichi accident in 2011 and efforts on health literacy promotion

    ENSI Civil Protection Conference in Switzerland 

    2021年11月
     
     

  • 患者中心の保健医療サービスの向上: ベトナムでの活動の20年間を振り返る

    JICA草の根技術協力事業完了報告会 

    2021年06月
     
     

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 人材育成プログラムの開発と評価

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する  共同研究

    プログラムの開発・実施・評価
    http://www.fmu.ac.jp/univ/sangaku/data/seeds/goto_aya2602.pdf

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 疫学(看護学部上記年度から継続)

  • 統計学(看護学部上記年度から継続)

  • 保健情報演習(看護学部上記年度から継続)

  • 公衆衛生学(母子保健、国際保健)(医学部上記年度以前から継続))

  • 社会的コミュニケーション論(ヘルスリテラシー)(医学部)

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • FMU Cafe, International Communication Team

    2014年
    -
    2018年03月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本公衆衛生学会

    日本公衆衛生雑誌編集委員

    2021年
    -
    継続中

  • 日本国際保健医療学会

    代議員、2019-2020 理事

    2019年
    -
    継続中

  • 日本公衆衛生学会

    モニタリング・レポートシステム委員・メンバー、2019 副委員長

    2018年
    -
    継続中

  • その他

    福島市受動喫煙防止対策推進委員会(委員長)

    2019年03月
    -
    継続中

  • その他

    放射線健康管理・健康不安対策事業新たな支援ツール作成ワーキンググループ(主催)

    2019年
    -
    2021年

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 福島県赤十字血液センターの事業評価アドバイザー

    2018年
    -
    2020年

  • 保健師等対象出前講座

    2011年
    -
    2021年

  • 地域での子育て支援についての講演

    2008年
    -
    継続中

  • 母子保健事業の評価アドバイザー

    2002年
    -
    継続中